2018/01/22

双子のミルク(ほ乳瓶)卒業と断乳後に朝まで寝るのはいつ?グズリが終わるのはいつ?

はじめに

今日は、双子がミルク(ほ乳瓶)を卒業したので、いつごろ、どうやってやめさせたのかを紹介します。

また、ミルク卒業(断乳)後は、赤ちゃんの機嫌が悪く、グズグズに参ってしまう場合が多いと思います。

そのため、この愚図りがどんな感じで収まっていき、だいたいいつごろから普通に過ごせたかも書きます。

ミルク(ほ乳瓶)卒業の時期や方法については、いろいろな意見があります。

どうすべきか迷われる方もいらっしゃると思いますが、ご自身の選択が一番だと思って良いと思います。

毎日我が子を育てているのはママですからね^^

ミルク(ほ乳瓶)をやめた時期

1歳の翌日。

これはもう「この日」と決めました。

ミルク(ほ乳瓶)をやめた理由

・虫歯の心配

・ミルクをやめると離乳食を食べるようになる

ミルクをやめた理由①:1番の心配は、虫歯。

双子は1歳になった時点で、2人とも6本(上4本、下2本)の歯が生えていました。歯が生えてからほ乳瓶でミルクを飲んでいると虫歯になりやすいとお医者さんに言われていましたので、心配でした。

しかも、双子は揃いも揃って、夜間もミルクを2回も飲んでいました。夜間のミルクはさらに虫歯のリスクが高まります。

夜間のミルクは、いつも夜中の1~2時と朝方4時~5時ごろ。このペースは生後3~4か月くらいから変わっていません。

第1子は、1歳になったころは、朝まで起きずに眠っていました。

個人差があるとはいえ、やはりミルクが欲しくて起きてるのかなぁと思い、ここは、虫歯のリスクを回避し、さらに朝まで眠ってもらうために、ミルク(ほ乳瓶)卒業を決意しました。

ミルクをためた理由②:ミルク(ほ乳瓶)卒業で離乳食がすすむ。

双子②は、離乳食を全然食べませんでした。

ミルクを卒業すれば、必然的に離乳食が進むはず!とミルク卒業を決意しました。

ミルク(ほ乳瓶)卒業の具体的な方法

ミルク(ほ乳瓶)卒業の2週間前

  • マグマグで麦茶が飲めるようにする。
  • 朝・昼・晩の離乳食(というか普通食)に加え、赤ちゃんのおやつもあげる。
  • ベビーカーで出かけて昼寝のためのミルクを減らす。

①≪マグマグ≫

最初のうちはこぼしたり飲めなかったりしますが、ひたすらストローをくわせさせました。一番最初はのどが渇いてるお風呂上りがベストかと。ベーっと吐いたりしますが、それでもひたすらあげます。「お茶もおいしいね。」と声をかけてました。しばらくすると上手に飲めるようになりました。

②≪朝・昼・晩の離乳食とおやつ(補食)≫

第1子もそうでしたが、うちの子は、ドロドロの離乳食を食べません。そのため、ある程度大きくなったら(生後11か月くらい)、柔らかく炊いたおうどん、かぼちゃ、ニンジン、さつまいもを1センチ角くらいにしてあげていました。この食事を、双子に朝・昼・晩の3回あげました。そして、さらに、午前10時ごろと午後3時ごろには、バナナや赤ちゃんせんべい等のおやつをあげていました。

③≪昼寝のためのミルクを減らす≫

お昼寝のときも夜寝るときも寝るために必ずミルクを飲んでいたので、お昼寝のためのミルクを減らすために、ベビーカーで散歩にでかけてミルク無しでお昼寝させるようにしました。


 

ミルク(ほ乳瓶)卒業の当日

  • 朝・昼・晩・おやつ(補食)はきちっとあげる。
  • 日中はできるだけ散歩にでかける。
  • どんなに泣いても絶対にミルクをあげない。

自然にミルクを卒業できたら、それに越したことはありません。でも、それはいつになるかわかりません。それどころか、もしかしたら、どんどんミルクに執着してしまいそんな日は来ないかもしれません。

