2018/01/22

未熟児養育医療制度を利用したNICUの入院費など出し忘れた医療費を確定申告する方法

naisyo_woman

私は、出産した年の医療費が10万を超えたので、出産した翌年の2月頃に医療費控除を受けるために確定申告をしました。

しかし、確定申告をした後に、未熟児養育医療制度を利用したNICUの入院費の支払いの請求がきました。

この時点では、赤ちゃんの入院費を支払ったのは出産の翌年だったので、出産の翌年の医療費としてカウントすればよいと思っていました。

しかし、税務署に確認すると、医療費の請求が遅れてやってきたとしても、NICUの入院費は、実際に赤ちゃんが入院した年の医療費にカウントしなければならないことがわかりました。

未熟児養育医療制度を利用したNICUの入院費と確定申告の関係は、こちらの記事をご覧ください。

未熟児養育医療制度を利用した入院費の医療費控除は入院した年?支払をした年?

そのため、結局、私は、NICUの入院費を含めて、出産した年の確定申告のやり直しをしました。

確定申告のやり直しは、「所得税及び復興特別所得税の更正の請求」という手続きです。

確定申告のやり直しって面倒だなぁとお思いの方も多いと思いますが、そんなことはありません!

確定申告をされた方なら本当に簡単にできます。

そこで、今回は、確定申告のやり直しのための書類(更正の請求)の作成方法と提出の際に添付する書類等を説明します。

申告し忘れた医療費がある方は、ぜひ、これを参考にチャレンジして、さらなる還付金をうけとってください。

医療費控除の申告はいつまでできる?

無題の図形描画

申告できなかった(申告し忘れた)医療費の申告は5年間であればさかのぼって申告することができます。

例えば、2015年の医療費を申告し忘れた場合には、2020年の12月31日まで申告することができます。

 更正の請求を申請する前にチェック!!

pose_kiri_woman

更正の請求の目的は、新たな医療費を申告することで、さらに還付金を受け取ることですよね?

還付金が受け取れないのであれば、わざわざ更正の請求なんでしないよ!と言う方もたくさんいらっしゃると思います。

下記の方法で、さらに還付金が受け取れるのか?を確認することができるので、更正の請求をしようとお考えの方は、事前にチェックしておきましょう。

◎還付金が受け取れるか否かのチェック方法

まずは、新たな医療費を申告したい年の確定申告書を用意して下さい。

この確定申告書Aを例に見てみますが、

②確定申告書A

どのタイプの確定申告書でも「税金の計算」の区分にある㊳「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収額」と㊵の「還付される税金」の額を比較してみて下さい。

①「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収額」≦「還付される税金」の場合

手続きをしても還付金(戻ってくるお金)はありません。

還付金が無い場合でも、更正の請求をすると、住民税等が減額される場合もあります。

「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収額」>「還付される税金」の場合

手続きをすれば、還付金(戻ってくるお金)があります。

所得税及び復興特別所得税の更正の請求書作成

checklist-154274_640

で申告し忘れた医療費や申告できなかった医療費を申告することでさらなる還付金が受け取れるということがわかれば、いよいよ更正請求書を作成しましょう。

①更正請求書作成に必要なもの

  1. 確定申告をやり直したい年の確定申告書データ
  2. 申告し忘れた医療費の領収書又は申告できなかった医療費の領収書など

ⅰ)確定申告書のデータ

パソコンで確定申告書を作成した場合には、その年の確定申告書のデータを保存しておけます。

確定申告書のデータをお持ちでない方は、パソコンでも更正請求書を作成することはできますが、既に申告した分の診療明細等も全部入力しなおさないといけないので、税務署に行った方が楽だと思われます。

税務署に行かれる前は、事前に「所得税及び復興特別所得税の更正の請求」をしたいと言っておきましょう。そして、用意する書類を聞いておでかけください。

ⅰ)申告し忘れた医療費の領収書又は申告できなかった医療費の領収書

未熟児養育医療制度を利用してNICUの入院費を納めた場合は、指定された金融機関での振り込みの際にいただける控えを領収書代わりに提出しましょう。

所得税及び復興特別所得税の更正の請求書の作成方法

computer_woman

では、具体的に、申告し忘れた(申告できなかった)医療費を医療費控除の対象に含めて確定申告をやり直す方法をご紹介しあmす。

①国税庁のHPを開く。

ブラウザは、インターネットエクスプローラを使いましょう。グーグルクロムに対応していない部分があります。

②HPの左端の欄の「確定申告書作成コーナー(下画面①)」をクリックして、確定申告特集のバナー(下画面②)をクリック。

国税庁HP

 

