2018/01/22

出産のためのお金に困っている人を助ける入院助成(出産費用の助成)

 はじめに

経済的な理由で病院や助産院に入院できない妊婦さんの出産のための入院費用を助成してくれる入院助成(出産費用の助成)」があります。

入院助成を受けられる人

助成を受けらえる条件は、妊婦さんの住んでいる市区町村によって異なります。

そのため必ず市区町村に確認してみてください。

一般的には、

1.生活保護世帯等の方
2.住民税非課税世帯の方
3.前年度に支払った所得税の額が8,400円以下の世帯の方(ただし、健康保険等から給付を受けることのできる出産一時金等の額が40万4千円以上の方は対象外です)

手続きの方法

お住まいの地域の福祉事務局又は区・市役所、町役場の窓口で申請して下さい。

助成を受けるための要件

市区町村が助産施設として認可している病院のリストがあり、その中の病院に入院しなければなりません。

助成の内容

出産に必要なお金を公費(国や地方自治代のお金)で支払ってくれます。ただし、所得税額等に応じて利用者負担があります。

さいごに

本当にお金に困っているけど、出産しないといけない場合には、このような制度があります。

また、以前にも記事にした通り、妊婦健診票をもらえば、妊婦健診もほぼ無料で受けられます。

「妊娠してるのかも」と思ったら、自分1人で抱え込まず、すぐに病院を受診しましょう。

病院を受診する前にお金のことで困っていたら、まずは区役所や市役所、又は町役場に相談にいきましょう。

社会福祉事務局でも大丈夫です。

例えば、税金の納付を滞納していたりしてためらうこともあるかもしれません。

しかし、おなかの中の赤ちゃんは、1日1日確実に大きくなっていきます

また、妊娠自体が正常な妊娠なのか、妊婦さんに感染症のリスクがないのか等検査しなければ、妊婦さんもおなかの中の赤ちゃんも危険な状態になります。

勇気を出して、相談に行って下さい。きっとあなたの苦しい状況をわかってくれる人がいます。