2018/01/22

双子育児のストレス解消!!双子生後6か月から一時保育を利用しました!

我が家は、主人が激務なため、第1子と双子の面倒はすべて私が見ています。

第1子も双子もとてもかわいいです。

とてもかわいいですが、疲れます・・・・。ヘトヘトになります。

少しでも一人の時間が欲しいですよね。

そこで、私は、双子生後6か月から、月に2回、1回4時間、一時保育を利用しました

今回は、その双子の①一時保育の保育園をどのようにして選んだかと②実際に一時保育を利用する場合の注意点について書きます。

保育園への信頼性をどのように確保したか!?

赤ちゃんを保育園に預けるとなると一番心配なのは、赤ちゃんの身の安全ですよね。

保育園に預けてまさかのことがあったらどうしよう・・・。それが心配で、赤ちゃんを預けたくても預けられないと思うお母さんも多いと思います。

赤ちゃんを預ける保育園はどのように決めたら良いのでしょうか。

周囲に尋ねられる人がいる場合

周囲にママ友等の尋ねられる人がいる場合は、やはり周りの評判に耳を傾けてみてください。。

私の場合、第1子を出産する以前から今の土地に住んでいました。

そのため、第1子が3歳くらいの時に、身近な人2人から、今現在双子が通っている保育園の一時保育利用について聞いていました。

2人とも、月に2回利用して、とても助かっていると言っていました。そして、2人ともとてもその保育園を信頼している様子でした。

それを聞いて、私も、「第2子が生まれたら利用しよう!!」と密かに思っていました。

そして、双子を授かり、日々の生活に疲れてきて、1人の時間が欲しいと思い始めたときに、その保育園で双子の一時保育をお願いすることを決めました

周囲に尋ねられる人がいない場合

ⅰ)市役所に尋ねる

お住まいの地域にもよりますが、市役所のHPで一時保育の情報を得ようとしても、よくわからない場合が多いのではないでしょうか。

その場合には、まず、市役所の子育て支援課等に電話をして、「とても困っています。一時保育を利用したいのですが、どこの保育園で一時保育を実施していますか?」と聞いてきましょう。

そして、その時には、希望のエリアや希望の利用料等も伝えてみましょう。

これは、私の感じたことですが、常に一時保育利用が可能な保育園をいくつか用意している市とそうでない市があり、一時保育の利用しやすさに住んでいる地域によって差があると思います。

私の住んでいる市は、一時保育を実施している保育園がかなり少なく、見つけるのが難しい状態です。また、利用可能であっても利用料が高いです。

一方、隣の市は、認可保育園の1クラス(定員5名)を常に一時保育用に用意し、毎日、一時保育の受け入れをしています。そして、このような保育園をいくつも用意しています。

そのため、私は、歩いていけるということもあり、隣の市の保育園を利用しています

一時保育事業に積極的な市では、割と簡単に市のHPでも一時保育可能な保育園を見つけることができます。

ⅱ)子育てサロンを訪れてみて聞いてみる

地域では必ず子育てサロン(赤ちゃんを連れていって皆でおしゃべるをしたりする場所)があると思います。そこで、ここを訪れて、ここで働く職員の方や他のママに聞いてみるのも一つの手です。

ただ、こういうところを訪れるのが苦手という方もいると思います。ただ、実際に一時保育を利用したことがある人の意見は貴重なので、少しがんばって出かけて相談してみて下さい。

やはり実際に利用したことがある人の意見を聞けたら、それが一番安心につながると思います。

一時保育を利用する場合の注意点

めでたく一時保育で利用したい保育園が決まった場合には、以下のことに注意すれば良いかなと思います。

ⅰ)早めに一度連絡して訪問してみる

一時保育を利用する直前に連絡しても利用できない場合が多々あります。やはり利用料が安価で人気のある保育園は予約でいっぱいになってしまっているのです。

また、利用するためには、まず面接をしたり、病院で簡単な健康診断書のようなものを書いてもらったりして、それを提出してからでないと利用できない場合もあります。

そのため、利用したいなと思ったら、すぐに保育園に連絡してみましょう。

ⅱ)保育園の登園するシミレーションをしておく

これは、双子の場合は特に必要です。

2人分の保育園の準備をどうやって運ぶのかも重要です。保育園の準備は1人分でもかなりかさばるので、2人分となるとなかなか大変です。できるだけ荷物をコンパクトにまとめて、どうすれば保育園にスムーズに登園することができるのかをシミレーションしてみましょう。

また、双子をベビーカーで連れていく場合には、そのベビーカーで保育園の玄関まで連れていくことができるのかどうかもよく確認しましょう。

ビルの2F以上にある場合には、エレベーターに自分のベビーカーが乗るかどうかも重要です。

ベビーカーで保育園の玄関まで双子を運べないときは、抱っこひもを用意しておき、ベビーカーで運べるところまで運び、途中からは、1人をおんぶ、1人は手で抱っこして保育園の玄関まで行き、先生に双子を託した後、ベビーカーを折りたたんで保育園まで持ってくる等の対応が必要です。

保育園の先生に相談するのもとても大切です。きっと良い解決策が見つかります。

実際に私が双子を一時保育に預けたスケジュール

ⅰ)生後5か月

  1. 保育園に一時保育園を利用したい旨を連絡する。
  2. 保育園から「生後6か月から月2回の利用が可能です。一度面接をしましょう。」と連絡を頂く。
  3. 双子を連れて面接に行く。必要書類を聞く(健康保険証のコピー、一時保育利用申請書、医師に記入してもら診断書等)。
  4. かかりつけに行って診断書を書いてもらう(一人あたり1000円。双子なので、2000円)。
  5. 双子の保育園に必要なものを準備。シミレーションもする(ベビーカーに取りつける荷物入れを購入。登園時の双子の荷物すべてに名前を書く)。

ⅱ)生後6か月(1人4時間2000円×2人分=4000円)

  1. この月は、もう予約でいっぱいでしたが、先生の裁量で一日だけ慣らし保育をしてもらえる。
  2. 来月の予約を取れる日が決まっていて、その日に必ず電話で予約しなければいけない。来月分の予約を2回分(一回4時間)取る。

ⅲ)生後7か月(1人4時間2000円×2人分×2回=8000円)

  1. 2回登園する。

※雨の日がありました。雨の日のシミレーションもしっかりしておきましょう。雨の日の移動スタイルについてもまた記事にする予定です。

これ以降は、毎月同じように通っています。

最後に

できるだけ安価な利用料で安心して一時保育を利用しようとすると、意外に事前の準備に時間がかかります。

少しでも育児に疲れてきたり用事ができた時は、早めに一時保育を利用する保育園を探し始めても良いかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村