③下画面の「パソコンで申告書等を作成される方」をクリック。

PCで申告書作成

④:下画面の「更正の請求書・修正申告書作成開始」をクリック。

更生の請求の入口

⑤「書面提出」をクリック。

署名提出選択

「このパソコンの環境における、下記のチェック項目については、全て確認済みです。」のチェックボックスにチェックを入れて、「事前準備(次へ)」をクリック。

環境設定

⑦確定申告をやり直したい年を選んでクリック(今回は、平成26年分にします)。

赤ちゃんの生まれた年選択

⑧「確定申告書データ利用」をクリック。

保存データの選択

⑨「保存ファイル名」に自分で保存している「26年所得申告データ.data」を読み込む。

de-ta

「読込内容の確認」画面右下の「次へ」をクリック。

読み込み内容確認画面

⑪「生年月日等確認」画面右下の「入力終了(次へ)」をクリック。

生年月日

⑫「更正の請求・修正申告前の課税額の入力」画面右下の「入力終了(次へ)」をクリック。

前の課税額

 

 

 

 

 

⑬「OK」をクリック。

OK

⑭「追加訂正等項目の選択」画面の「所得から差し引かれる金額(所得控除)」の右隣りの「ひらく」をクリック。

追加項目の選択

⑮医療費控除のチェックボックスにチェックを入れて、「入力終了(次へ)」をクリック。

医療費控除にチェック

⑯「更正の請求・修正申告額の入力」画面中央付近の「所得から差し引かれる金額(所得控除)」の「医療費控除」をクリック。

修正申告額の入力

医療費控除選択

⑰「医療費控除」画面の「入力方法の選択」の「医療費の領収書を治療費ごとに入力する」を選択

医療費控除入力方法の選択

⑱「医療費の領収書を治療費ごとに入力する場合」の一番最後の行に、「入院した赤ちゃんの氏名」「治療内容」「病院などの所在地」「続柄」「支払った医療費」「病院などの名称」等を入力し、「入力終了(次へ)」をクリック。

診療明細

⑲「医療費控除の入力内容及び計算結果確認」画面右下の「確認終了(次へ)」クリック。

⑳⑯の「更正の請求・修正申告額の入力」画面が再度表示され、画面中央付近の「医療費控除」の額が変更され、「入力済み」になっていることを確認して、画面右下の「請求書・申告額を計算する」をクリック。

㉑「OK」をクリック。

OK2

㉒「更正請求内容・修正申告内容の確認」画面の赤丸で囲っている部分が今回の医療費の申告で還付される(もらえる)還付金です。これを確認して、右下の「入力終了(次へ)」をクリック。

還付金表示

㉓「OK」をクリック。

㉔「更正の請求をする理由等の入力」画面の「〇更正の請求をする理由」の欄に理由を記載して下さい。記載後、画面右下の「入力終了(次へ)」をクリック。

ちなみに、私は、「〇〇(子供の名前)が△△病院に入院したのは平成26年度でしたが、未熟児養育医療制度を利用し、自己負担額が決定し納付したのが平成27年度であったため」と記載しました。

更生の請求の理由

㉕「住所・氏名等入力画面」の「還付について」欄の還付金を確認し、「受け取り方法」を選択し、自分がお金を振り込んで欲しい口座等を入力し、画面右下の「申請書作成終了/次へ」をクリック。

住所・氏名等入力

㉖「請求書・申告書等印刷」画面下側の「帳票表示/印刷」をクリック。

㉗表示されたPDFデータを印刷。

㉘印刷した「平成26年所得税及び復興特別所得税の更正の請求書」と「納入通知書兼領収証書のコピー」をお住まいの地域を管轄する税務署に持ち込む又は送付する。

以上です!!お疲れ様でした^^

更正の請求申請後の還付金の振込

mark_yen_okaikei

私の場合、更正の請求の申請から23日後に、私の申請した内容を認めることを通知する「平成26年度分所得税及び復興特別所得税の更正通知書」が届きました。

そして、「1か月~2か月の間に順次、還付金の通知書を郵送する予定で作業を進めています。」と記載された「お知らせ」が同封されていました。

申請から約1ケ月半で還付金の振込がありました^^