2018/01/22

妊娠・出産・赤ちゃんの入院で医療費控除の対象になるもの

syussan_akachan

出産された年は、医療費が年間で10万円以上かかることが多いため、医療費控除を受けるために確定申告をされる方が多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、見落としてしまいそうな妊娠・出産・赤ちゃんの入院で医療費控除の対象となるものを挙げていきます。

また、妊娠・出産に関しては、出産育児一時金などの「補てんされる金額」があります。

どの項目に対して、どの給付金や保険金を「補てんされる金額」とするのかについても詳しく解説します。

これらを参考にして、家族での医療費が10万円を超える場合には、確定申告をして払いすぎている税金を返してもらいましょう!

1.妊娠・出産と医療費控除

medical_echo_woman

(1)妊娠・出産で医療費控除を受けられる項目

妊娠から出産までで医療費控除を受けられる項目は、

  1. 妊婦検診・通院・入院の交通費
  2. 妊婦検診代
  3. 切迫早産や妊娠高血圧症候群等での妊娠中の通院・管理入院費
  4. 出産のための入院費

などです。

①妊婦検診・通院・入院の交通費

ⅰ)医療費控除の対象となる交通費

妊婦検診時や妊娠中の通院・入院に公共交通機関を使った場合、医療費控除の対象となります。公共交通機関を利用した場合には、領収書は不要です。

また、切迫早産や「つわり」、陣痛中の移動などで、やむを得ずタクシーを使って検診を受ける場合には、この交通費も医療費控除の対象となります。

ⅱ)医療費控除の対象とならない交通費

マイカーで妊婦検診や通院・入院をした場合のガソリン代は、医療費控除の対象にはなりません。

②妊婦健診で自費で支払った費用

基本的には、出産までの妊婦検診は、妊婦健康診査の受診券(妊婦検診票)を利用すれば、自費を支払うことはありません。

妊娠したら受け取れる「妊婦健康診査の受診券」については、こちらの記事をご覧ください。

妊娠したら母子手帳と妊婦健康診査の受診券をもらいましょう

ただ、双子の場合など、妊娠の経過を慎重に診なければいけない場合には、検診の回数が多く、妊婦検診票が足りなくなったりします。

そうした時に支払った検診代は、医療費控除の対象となるので、申告しましょう。

③妊娠中の通院・管理入院費

妊娠は病気では無いといわれたりしますが、

  • 重症妊娠悪阻(ひどいつわり)で点滴を受けたり
  • 切迫流産/切迫早産/妊娠高血圧症候群で薬を処方されたり
  • 切迫早産/妊娠高血圧症候群/妊娠糖尿病などで管理入院になったり

と、通院や入院が必要になる場合が多々あります。

このような妊娠中の通院や管理入院に支払った医療費および交通費も医療費控除の対象となります。

重いつわりや管理入院で働けない時は、医療費控除以外にこちらの制度も活用してください!

④出産のための入院費

出産のための分娩代や入院代として病院に支払ったお金も医療費控除の対象となります。

(2)妊娠・出産の医療費控除対象項目と「補てんされる金額」の関係

このように妊娠・出産中に支払う検診代や医療費は、医療費控除の対象になります。

もれのないように医療費控除を申告して、払いすぎた税金をできるだけ多く返してもらいたいところ!

なのですが・・・、実は、妊娠・出産に関する医療費には、給付金や保険金が支払われることが多いので、こちらもきちんと申告しなければなりません。

そこで、ここでは、妊娠・出産の医療費控除の対象項目と「補てんされる金額」の関係を整理します。

①「出産のための入院費」と「出産育児一時金」

出産のために入院すると、出産のときにかかる分娩代や産後の入院費などを退院するときに病院に支払います。

この出産のための入院費の支払いの負担を減らすために、パパあるいはママの健康保険組合から「出産育児一時金」がもらえます。

「出産育児一時金」についての詳しい内容は、こちらの記事をごらんください。

赤ちゃんが生まれると受け取れる出産育児一時金

医療費控除 出産育児一時金

医療費控除を申請する際には、上の表に「支払った医療費、交通費」と「左のうち、補てんされる金額」を入力しなければいけません。

出産のための入院費の医療費控除を申請するためには、黒丸で囲んでいる「支払った医療費、交通費」に、支払った医療費と交通費を入力し、「左のうち、補填される金額」には、出産育児一時金の42万円(双子の場合には、84万円)と入力しましょう。

②「出産のための入院費」と「保険会社の給付金」など

普通分娩の場合、「出産のための入院費」の「左のうち、補てんされる金額」は、出産育児一時金だけなのですが、帝王切開などで出産して、民間の保険会社から給付金を受け取った場合には、この給付金も「左のうち、補てんされる金額」に入力しなければなりません。

さらに、帝王切開や吸引分娩で出産して、高額療養費制度を利用した場合にも、高額療養費制度を利用して返ってきた金額も、「左のうち、補てんされる金額」に入力しなければなりません。

高額療養費制度についての詳しい内容は、こちらの記事をご覧ください。

妊娠中の入院や帝王切開時に頼れる高額療養費制度

③「妊婦検診代・交通費・通院・管理入院費」と「出産育児一時金」

出産育児一時金は、妊娠から出産までのすべての医療費控除の対象となる項目を補てんする金額になります。

そのため、出産育児一時金が出産のための入院費を上回る場合には、その上回った金額を、妊婦検診代・交通費・通院・管理入院費の「補てんする金額」に入力しなければなりません。