そのため、ミルクをやめさせる!ミルクを卒業させる!と決めたら、どんなに泣いてもあげないことにしました。

そうしなければ、何度も同じことを繰りかえり、たくさん泣かせることになるので、かわいそうだからです。1回で終わらせるために心を鬼にしました。

ミルク(ほ乳瓶)を完全にやめてからの7日間戦争

ミルクを卒業した日からの双子の様子、過ごし方、ごはんやおやつ(補食)についてのキロクです。


1日目

≪午前中≫

朝食:パン、ペースト、牛乳

午前中はお散歩をして過ごす。

昼食:小松菜をふりかけたうどん、ニンジンのグラッセ

≪午後≫

帰宅後は、機嫌よく過ごす。

午後3時ごろ補食:赤ちゃんせんべいと麦茶

お昼寝後、午後18時ごろ夕食:野菜あんかけごはんと麦茶

≪夜間:夜9時≫

双子①→寝るまでに1時間半泣き続けた

双子②→寝るまでに1時間泣き続けた

第1子→このうるさい中、普通に寝た!

私→双子が寝るまでひたすら添い寝。

≪夜間:夜中1時半≫

双子①→ミルクが欲しくて起きて泣く。でも、10分くらいで寝る。

双子②→双子①に起こされミルクが欲しくなり泣く。でも、10分くらいで寝る。

第1子→双子①も双子②のことも気にせず寝ていた。

私→双子が寝るまでひたすら添い寝。

≪夜間:朝方4時ごろ≫

双子①→双子②に起こされミルクが欲しくなり泣く。でも、10分くらいで寝る。

双子②→ミルクが欲しくて起きて泣く。でも、10分くらいで寝る。

第1子→双子①も双子②のことも気にせず寝ていた。

私→双子が寝るまでひたすら添い寝。


★ミルク卒業1日目の感想★

日中は、「もうミルクはバイバイだじ。」とは言ってたものの、双子は実感がなく、機嫌がよかった。

夜寝るときの号泣はすごかったけど、覚悟してたので乗りきれた。双子なので音量はすごい!

