2018/01/22

出産育児一時金の直接支払制度と差額の申請方法@双子出産

今回は、私が双子出産時に使用した「≪1≫出産育児一時金の直接支払制度」と、「≪2≫出産費用が出産育児一時金未満だった時に行った手続き」についてご説明します。

 ≪1≫出産育児一時金の直接支払制度

1.出産育児一時金の直接支払制度

「出産育児一時金」は、妊婦さんが扶養に入っていない場合はご自身の健康保険から、扶養に入られている場合はご主人の健康保険から、双子を出産すると84万円(1人の場合は42万円)が支給される制度です。

そして、「出産育児一時金の直接支払制度」とは、産前に妊婦さんと産院とで契約を結び、産院が妊婦さんに代わって協会けんぽに一時金の支払いの申請を行い、産院が直接一時金を受け取れる制度です。

この「産前に妊婦さんと病院で契約を結んだ書面(直接支払制度に係る代理契約に関する文書)」は大切なものです。退院時に病院側から契約の写しを渡されると思います。退院時には、契約の写しの有無を確認し、受け取ったら大切の保管しておきましょう。

 2.「出産育児一時金の直接支払制度」のメリット

この制度のメリットは、手続き面では、産前に病院が交付する書面にサインをするだけなので、非常に簡便に済むことです。一方、経済面では、一時金分のお金(1人であれば42万円、双子であれば84万円)については、自分で用意する必要がありません。出産費用が一時金を上回った場合には、上回った分の金額だけを支払えば良いので大金を自分で用意する必要がなくなります。

 3.私の出産育児一時金と双子出産費用

(+)健康保険から病院に支払われる出産育児一時金→84万円。

(-)産院での双子出産費用→約67万7000円。

≪結果≫双子出産費用の全額が出産育児一時金でカバーされたため、退院時自己負担で支払う費用は0円

出産育児一時金から約16万円のおつりがありました。

 

≪2≫出産費用が出産育児一時金未満だった時に行った手続き

  上述の通り、私は、双子の出産費用が出産育児一時金未満で、約16万円の差額が生じました。この差額は、以下の書類を提出することにより、希望する銀行口座に振り込まれます。

1.差額を請求するために必要な書類

①健康康保険出産育児一時金内払金支払依頼書・差額申請書

②産院から交付される直接支払制度に係る代理契約に関する文書の写し

③①の申請書の証明欄に医師・助産婦または市区町村長の出産に関する証明を受けること。ただし、産院から交付される領収・明細書に「出産年月日」及び「出産児数」が記載されている場合は必要ありません。※私の出産した産院の領収書には記載されていました。

2.書類の送付先

ご自身の健康保険証(健康保険被保険者証)を用意して下さい。保険証の表側の下の方に、「保険者番号」「保険者所在地」と共に「保険者名称」が書かれています。

この「保険者名称」が、例えば、○○健康保険組合だとします。その場合には、○○健康保険組合に送付先を電話等で確認して下さい。HPに掲載されている場合もあります。

なお、上記の書類についても、その○○健康保険組合のHP上でダウンロードができるようになっています。

 3.書類の送付後

書類を送付して不備がなければ受理され、後日申請書に記載した銀行口座に差額がふりこまれます!

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村