2018/01/22

「限度額適用認定証」の提示で管理入院費と双子出産(帝王切開)費用を支払っても出産育児一時金から16万円のお釣りが!!

syussan_akachan

先日、「妊娠中の管理入院費や帝王切開時の出産費用に使える「限度額適用認定証」」という記事を書きましたが、実は、このブログの管理人「uzura」も、限度額適用認定証を提示して、双子妊娠中の管理入院費や双子の出産費用を支払いました。

そこで、今回は、私の双子妊娠中の約1か月の管理入院費や出産費用の支払いの記録を見ながら、限度額適用認定証の提示で、妊娠中の入院費や帝王切開術での出産費用にどのような軽減効果があるかを実感していただきたいと思います。

1.病院から言われた双子出産費用

mark_yen_okaikei

双子妊娠発覚後、双子の分娩を受け入れてくれそうな病院に3件ほど電話をしました。

その中で一番分娩費用が安かったのが、私が双子を出産した病院です。

病院側から言われた双子の分娩費用(出産費用)は、75万円~80万円でした。

私が双子を出産した病院は、一定の条件を満たせば、双子を自然分娩で出産することができたのですが、やはり帝王切開術で出産するケースが多いため、入院までに念のため「限度額適用認定証」を準備するように言われました。

2.私が実際に支払った双子出産費用

maruhi_mark

①双子出産費用と1か月の管理入院費を足しても約67万7000円

しかし、実際には、双子出産後の退院時に支払った金額は、約67万7000円でした。

%e7%84%a1%e9%a1%8c%e3%81%ae%e5%9b%b3%e5%bd%a2%e6%8f%8f%e7%94%bb-12

通常、「出産費用」というと、「分娩費用」と「産後の入院費」を指します。

私の双子退院時に支払ったお金の内訳の中では、「2.双子の分娩費用」「3.産後の9月の入院費」「4.産後の10月の入院費」が「通常の出産費用」になります。

私の退院時の支払い=双子の出産費用+約1か月の管理入院費

ということになります。

双子の出産費用に、1か月の管理入院費まで上乗せして支払っているのに、病院から聞いていた双子の出産費用より約10万円ほど安く済んでいます。

どうしてでしょう?

これは、限度額適用認定書を提示して、支払ったからです。

②「限度額適用認定証」を提示しても負担軽減されない項目は?

%e7%84%a1%e9%a1%8c%e3%81%ae%e5%9b%b3%e5%bd%a2%e6%8f%8f%e7%94%bb-13

双子出産後の退院時の支払いを、さらに細かい項目にわけてみました。

この中で、青字になっている項目は「限度額適用認定証」を提示しても提示しなくても支払い額が変わらない項目です。

%e7%84%a1%e9%a1%8c%e3%81%ae%e5%9b%b3%e5%bd%a2%e6%8f%8f%e7%94%bb-14

基本的に限度額適用認定証を提示しても提示しなくても支払いが変わらない項目は、健康保険が使えない「保険診療外」の項目です。

上の「認定証を提示しても支払額が変わらなかった項目」の中で、「食事代」や「分娩介助費用」は、保険診療外の項目です。

ただ1つ「10月の産後の投薬・処置費、入院費」は、保険診療内の項目であるにも関わらず、限度額適用認定証を提示しても支払額が変わらなかったのは、10月の産後の入院がほんの数日だったため、高額療養費の自己負担限度額を超えていなかったからです。

③「限度額適用認定証」で負担軽減措置のない項目の支払い額は?

(ⅰ)10月の産後の入院に支払った費用?

  • 10月の産後の入院中の食事代
  • 10月の産後の投薬・処置費、入院費

この2つの項目を足して支払った費用は、約5万8000でした。

(ⅱ)9月の入院の保険診療外の項目に支払った費用は?

  • 9月の管理入院中の食事代
  • 分娩介助費用
  • 9月の産後の入院中の食事代

この9月の入院の保険診療外の項目に支払った費用は、約53万5000円でした。

ここまでが、限度額適用認定証を提示しても提示しなくても支払額が変わらない項目の支払いで、トータルで約59万3000円支払っています。

④「限度額適用認定証」提示で負担軽減がなされる項目の支払い額は?