虐待で通報されないか、ヒヤヒヤした。


2日目

≪午前中≫

朝一度起きたものの、、双子①も双子②も前日泣きすぎたようでまた寝る。

その後、起きてぐずぐず。

朝食:うどん

かなりぐずぐずだったけど、がんばって食べさせる。お腹いっぱいになってもまたグズグズ。

添い寝すると双子①も双子②もお昼寝。

≪午後≫

昼食:鶏雑炊

第1子の習い事に行く。双子①はここでもしばらくすると眠くなりおんぶで入眠。

双子②はそこまでぐずらず過ごす。

夕方帰宅すると、双子①も双子②も時折ぐずる。

夕食:混ぜごはん

双子②は少し早めの時間に添い寝で10分くらいで寝る。

双子①はいつもの時間に20分ほどギャン泣きして寝る。

≪夜間:夜中1時半≫

双子①→ミルクが欲しくて起きて泣く。マグマグでお茶を飲むと、10分くらいで寝る。

双子②→双子①に起こされミルクが欲しくなり泣く。こちらもマグマグでお茶を飲むと、10分くらいで寝る。

第1子→双子①も双子②のことも気にせず寝ていた。

私→双子が寝るまでひたすら添い寝。

≪夜間:朝方4時ごろ≫

双子①→ミルクが欲しくなり泣く。でも、マグマグでお茶を飲むと、10分くらいで寝る。

双子②→ミルクが欲しくて起きて泣く。こちらもマグマグでお茶を飲むと、10分くらいで寝る。

第1子→双子①も双子②のことも気にせず寝ていた。

私→双子が寝るまでひたすら添い寝。


★ミルク卒業2日目の感想★

こちらも寝不足だったけど、双子①も双子②も午前中寝てくらたので体力的にはなんとかなった。


3日目

≪午前中≫

いつもの時間に双子①と双子②、共に起きる。

すぐにお茶を飲ませる。

朝食:食パン半分と麦茶

※双子②はあまり食べない。

朝食後は、第1子を送りがてら散歩に。

双子②は途中お昼寝。双子①はミルクが欲しくて泣くものの、マグマグでお茶を飲ませつつなだめていたらお昼寝。

双子①はすぐ起きる。双子②はしばらく寝ていた。

起床後もおおむねご機嫌に過ごす。

補色:食パン

≪午後≫

昼食:五目あんかけごはん

来客があるものの、双子①はぐずり続ける。

抱っこしていると双子①が眠る。その後、双子②を抱っこすると双子②も眠る。

補食:赤ちゃんのおやつ

第1子お迎え後、お風呂の後夕食。

夕食:うどん

夜、双子①が早い時間に添い寝で眠る。

双子②も添い寝でいつもの時間に眠る。

ほとんど泣かなかった。

≪夜間:夜中1時半≫

双子①→ミルクが欲しくて起きて泣く。マグマグでお茶を飲むと、すぐ寝る。

双子②→こちらもマグマグでお茶を飲むと、すぐ寝る。

第1子→双子①も双子②のことも気にせず寝ていた。

私→双子が寝るまで添い寝。

≪夜間:朝方4時ごろ≫

双子①→ミルクが欲しくなり泣く。でも、マグマグでお水を飲むと、すぐ寝る。

双子②→起きなかった!

