2018/01/22

双子を妊娠した妊婦さんは出産育児一時金が2倍!妊娠出産時に受け取れるお金

妊娠出産する場合に受け取ることができるお金をまとめました!

受け取るためには、必ず条件があります。

ご自身が受け取り条件に当てはまるかを確認して、条件に当てはまる場合には、ぜひ請求して受け取って下さい!

妊娠・出産で受け取れるお金一覧

  1. 出産育児一時金
  2. 出産手当金
  3. 保険会社からの給付金
  4. 傷病手当金
  5. 妊婦健康診査の費用および超音波検査の受診費用の一部公費負担
  6. 妊婦さんが住んでいる市町村による助成制度による助成金

1.出産育児一時金

受け取り条件:ご自身(妊婦さん)かご主人が健康保険(国民健康保険)に加入している場合、多くの場合、妊婦さんかご主人が正社員や自営業で働いている場合

受け取り方:直接支払制度、又は、出産後に出産育児一時金請求書に必要書類を添付のうえ健保組合に申請し受け取り口座に支給

※直接支払制度:妊婦さんやご主人に代わって病院が出産育児一時金の請求と受け取りをしてくれる制度です。この制度を利用することにより、妊婦さんが大金を用意する必要がなくなります。

私は、この直接支払制度を利用しました。詳しくは、こちらをご覧ください→出産育児一時金の直接支払制度と差額の申請方法@双子出産

なお、妊娠週数が22週に達していないなど、産科医療補償制度対象出産では無い場合は、39万円(平成27年1月以降は40万4千円)となります。

 2.出産手当金

受け取り条件:妊婦さんが1年以上継続して一般の被保険者だった場合(1年以上健康保険に加入していた場合、多くは、正社員や自営業者として1年以上働いていた場合

 受け取り方:健康保険出産手当金請求書(職場の総務課等、又は、妊婦さんの加入する健康保険組合の事務所からを受け取る)を職場の総務課等又は健康保険組合に提出することにより、後日、受取口座に支給

妊婦さんが退職しても、6ヶ月以内に出産したときは出産育児一時金がもらえます。ご自身が加入していた健康保険(健康保険証に書いてあります)に問い合わせてみましょう。

健康保険出産手当金請求書は、産院、職場、妊婦さん自身が記入する箇所があります。出産の際に産院で記入してもらえるように、入院時に持参しましょう。

なお、双子以上(多胎)妊娠の場合には、産前休暇を98日間取得することができるため、上の式の「98日」が「154日」となります。そのため、双子以上を出産した場合は、約1.6倍の出産手当金が頂けます。

また、産前休暇の開始日は、通常、出産予定日の42日(多胎は84日)からですが、それ以上に取得できる場合もあります。

3.保険会社からの給付金

受け取り条件:妊婦さんを被保険者として、医療保険に加入しており、切迫早産による入院や帝王切開が、妊婦さんの健康保険の補償の対象である場合

受け取り方妊婦さんが保険会社に連絡し、保険会社の指示に従う

不妊治療中や妊娠中は、医療保険に加入することはできない場合がほとんどです。

詳しくは、こちらをご覧ください→不妊治療クリニックを訪れる前に、医療保険の検討を!!

しかし、最近では、条件付きで不妊治療でも加入できる保険も出てきました。また、今後のために、医療保険を検討することは大切です。

こちら↓の「保険マンモス」では、ファイナンシャルプランナー(FP)さんと相談しながら、最適な保険を選ぶことができます。保険相談は、無料です。




希望する日時、場所にFPさんがいらっしゃって、一緒に保険のプランを考えてくれます。相談した結果、必要ないと感じた場合は無理に契約しなくても大丈夫です。

相談してみたい方は、上のバナーで詳細を確認して、相談してみて下さい。

 4.傷病手当金

 受け取り条件1.妊娠悪阻や切迫早産等で療養が必要な状態である事

        2.働いていたのに働けない状態が3日間以上続いている事

        3.働けない状態により会社からお給料がもらえない事

受け取り方:医師から療養が必要である旨の証明書を書いてもらい、会社から傷病手当金の支給申請書を健康保険組合に提出してもらい、受取口座に支給

 妊婦健診の費用は、基本的に全額自己負担です。しかし、妊婦さんの住んでいる市町村が、14回分の妊婦健診と、超音波検査の受診費用の一部を公費で負担してくれます。

通常、妊婦健康診査の受診票が交付され、この受診票を病院で利用することにより、検診費用の一部を公費で負担してくれるようになります。

第1子妊娠時に交付される妊婦健康診査の受診票は、5枚だったので、かなりの額を自費で支払いました。

この制度は、直接お金を頂くという制度ではありませんが、非常にありがたい制度です。

受け取り方:お住まいの市町村の市役所等で妊娠届を提出すると、その場で交付

 5.妊婦健康診査の費用および超音波検査の受診費用の一部公費負担

 妊婦さんの住んでいる市町村により助成制度が異なりますが、私の住んでいる地域では、入院助産妊娠高血圧症群等の医療費助成があり、これらの制度を利用できると認定された妊婦さんには、助成金が支給されます。

詳しくは、お住まいの市町村の市役所に電話をしてみて下さい。

入院助産:経済的な理由により、入院して出産したいのに費用が払えないかたに対し、出産費用を援助する制度

妊娠高血圧症群等の医療費助成:妊娠高血圧症群等にかかっている妊婦さんで、認定基準を満たし、医療機関に入院して治療を受ける必要があるかたに対して費用を援助する制度

★妊娠や出産のお金のことで困っていることがあり、相談できる人がいないときには、一人で思い詰めたりせず、とにかくお住まいの市役所に電話して相談してみて下さい!!★