2018/01/22

双子の出産準備には10~12万円必要!!実際にかかったお金を公開。

双子お金

双子を妊娠したとわかった時に、「双子の出産準備に一体いくらお金がかかるのかなぁ?」と思う方は多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、このブログの管理人“うずら”が、双子を出産した際に出産準備品に支払った費用をまとめてみました。

ぜひ、参考になさってください。

出産準備品については、こちらの記事に詳しく書いています。双子ならでは出産準備品についても書いていますので、ぜひご覧ください。

出産準備品リストの記事(全4回)

第1回目:出産前に必要最低限揃えたいミルク関連用品+α(双子の出産準備品その1)

第2回目:新生児用のオムツは何枚必要?「おむつかぶれしない」おしりふきも紹介(双子の出産準備品2)

第3回目:ベビーバスなど新生児の沐浴に必要な道具と沐浴の仕方(双子の出産準備品その3)

第4回目:ベビーベッドやベビー布団!赤ちゃんの”ねんね”や日常生活に必要なアイテム(双子の出産準備品その4)

双子の出産準備品にかかった費用双子お金2

我が家の双子の出産準備品を揃えるのに支払ったお金をまとめて計算してみました。

購入アイテム 個数 値段
哺乳瓶 6本 10942円
ミルク 2缶 5098円
ベビーバス 1つ 2180円
オムツ 1パック 1382円
ミルトン 1箱 1933円
お尻拭き 16パック 1830円
ベビーソープ 本体+詰め替え用 1212円
ハイローチェア 6か月レンタル 15984円
調乳ポット 1つ 7702円
ママ代行ミルク屋さん 2個 6432円
総額 54700円

我が家の場合、総額54,700円でした。

“我が家の場合”と書いたのは、我が家は、双子の前に長男を出産していて家にあるものもあったので、かなり少額になっています。

お金がかかっていない出産準備品

双子お金3

準備はしたけど、

  • お祝いで頂いた
  • 長男のときに買った
  • 母親が作ってくれた

などの理由で、お金がかかっていない出産準備品が9点あります。

我が家のお金のかからなかった出産準備品

  1. オムツ用のごみ箱
  2. ガーゼ
  3. 体温計
  4. 新生児肌着
  5. ハイローチェア
  6. 哺乳瓶の消毒ケース
  7. ベビードレス
  8. おくるみ
  9. ベビー布団1セット

双子の出産準備品には10~12万円必要

HUTAGO

我が家が双子の出産準備のために支払ったお金は、総額54,700円でした。

しかし、通常、一から双子の出産準備品を用意しようとしたら、我が家ではお金がかからなかった“新生児肌着”“ベビー布団”“おむつ用のゴミ箱”などの準備も必要になります。

しかも、我が家がお金を使っていない新生児肌着、ベビードレス、おくるみは、双子だと2倍必要になりますので、双子ゆえに出費がかさみます。

ハイローチェアも、2人分借りるとなると、もう1台分お金が必要になります。ベビー布団のセットも1セットでも購入するとなると、出費額は大きめです。

双子の出産準備品を揃えるための費用としては、10~12万円は準備しておきたいですね。

ベビードレスやおくるみは絶対必要なものではありません。

ハイローチェアは、我が家は6か月レンタルしましたが、3カ月レンタルでも良かったと思ったので、ここの出費も削れます。

このように削れる部分はありますが、双子の赤ちゃんを授かっていることがわかったら、10~12万円を赤ちゃんの出産準備資金として貯めておくと安心です。

双子を妊娠していることがわかったママ!!こちらの記事もぜひ参考にしてください。

双子妊娠中の検診費と管理入院費、双子の出産費用、出産後の検診費のまとめ