第1子→双子①も双子②のことも気にせず寝ていた。

私→そのまま起床。


★ミルク卒業3日目の感想★

お友達が遊びにきて、ぐずると抱っこしてくらたりしたので、なんとかかんとか過ごせた。

お友達がくるまでの掃除中もそこまで愚図らなかった。

双子①が1日中お菓子を食べていたような気がして、。翌日からは、三食をめいっぱい食べさせ、ある程度規則正しくしようと決意。


4日目

≪午前中≫

双子①も双子②もいつもの時間に起床。

双子①は、朝からもりもりごはんを食べる。双子②は眠そうでお布団でゴロゴロ。

朝食:塩むすび

午前中双子を一時保育に預ける。

≪一時保育では≫

双子②はニコニコで過ごす。離乳食は半分食べる。

双子①はグズグスで過ごす。離乳食は間食する。

≪午後≫

双子①はひたすらグズグズ。

双子②は、お昼寝。

補食:赤ちゃんせんべいと麦茶

第1子のお迎えのためベビーカーに乗ると双子①も双子②もご機嫌。

午後6時ごろ夕飯。双子①も双子②もよく食べる。

夕食:赤ちゃんそうめんと野菜とお肉のあんかけ

双子①は、午後7時ごろ添い寝で就寝。

双子①就寝後用事をしている間中、双子②はグズグズ。

双子②は、午後8時ごろ添い寝で就寝。その後、私も第1子も就寝。

≪夜間:夜中12時≫

双子①→一度起きるが、マグマグでお水を飲むとすぐ寝る。

双子②→一度起きるが、マグマグでお水を飲むとすぐ寝る。

第1子→双子①も双子②のことも気にせず寝ていた。

私→双子が寝るまで添い寝。

≪夜間:朝方3時半ごろ≫

双子①→一度起きるが、マグマグでお水を飲むとすぐ寝る。

双子②→一度起きるが、マグマグでお水を飲むとすぐ寝る。

第1子→双子①も双子②のことも気にせず寝ていた。

私→そのまま起床。


★ミルク卒業4日目の感想★

この日は双子①はほとんどオモチャで遊んだりハイハイやつかまり立ちをせず、私を追いかけてはぐずっていた。

精神的にはこの日が一番きつかった。

第1子と「ミルクバイバイしてすごいね。」と言い続けた。


5日目

≪午前中≫

双子①、双子②共にいつもの時間に起床。

双子①は起きた瞬間から号泣。双子②は、ゴロゴロ。

第1子にごはんを出して、午前7時半に双子に朝食。

双子①はものすごく食べる。夜中のミルクの習慣からか、起床までに腹ペコの模様。双子②は、ほんの少し食べる。

朝食:塩むすび、玉ねぎと人参のお味噌汁

その後は、オモチャをわんさか出してグズグズを少し回避。

第1子を保育園に送ってそのまま散歩。2人ともうたた寝。

午前10時に補食:ヨーグルトとバナナ。2人ともよく食べる。

午前11時に帰宅。前日よりは少しグズグズせずに遊ぶ。でも、ぐずぐずしてくる。

≪午後≫

お昼の12時に昼食:納豆ごはんをあげるが不評。食パンをあげると2人ともよく食べる。

食べさせた後、お昼寝をさせる。

第1子の習い事に同行。習い事を見守りつつ15時ごろおやつ(補食)。

補食:赤ちゃんせんべいと麦茶

双子①は、たくさん食べて、「もう終わり。ごちそう様!」というとギャン泣き。双子②は、ほとんど食べない。

お買い物をして18時ごろ帰宅。すぐ晩御飯。

晩御飯:鮭のほぐし身と野菜のあんかけとごはん

双子①たくさん食べる。双子②すぐ寝ころぶので、バンボに座らせて食べさせる。

お風呂後は、双子②は眠くなってすぐ寝る。

双子①が突然ご機嫌に過ごす。

眠る前もほとんど泣かずに寝る。

≪夜間≫

双子①→朝4時半まで起きなかった!そして、お水を飲んだらまた7時ごろまで寝る。

双子②→夜中1時ごろに一度起きたが、お水を飲んで朝7時半ごろまで寝る。一度起きるが、マグマグでお水を飲むとすぐ寝る。


★ミルク卒業5日目の感想★

こちらの疲労感も半端なくなってきました。しかし、お風呂の後、双子①が久しぶりにご機嫌になったのが印象的でした。

第1子も「ひさしぶりに笑ってる!!」と言っていました。

なんにしても動じない第1子に感謝です。


6日目

≪午前中≫

双子①7時、双子②7時半に起床。

機嫌は微妙なぐずり。

朝食:食パン半分、カボチャとさつまいものペースト、ヨーグルト80g

よく食べる・・・・。

双子①は食べ終わると「もっとくれ!!」と泣くので、盛大におもちゃをひっくり返して気分を変えさせる。

第1子の送りまで、まずまずの機嫌で過ごし、送り後は、買い物や所要を済ます。

途中、午前10時ごろ、双子①と双子②に午前の捕食として、バナナをあげる。

11時ごろ帰宅。双子①の機嫌爆発。のけぞって泣く、叫ぶで手が付けられない。

