2019/06/28

双子妊娠中の管理入院でストレスを貯めない過ごし方をご紹介。

こんにちは。双子ママの"uzura"です。

私は、双子妊娠中に約50日間管理入院をしました。

管理入院、はじめは戸惑ったり、落ち込んだりすると思います。

そこで、今回は、妊娠中に管理入院になった時にできるだけストレスを貯めずに過ごす方法をご紹介します。

妊娠中の管理入院でストレスを貯めない5つのコツ

では、早速、妊娠中の管理入院でストレスを貯めない5つのコツをご紹介します。

管理入院の時にストレスを貯めない5つのコツ

  1. 現状を悲しんだり、自分を責めるのをまずストップ。
  2. ベッドの上でできる楽しい暇つぶしを見つける。
  3. イヤフォンで耳栓。なにげに周りの音をシャットアウト。
  4. お気に入りのパジャマを着る。
  5. 自前の便利グッズを持ち込む

①現状を悲しんだり、自分を責めるのをまずストップ

妊娠中は何が起こるかわかりません。

昨日まで「順調です。」と診断されていても、急に「入院して下さい。」と言われることは多々あります。

私自身も2週間前の検診では何も言われていなかったのに、2週間後検診に行ったら、切迫早産と診断され、そのまま入院となりました。

「あの時無理したからかなぁ。」「自分が入院した上の子が悲しむ。家族にも迷惑をかける。」「もっと自由な時間を満喫したかった。」など、いろいろな思いが交錯し、とても悲しくなりました。

でも、1日でも長くお腹の中に赤ちゃんを留めておくことは、とても大切なこと。

無理してしまったとしても、その時は、無理しなければやり過ごせなかったのではないでしょうか。

上の子がいれば安静にばかりしていられませんし、仕事に行っていれば最低限は動かなければなりません。

気をつけていても入院しなければならない時だってあります。

入院することになってしまった自分を責めずに、ここまで踏ん張った自分を褒めてあげましょう。

お腹の中の赤ちゃんを守れるのはママだけ自分は、お腹の中の赤ちゃんのために頑張っていると胸を張りましょう!!

②ベッドの上でできる楽しい暇つぶしを見つける。

管理入院中は、24時間点滴を刺した状態であれば、体の自由が利きません。

また、心配ごとがあったりで、なかなか気分の晴れない日も多いかと思います。

しかし、そんな中でも、前向きな時間・楽しめる時間をつくりましょう。

私の管理入院中の楽しみ方はこの5つ。

  1. 毎日、上の子に手紙をかく
  2. 観たかったDVDをみる
  3. ラジオを聞く
  4. 子供(双子)の名前を考える
  5. 迎える赤ちゃんの出産準備品をネットでポチ。

①毎日、上の子に手紙をかく

これは、暇つぶしというより、「大切な時間」でした。

上の子が、ひらがなを読めるようになった時期だったので、ひらがなで手紙を毎日せっせと書きました。

スマホで上の子の好きなキャラクターを見て、頑張ってイラストも添えて・・・。

そして、面会にきてくれたパパやばぁばにことづけていました。

(総合病院は子供の面会はかなり制限されるので)

上の子は、今でもこの手紙を大切にとっておいてくれています。

②観たかったDVDをみる

今まで連続テレビ小説を観たことがなかったのですが、ここぞとばかりにみました。

DVDを見ている間は、何も考えずにストーリーに集中できるのでリラックスもできて良いですよ。

③ラジオを聴く

テレビやDVDを観るのはしんどい。でも、暇だなぁという時におすすめしたいのがラジオ。

イヤホンさえ耳にしておけば、自由な姿勢で楽しめるのに、体に負担をかけずに楽しめます

④子供(双子)の名前を考える

これはとても前向きで有意義なことなので、一番おすすめです。

特に、双子ちゃんの名前を考えるのって楽しみじゃないですか??

⑤迎える赤ちゃんの出産準備をネットでポチ。

急な入院で赤ちゃんをお迎えする準備ができていない方も多いかと思います。

でも、今は便利な時代です!スマホや携帯で情報収集して、ポチポチしちゃいましょう。

出産準備品の参考にこちらの記事をどうぞ!

③イヤフォンで耳栓。なにげに周囲の音をシャットアウト。

入院生活は結構にぎやかな音や声がします。

夜中には、点滴漏れの警報音が頻繁にピーピー鳴り響き、眠れないことが多いです。

また、昼間は、自分の体調が思わしくないと、同室の面会の人の声が気にさわることもあります。

こういう時は、耳栓です。

でも、なんとなく耳栓を使うのは気がひけるなぁという方は、イヤフォンがベスト。

イヤフォンだと「音楽を聴いてるのかなぁ。」くらいにしか思われませんが、耳栓としての役割を果たしてくれます。

また、入院中にラジオを聴くのはおすすめです。

TVだと角度的に体がツラかったりしますが、ラジオだと目をつぶって好きな姿勢で聴けるので不快感なく楽しめます。

④お気に入りのパジャマを着る

入院中はずっとパジャマです。

たかがパジャマですが、肌ざわりの良いものを着ると快適です。

誰に見せるわけでもないですが、お気に入りのパジャマを着ると気分が良かったです。

私は、マタニティパジャマは、無印良品とエンジェリーベで購入したものを愛用していました。

⑤自前の便利グッズを持ち込む

長い間入院してると、「こういうものがあれば便利だなぁ。」と考える時があります。

そういうものは積極的に取り入れましょう。

私の場合、自前の便利グッズは業務用のドライヤーでした。

私はもともと毛量が多い上に全然美容院にも行けておらず、伸び放題。

病院が貸出しているドライヤーでは全然乾きませんでした。

長時間ドライヤーかけてるとお腹も張るし、周りの人もうるさいだろうとイライラしました。

そこで、楽天で業務用のドライヤーを購入。すごいパワーで短時間で乾くのでストレスレス。

毎日のことなので持ち込んでよかったです。

(この美容室で使われているnobbyのドライヤーです)

他には、温かいお茶やお湯を入れておくために、大きいポットを持ってきている人は多かったです。

お湯とティーバッグを用意しておけば好きなお茶がいつでも飲めますしね。

※※※

現在、管理入院中の方、家のことやお腹の中の赤ちゃんのこと、沢山の心配事があると思います。

また、点滴の副作用や慣れない環境での生活でとてもストレスが溜まっていると思います。

本当にお疲れ様です。

今、あなたはママとして、とても大切な大切な仕事をしています。

本当につらくて長い時間であるとは思いますが、どうか乗り越えて下さい。