2018/01/22

出産育児一時金の直接支払制度を使用しない!出産費用はクレジットカード払いがお得!!

はじめに

私は過去記事にも書きましたように、出産費用を支払う時に「直接支払制度」を利用しました。

(「出産育児一時金」の詳しいことはこちらの記事をお読みください→

「直接支払制度」を利用すれば手元に大金を用意せずに出産に臨めるので安心です。

しかし、今、少しだけ後悔しています。

私が退院時に産院に支払わなかければならなかった金額は67万7000円

私は双子を妊娠していたので、頂ける出産育児一時金は84万円。そして、直接支払制度を利用したので、産院での支払いの必要はありませんでした。大変ありがたいことです。

「直接支払制度」を利用せずにクレジット払いにしていたら?

しかし、もし、「出産育児一時金」の受け取りを「直接支払制度」を利用せずに「産後申請制度」を利用することにして、産院での支払67万7000円をクレジット払いにしていたら・・・。

私は還元率1%(100円分利用すると1ポイントたまる)の楽天カードをメインカードとして利用してます。そのため、産院での支払の67万7000円をクレジットカード払いにしていれば、6770円分の楽天ポイントがもらえたのです。

6770円分の楽天ポイントはかなり大きいですよね。

ミルクだったら800グラムのミルクを3缶かってもポイントは余りますし、オムツだって一か月分くらい買えます。

勿体無いことをしたなぁと思います。

ただ、出産費用をクレジットカード払いにする注意点もあります。

出産費用をクレジットカード払いにする注意点

.クレジットカード払い可能な産院であること

 2.まとまったお金をクレジットカードの引き落とし口座に用意しておくこと

 3.クレジットカードの限度額を確認しておくこと。

4.産院で提示される直接支払制度の書類には、「直接支払制度を利用しない。」にチェックを入れる。

5.退院後忘れずに「産後申請用紙」等を健康保険組合に提出する。

クレジットカードの1か月あたりの利用限度額は必ず確認しておきましょう。入院等していてよくわからない場合は、直接、カード会社に電話して確認しましょう。

もし、クレジットカードの1か月あたりの利用限度額が出産費用よりも少ない場合には、カード会社に電話して、「今月、出産費用をクレジットカードで決済したいので、利用限度額を上げて欲しいのですが」と打診してみましょう。

今まで、カード会社への支払い等でトラブルがなければ上げてくれる場合が多いです。

 さいごに

貯金に余裕があれば、ぜひ出産費用をクレジット払いにしてポイントを貯めましょう。

しかし、経済的にはもちろん、心に余裕が無い場合には、無理せず「直接支払制度」を利用して、安心して出産に臨みましょう。

無事に出産を終えることが何よりのゴールです^^


 

☆私はメインカードを楽天カードにしています☆

楽天市場で出産準備品も買いましたし、毎月、ミルクやオムツもお買い物します。これ以外にも、楽天市場には、欲しいものや探しているものが必ずあります。

そのため、買い物でポイントを貯めて、そのポイントを次の買い物で有効に利用できます。



今なら条件を揃えれば10000ポイントもらえます。10000ポイントあると、楽天市場で10000円分のお買い物ができますよ!

私は、税金の支払いができるnanacoへのクレジットチャージができるのは、JCBブランドなのでJCBブランドを選びました。


☆サブカードはYJカードです☆



LOHACOでのお買い物に使うとポイントが沢山貯まるので使っています。

LOHACOは、注文した翌日に品物が届きますし、送料無料が1900以上と割とハードルが低いです。

そのため、ミネラルウォーターが無い!石鹸が無い!柔軟剤が無い!!と割とこまごましたものを一気に頼むときに使います。

離乳食もたくさん種類があるので、便利です。