気分を変えるために掃除機をかける(双子①は掃除機が好き)。

≪午後≫

双子①の機嫌が掃除機でよくなったので、お昼の12時に昼食。

昼食:ホワイトシチューをかけたごはん2人ともよく食べる。

食べさせた後、おおむね双子①も双子②も機嫌が良い。

14時ごろ、2人共添い寝でお昼寝させる。

お昼寝後、ばぁば登場。双子①と双子②が喜ぶ。

第1子帰宅後お風呂に入って夕食。

夕食:栗ごはん、煮物の食べられる野菜

情緒不安定があるものの、少し機嫌の良い時間が増えてくる。

夜は、①と双子②、ともに添い寝で割とすぐ寝る。

≪夜間≫

双子①は朝まで一回も起きずに寝る。

双子②は、夜中に一回水を飲んで、すぐ寝る。


★ミルク卒業6日目の感想★

やっと明るい兆しが見えてきた日でした。

しかし、翌日の双子連れの第1子の運動会のことで頭がいっぱいでややてんぱってました。


7日目

≪午前中≫

朝食:食パン半分、ニンジンのペースト、ヨーグルト80g

朝から第1子の運動会。双子はずっと抱っこやおんぶ。

午前10時ごろ、2人で1本バナナを食べる。
なくなるともっと欲しくて泣くので、またおんぶ。

≪午後≫
園庭でみんなで昼食。

双子①は大人のおにぎり1個半を食べる。

双子②は充分食べきれず終了した模様(私があげていない)。

運動会から帰宅。

双子②は空腹を訴えて、ギャン泣き。

双子ともども、補食を食べて落ち着く。

補食:安穏芋半分ずつ

運動会に行ったりと少し慣れない環境だったため、機嫌の悪い時間が続く。

≪夜間≫

夜9時ごろ、双子ともどもほとんど愚図らずに寝る。

双子①は朝まで寝る。

双子②は空腹になったようで、5時台からぐずぐず言い出す。


★ミルク卒業7日目の感想★

この日は第1子の運動会。主人は場所取り、ばぁばはお弁当作り、じぃじは第1子をたくさん褒めるてくれた。

たくさん協力してもらって乗りきれたことに感謝。

双子はいつもと違った一日だったので、機嫌悪いことは仕方無いかなぁと思いました。

ただ、双子②はミルク卒業後、ウンチが少しつずしか出なかったけど、この日からようやくまとまったウンチができるようになって安心した(双子①は、最初からある程度まとめて出てました。)


8日目

≪午前中≫

朝7時ごろ朝食:食パン半分、ほうれん草のペースト、ヨーグルト80g、牛乳

双子ともども、食べきりが悪い!

こちらもウンチの状態を見つつ、食事の量を考えているので、欲しがるだけはあげないけど、結構な量をあげてるのに、「もっとくれ」と泣く。

しばらく泣いたら、遊びはじめ、おおむね機嫌良し。

午前10時 補食:バナナ半分ずつ

やはり食べきりが悪く泣くけど、その後はまずまずの機嫌

≪午後≫
お昼寝

午後13時ごろ昼食:大人の一口大のおにぎり、大根と豚肉のあんかけをかけたうどん

もちろん完食して泣く。機嫌が直った後は、まずまずの機嫌で過ごす。

午後15時半ごろ 補食:安穏芋 半分ずつ

双子②は食べた後、おとなしくお昼寝。双子①は起き続ける。

お風呂後、18時ごろ夕食:カブの葉っぱをまぶしたおにぎり大人の一口大2つ、レバーと野菜の煮込み、巨峰、柿

もちろん完食して泣く。機嫌が直った後は、まずまずの機嫌で過ごす。

≪夜間≫
21時ごろ 双子①は愚図らず入眠。

双子②は愚図るものの、ほどなく入眠。

双子①朝まで眠る。

双子②一回お水を飲んで朝まで寝る。


★ミルク卒業8日目の感想★

食事3回と補食2回の計5回の食事の量もだいたいわかり、食べきりの悪さもわかり、しばらく泣いたらご機嫌に過ごすようになり、ようやくミルク卒業(断乳)後の生活ができあがった。

さいごに

ミルク卒業(断乳)からグズリがなくなるまでは8日間かかりました。

そしてこの間意識したことは、

  • 双子の規則正しい食事(三回の食事と補食(おやつ)2回)
  • 食べる量(夜中腹ペコで起きない量)
  • 便の状態

でした。

8日間でなんとか食事の量とペースができあがり、双子も機嫌よく過ごせるようになりました。

今は、バンボにそれぞれを座らせて食事を食べさせていますが、ダイニングテーブルで一緒に食事をとれる椅子を注文したので、みんな一緒に食卓を囲めるのを目標にやっていこうと思います。

この8日間は、自分たちの食事はかなり手抜きだったので、こちらもなんとかしたいです。でも、体力には限界があるので、ぼちぼちやっていきます。

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村