2018/01/22

双子の一卵性と二卵生はいつどうやってわかるのか?

双子の一卵性と二卵性

一卵性の双子

一卵性の双子とは、もともとは1つの受精卵だったものが早い時期に2つに分離して、そのまま育ったもの。

★性別:ほとんどの場合が男男、女女の組み合わせです。

★血液型:同じです(DNAも同じです。)。

★見た目:非常に似ている場合ば多いです。ただ、つむじの巻き方等が反対のこともあります。

 

二卵性の双子

二卵性の双子とは、2つの別々の受精卵が育っていったもの。

 

★性別:男女、女女、男男のいずれの組み合わせもありえます。

★血液型:同じ場合も異なる場合もあります。

★見た目:兄弟程度に似ています。

双子が一卵性か二卵性かいつどうやってわかる?

一卵性の双子の場合

妊娠4~5週で超音波検査をすると胎嚢(赤ちゃんが入る袋)の数が2つあると「双子かもしれません。」と言われます。

二卵生の双子の場合

妊娠6~8週で心拍(赤ちゃんの心臓の動き)が確認されるときに、1つの胎嚢に2つの心拍が確認されてわかる場合が多いです。

ただ、超音波検査で見える角度等によってはもう少し時間のかかる場合もあります。

バニシングツイン

バニシングツインとは、妊娠のごく初期には、「双子かもしれない。」と診断されていても、途中で1人が消えてしまうことです。

単胎(1人)の赤ちゃんでも妊娠の初期に赤ちゃん側に原因があったりして残念ながら流産してしまうことがあります。

これに対して、双子の場合には、妊娠16週くらいまでだと、もう1人の赤ちゃんが元気な場合には、流産した赤ちゃんは子宮内に吸収されてしまいます。

厳密な卵性診断

一卵性か二卵生かは、多くの場合、上記のように超音波検査の過程で胎嚢の数や1つの胎嚢(胎盤)に対する赤ちゃんの数で判断され、それ以上の検査はされません。

しかし、現在、遺伝子診断などの厳密な卵性診断の技術が進んでくると、二卵性だと思われていた中にも一卵生の双子がいないわけでわないことがわかってきました。

胎盤が1つなので1卵性、胎盤が2つなので2卵性と決めつけるのは誤りです。

ただ、現在、双子の妊娠経過を見守る過程においては、1卵性か2卵性かよりも、どの「膜性」の双子であるかを把握しておくことが重要になってきます。

そのため、超音波検査で1卵性か2卵性かの診断を受けたらそれ以上の診断を受ける必要はなく、そのまま受け止めておいて良いかと思います。

双子の妊娠報告

私の場合ですが、妊娠初期に「バニシングツイン」について医師から説明を受けました。

そのため、身内以外には、双子を妊娠していることは、妊娠16週の検診で双子が元気であることを確認してから報告するようにしました。