2018/01/22

未熟児養育医療を利用したNICUの入院費の支払いから医療費控除の還付金を受け取るまで

baby_hoikuki

産後すぐにNICUに入院した赤ちゃんの入院費の自己負担額を軽減するために、未熟児養育医療制度を利用することがあります。

未熟児養育医療費制度については、

  • 赤ちゃんの入院費の自己負担額はどれくらいになるのか?
  • いつ入院費を支払えばよいのか?
  • 未熟児養育医療費制度を利用した入院費で医療費控除を受けられるのか?

など、実体験に基づいたお金の情報が少ないのが現状です。

産後、自分の体も回復しない中で、赤ちゃんの健康状態とともに、赤ちゃんの入院費の心配も出てきますよね。

そこで、今回は、私が実際に経験した未熟児養育医療制度を利用した場合のNICUの入院費の支払いから確定申告で医療費控除を受けるまでをまとめました。

無題の図形描画 (13)

一覧にするとこんな感じです。こらから一つ一つ説明していきますね。

今、NICUの入院費を心配しているママやパパ。

ぜひ、この記事をお役立てください!

1.病院でのNICUの入院費の支払いは0円!

count_girl

①病院には未熟児養育医療制度を利用することを申告

出産翌日、NICUに双子②の面会にいった際に、病院のクラークさんから未熟児養育医療制度の申請を勧められました。

今、思えば、わざわざ未熟児養育医療制度を利用しなくても、乳幼児医療費助成(マル乳)制度を利用すればよかったのかなぁと思いますが、その時は、あまり情報がなく未熟児養育医療制度を申請することにしました。

後日、未熟養育医療制度とマル乳制度の違いを調べました。そして、NICUの入院費にはどちらの制度を利用するのが良いのかについて書いた記事はコチラです。

未熟児養育医療給付制度と乳幼児医療費助成の違いとNICUの入院費にどちらを使えば良いのか?

病院の会計課には、クラークさんを通して、未熟児養育医療制度を利用する旨を申告しました。

②未熟児養育医療費制度の申請に

私は、産後5日で退院したので、その足で市役所に未熟児医療費制度の申請にいきました。

無題の図形描画 (14)

ⅰ)未熟児養育医療制度とは?

未熟児養育医療制度を利用することのできる赤ちゃんには、条件があります。

  1. 以下のいずれかの症状に該当すること。
  2. お医者さんが入院して養育(治療)を受ける必要があると判断していること
  3. 0歳であること
  4. 全国の指定された病院で入院治療を受けること

この4つの条件を満たした場合、この制度を利用することができます。

◎以下の症状とは?
  1. .出生時の体重が2000グラム以下の赤ちゃん
  2. 1以外の赤ちゃんで、生活力が特に弱く、下記の「対象となる症状」に掲げるいずれかの症状を示す赤ちゃん
◎対象となる症状とは?
  1. けいれん、運動異常
  2. 体温が摂氏34度以下
  3. 強いチアノーゼなど呼吸器、循環器の異常
  4. くり返す嘔吐(おうと)など消化器の異常
  5. 強い黄疸(おうだん)

ⅱ)未熟児養育医療制度の申請先と申請に必要な書類

◎申請先

お住まいの市区町村により異なります。

利用をお考えの方は、市役所、区役所、町役場、村役場に問い合わせの電話をしてみてください。

なお、この制度には助成を受けられる期限があるので、できるだけ早く問い合わせの電話をして、いつまでに手続きをすればよいか確認しておきましょう。

◎申請に必要な書類

申請には、以下の4つの書類が必要です。

  1. 養育医療給付申請書
  2. 養育医療意見書
  3. 世帯調書
  4. 所得税額証明書等

1~3の書類は申請窓口でもらえます。

1.養育医療給付申請

書類を窓口から受け取った後、パパかママが記入します。

2.養育医療意見書

書類を窓口から受け取った後、病院でお医者さん等に記入してもらいましょう。

記入してもらうのには、お金が必要です。私は、2000円支払いました。

3.世帯調書

養育医療給付申請書と同様、窓口で書類を受け取った後、パパかママが記入します。

4.所得税額証明書等

同じ家に住んでいる(同居している)家族全員分の源泉徴収票や確定申告書が必要です。

ⅲ)未熟児養育医療制度の効果

赤ちゃんの入院にかかった医療費の自己負担額(医療費の2割分のお金)の全部または一部を負担してくれます。

②NICU退院時の病院への支払いはゼロ円

無題の図形描画 (15)

