2018/01/22

出産費用は直接支払制度を利用せずクレジットカード払いがお得!!

出産費用や切迫早産での入院費用をクレジットカード払いにすればポイントが沢山貯まった!!

私は過去記事にも書きましたように、出産費用を支払う時に直接支払制度を利用しました。

しかし、今、後悔しています。

私が退院した時に産院に支払わなかければならなかった金額は67万7000円。

直接支払制度を利用したので、産院での支払いの必要はありませんでした。

しかし、還元率1%の楽天カード(私のメインカードです)で決済していれば、6770円分の楽天ポイントもらえたのです。

6770円分の楽天ポイントはかなり大きいですよね。オムツもミルクも買えてしまいます。

出産費用をクレジットカード払いにする注意点

.クレジットカード払い可能な産院であること

 2.一旦全額自分で支払うのでまとまったお金を用意しておくこと

 3.クレジットカードの限度額を確認しておくこと。

4.産院で提示される直接支払制度の書類には、「直接支払制度を利用しない。」にチェックを入れる。

5.退院後忘れずに産後申請用紙等を健康保険組合に提出する。

クレジットカードの1か月あたりの限度額は必ず確認しておきましょう。入院等していてよくわからない場合は、直接、カード会社に電話して確認しましょう。

もし、クレジットカードの1か月あたりの限度額が出産費用よりも少ない場合には、カード会社に電話して、「今月、出産費用をクレジットカードで決済したいので、限度額を上げて欲しいのですが」と打診してみましょう。

今まで、カード会社への支払い等でトラブルがなければ上げてくれる場合が多いです。

 入院費用も限度額適用認定書を使わず一旦全額自分で支払った方がお得!!

私は過去記事にも書きましたように、切迫早産での入院費用には限度額適用認定書を利用しました。

これも、出産費用と同じように、切迫早産で入院した時の入院費用も限度額適用認定書を使わず一旦全額自分で支払えば、支払額の1%分のポイントが貯まりました(例えば、30万円だったら3000円分のポイント)。

そして、後日、高額療養費支給申請書を提出して、療養の給付(支払った金額から限度額を引いたお金をもらうこと)を受ければ良かった・・・。

そうすれば、仮に30万円支払っていても、30万円から自身の限度額(約9万円)を引いた21万円は戻ってきます

この方が、同じお金を支払った上に、3000円分のポイントもゲットできるんです。

しかし・・・私の場合ですが、長期の切迫早産の入院費用と出産費用とを、全額自分で一旦支払います!!と冷静に言える経済的な余裕も精神的な余裕もなかったので、限度額適用認定書を使って良かったかなと思います^^

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村