④「通院・管理入院費」と「保険会社の給付金」など

切迫早産などで管理入院をして、民間の保険会社から給付金を受け取った場合には、この給付金も「左のうち、補てんされる金額」に入力しなければなりません。

さらに、高額療養費制度を利用した場合にも、高額療養費制度を利用して返ってきた金額も、「左のうち、補てんされる金額」に入力しなければなりません。

私は帝王切開と管理入院に保険会社から給付金をもらいました!妊娠は病気ではありませんが、医療保険に入っておくと安心です。

医療保険の加入に迷われている方は、コチラ⇒【双子出産で家計の見直し】保険を見直すために相談した「保険マンモス」さんの評価口コミ

2.赤ちゃんの入院と医療費控除

baby_hoikuki

(1)赤ちゃんの入院で医療費控除を受けらえる項目

赤ちゃんの入院で医療費控除を受けられる項目は、

  1. 赤ちゃんの入院費
  2. 病院の領収書に記載されたオムツ代

くらいです。

赤ちゃんの入院中は、ママやパパは面会に行くための交通費、搾乳に必要な母乳パックなど、何かと出費がかさみますよね。

しかし、面会のための交通費や搾乳のための母乳パックなどは、医療費控除の対象とはなりません。

(2)赤ちゃんの入院費

①赤ちゃんの入院費の自己負担額が医療費控除の対象

赤ちゃんも家族ですので、赤ちゃんの入院費も医療費控除の対象です。

産後の赤ちゃんの入院費には、「未熟児養育医療制度」か「乳幼児医療費助成制度」を利用することができます。

「未熟児養育医療制度」については、こちらの記事をご覧ください。

小さく生まれた赤ちゃん達のNICUの入院費を負担してくれる未熟児養育医療給付制度(未熟児養育医療制度)

「未熟児養育医療制度」と「乳幼児医療費助成制度」の違いについては、こちらの記事をご覧ください。

未熟児養育医療給付制度と乳幼児医療費助成の違いとNICUの入院費にどちらを使えば良いのか?

いずれの制度を利用しても、だいたい自己負担額が発生します。

このNICUやGCUの赤ちゃんの入院費の自己負担額は、医療費控除の対象になります。

②3割負担家庭は窓口で支払った金額が医療費控除の対象

世帯や世帯主(パパかママ)の収入によっては、未熟児養育医療制度も乳幼児医療費助成制度も利用できない場合があります。

そうした場合には、赤ちゃんの入院費として病院に支払うお金は、赤ちゃんの入院・治療にかかった医療費の3割(30%)になります。

このような場合は、病院の窓口で支払ったお金全額が医療費控除の対象となります。

③未熟児養育医療制度を利用した場合の注意点

未熟児養育医療制度を利用すると、赤ちゃんの入院費を支払うタイミングが、赤ちゃんの入院していた年の翌年になってしまう場合があります(我が家はそうでした)。

例えば、赤ちゃんが2017年10月に入院してたときの医療費の支払いの請求が2018年の1月にきたりします。

そうした場合でも、2017年10月の赤ちゃんの医療費は、2017年の医療費として確定申告をしてください。

未熟児養育医療制度を利用したときの確定申告の注意点は、こちらの記事をご覧ください。

未熟児養育医療制度を利用した入院費の医療費控除は入院した年?支払をした年?

(2)病院の領収書に記載されたオムツ代

NICUやGCUに赤ちゃんが入院している間のオムツを病院のものを使用し、その請求が病院の領収書に載っている場合には、これも医療費控除の対象となります。

ただ、最近は、オムツは売店で購入するか、ネット通販等で購入したものを持参するというケースが多いと思います。

そうした場合のオムツ代は、医療費控除の対象とはなりません。

3.育児中に意外にも医療費控除を受けられる項目

youtsu_woman

産後、ママや赤ちゃんが通院や入院をして医療費を支払った場合、これらはもちろん医療費控除の対象となります。

ここでは、これは意外!!という育児中の医療費控除の対象になる項目をお教えします。

  1. 乳腺炎等のトラブル解消のための母乳マッサージ代
  2. 育児による腰痛解消のためのマッサージ・鍼灸代

(1)乳腺炎等のトラブル解消のためのおっぱいマッサージ代

乳腺が炎症を起こす乳腺炎を解消するために、助産院などでおっぱいマッサージを受けた場合、この時の施術代は医療費控除の対象になります。

母乳の分泌や母乳の質を上げるための「おっぱいマッサージ」は医療費控除の対象とはなりません。

(2)育児による腰痛解消のためのマッサージ・鍼灸代

育児中の腰痛やその他のカラダの不調を解消するための、マッサージや鍼灸代は医療費控除の対象となります。

美容のためやメンテナンスのためのマッサージや鍼灸代は、医療費控除の対象とはなりません。

産後大変だけど確定申告がんばりましょう!!

zei_shinkoku

妊娠・出産はもちろんの事、赤ちゃんが入院したりすると予想外の出費がありますよね。

医療費控除を受けらえる費用は、忘れずに申告して、還付金を受け取りましょう。

また、住宅ローン控除を受けていて、医療費控除の還付金が0円でも確定申告した方が良いですよ!

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

保育料や住民税が安くなるかも!?住宅ローン控除で医療費控除の還付金が0円でも確定申告をしましょう。

また、申告し忘れた医療費を申告すれば、還付金がもらえるかもしれません。

申告し忘れた医療費の申告する方法は、こちらの記事をごらんください。

未熟児養育医療制度を利用したNICUの入院費や申告し忘れた医療費で医療費控除を受ける方法