  • 9月の管理入院中の治療・検査費、入院費
  • 帝王切開術の手術費
  • 9月の産後の入院中の治療・検査費、入院費

この9月(1か月間)の治療・検査、入院費と帝王切開術費に支払った費用は、全て合わせて、自己負担限度額の8万4000円で済んでいます。

「帝王切開術の手術費用」と「1か月の管理入院費」の支払いが合わせて8万4000円で済むなんて信じられませんよね。

これは一重に「限度額適用認定証」のおかげです。

「限度額適用認定証」を提示することで、高額療養費の自己負担限度額を超えた保険診療内の項目の支払いが自己負担限度額までで済んだからです。

3.自然分娩費用には「限度額適用認定証」は不適用

apron_woman2-4think

私の場合、双子を緊急「帝王切開」で出産しているので、出産費用のうちの手術費、投薬費、入院費等が、健康保険適用対象となり「限度額適用認定証」が利用できました。

しかし、なんとなく腑に落ちないのですが、

 自然分娩による出産費用は、全額、「限度額適用認定証」を利用することはできません(吸引等した場合は、その部分の費用のみ利用できる場合もあります)。

私の場合、上の子は、自然分娩で出産しているので、限度額適用認定証を使うことはありませんでした。

どちらも命がけの出産には変わりないのに、健康保険の対象か否という識別は手術か否かという点で区別されているため、このような差が出てきます・・・。

4.双子の出産育児一時金は84万円。「限度額適用認定証明」利用で16万円の黒字。

pose_naruhodo_woman

出産の際、「健康保険組合」に申請すると、「出産育児一時金」が支給されます。

この出産育児一時金は、双子の場合、84万円支給されます。

「出産育児一時金」についての詳しい内容は、こちらの記事「双子を妊娠した妊婦さんは出産育児一時金が2倍!妊娠出産時に受け取れるお金」をお読みください。

結果、私の双子出産では、

84万円(出産育児一時金)-約67万7000円(双子主産後の退院時の支払い額)=約16万円

出産育児一時金で双子の出産費用と1か月の管理入院費を支払っても約16万円が手元に残りました。

「限度額適用認定証」のおかげで、本当に助かりました!!

5.さらに「管理入院」や「帝王切開術」で保険給付金も受け取りました!!

apron_woman3-1question

①帝王切開術で医療保険の保険金が受け取れるかも

自然分娩で出産すると、ご自身が民間の医療保険に加入していても、給付金の対象になる項目はおそらくありません。

しかし、帝王切開術は手術ですので、ご自身が加入されている医療保険の補償の対象に含まれている場合が多いと思います。

さらに、帝王切開後の産後の入院も、医療保険の補償の対象に含まれているかもしれません。

「帝王切開術」で出産した場合には、ご自身の加入されている民間の保険会社に、保障の対象にならないか確認しましょう。

保障の対象である場合には、しっかり給付金を受け取りましょう!

②私も管理入院と帝王切開術で給付金を受け取りました

私の加入していた医療保険は、切迫早産による管理入院も帝王切開術も補償の対象でした。

退院後に保険会社に連絡して、病院で書いてもらう書類を送ってもらいました。

病院で書類を書いてもらった書類を保険会社に送り返して、しばらくたったころに、指定した銀行口座に給付金が振り込まれていました!

入院1日につき5000円、1手術につき10万円と最低限度の医療保険でしたが、入院期間が長かったため、結構な額が振り込まれていて嬉しかったです。

ただ、双子出産後、

  • これ以上子供は望まない。
  • がん保険の内容を充実させたい。
  • 通院も補償する内容にしたい。

等の要望を保険マンモスさん紹介のFPさんに伝えて、私の要望を満たす医療保険を提案してもらいました。

そして、医療保険を掛け替えたのですが、驚いたのは、以前加入していた医療保険とほとんど掛け金が変わらないのに、保障の内容を分厚くできたことです。

現在、がん保険は低価格競争で、各社、低価格で充実した内容の保険プランを用意しているそうです。

昔から同じ医療保険に入りっぱなしの方は、ぜひ、医療保険の掛け替えを検討してみてください。

私が保険マンモスさんに相談して保険の掛け替えをしたときの記事は、コチラの記事「【双子出産で家計の見直し】保険を見直すために相談した「保険マンモス」さんの評価口コミ」をご覧ください。