こうして未熟児養育医療制度(未熟児養育医療給付制度)を申請したものの、我が子が退院するまでに未熟児養育医療制度の利用を許可する「医療券」は手元に届いていませんでした。

しかし、未熟児養育医療制度を利用する旨を病院側に申告していたので、NICU退院時の病院での窓口のお会計は0円でした。

なお、後日、医療券が手元に届いたので、退院後の検診時に病院に医療券を提出しました。

2.NICUの入院費の実際の支払い

mark_yen_okaikei

11月の退院時には、支払わなかったNICUの医療費ですが、実際の支払い時期はずいぶん先でした。

10月のNICUの入院費については、翌年の6月。11月のNICUの入院費については、翌年の7月に支払いました。

無題の図形描画 (16)

 NICUの入院費を実際にいくら支払ったかについては、こちらの記事に書いています。ご覧ください。

未熟児養育医療制度を利用して最終的に支払った入院費

支払いについては、区市町村から通知がくるので、指定された期間内に指定された金額を金融機関で振り込めばOKです。

振り込みをした時の「控え」はきちんととっておきましょう。医療費控除を申請するときに必要になります。

3.未熟児養育医療制度を利用した医療費と医療費控除

zei_shinkoku

未熟児養育医療制度を利用した医療費は、実際に支払ったのは翌年でも、お子さんが入院した年の医療費になります

未熟児養育医療制度を利用した入院費の医療費控除は入院した年?支払をした年? 

そのため、お子さんのNICU(又はGCU)の入院費を未熟児養育医療制度を利用して支払った方で、お子さんが入院していた年の世帯(家族)の合計の医療費が10万円を超える方は、医療費控除を受けるための確定申告の年度を注意する必要があります。

例えば、2015年にNICUに入院していたお子さんの入院費を2016年に支払ったとしても、お子さんの入院費は、2015年の医療費となるので、2015年度の確定申告をしなければなりません。

2015年度の確定申告を済ませている場合には、2015年度の確定申告のやり直し(更正の請求)をしなければなりません。

私は、何も考えずに、子供が生まれた年の確定申告を済ませてしまっていたので、確定申告のやり直し(更正の請求)をしました。

確定申告に間に合わなかった又は申告し忘れた医療費を申告して医療費控除を受ける方法については、コチラの記事をご覧ください。

未熟児養育医療制度を利用した医療費や申告し忘れた医療費で医療費控除を受ける方法

無題の図形描画 (17)

具体的には、↑の表のとおり、子供がNICUに入院した翌年の7月にすべてのNICUの入院費を払い終えました。

子供がNICUに入院した年は、私の管理入院費や出産費用などで世帯の医療費は10万円を超えていたので、確定申告をして医療費控除を受けていました。

そのため、入院費を払い終えた7月の翌月(8月)の初旬に確定申告のやり直し:更正の請求をしました。

そして、8月下旬には、確定申告のやり直しを認める「更生通知書」が手元に届き、1ケ月後に「国税還付金振込通知書」が届き、無事に還付金が振り込ました。

goal_figure

このようなスケジュールで未熟児養育医療制度を利用した医療費の処理が全て終わりました。

未熟児養育医療制度を利用した場合は、医療費控除以外の確定申告が必要のない方は、お子さんが入院した年の医療費の支払いが終わるまで確定申告を待った方が手間が省けます。

しかし、医療費控除を受けた確定申告書は、保育園料の決定や児童手当の支払いの決定に影響を与えますので、一概に、確定申告を待った方が良いとも言い切れません。

やはり手間はかかりますが、お子さんのNICUの入院費以外の医療費の世帯合計が10万円を超える場合には、一度確定申告を医療費控除を受けて、お子さんのNICUの入院でもさらなる還付金が受け取れる場合には、がんばって更正の請求手続きをしましょう!