2018/01/22

未熟児でも学資保険に入れる!医療保険は加入の必要無し!これで未熟児ちゃんの保険の不安を解消!

未熟児は保険に加入できない!?

前回の記事でも書きましたが、ネットの書き込み等で「未熟児」ゆえに保険への加入を断られて、傷ついたり、戸惑ったりしているパパやママがいることを知りました。

我が子も極低体重児として生まれました。そして、最近、この子の教育資金を貯めるにあたり、保険への加入を検討しました。

そこで、今回は、私なりに未熟児として生まれた我が子の保険に対して出した結論を書きます。

もし、お子さんが未熟児として生まれてきて、保険の加入等で戸惑っている方のお役に立てれば嬉しいです。

未熟児だけでなく子供に医療保険は必要無いと思う

以前記事(未熟児は保険に加入できない!?未熟児でも加入できる保険は!?そもそも子供に医療保険は必要??)にしましたが、子供の医療費に対する助成(医療費の支払いを助けてくれる)はかなり充実しています。

これは、生まれてすぐにNICUに入院した経験を持つ未熟児の赤ちゃんのパパやママでしたら、支払った入院費で実感されているのではないでしょうか。

おおよそ、NICU(又はGCU)の入院費は、未熟児養育医療又はマル乳制度が適用されて入院費の自己負担額がかなり軽減されます(実際に我が子がNICUに入院した時の支払った医療費の明細はこちらです→NICUの入院費に必要だったお金(未熟児養育医療制度を利用))。このように、子供達が病気や入院が必要になった場合、さらには、難病にかかった場合には様々な助成制度があります。

そのため、私は、お子さんが18歳未満の場合には、わざわざ民間の医療保険に加入する必要は無いと考えます。

子供達の医療費の助成制度については、上の記事に詳しく書いているのでよろしければご覧ください。

「学資保険」は未熟児の赤ちゃんもほとんどの保険会社で掛けられる

実は、保険に加入するのはパパかママ

赤ちゃんが生まれると、お子さんの将来の教育資金を考えて、「学資保険」を検討される方はとても多いと思います。「学資保険」というのは、将来、お子さんがまとまった教育費(高校や大学の学費)が必要なときのために、お子さんが小さいうちからコツコツお金を貯めていく保険です。

ただ、この「学資保険」は、受け取り人はお子さんですが、保険に加入するのは、パパかママです。

そのため、保険に加入するときのパパやママの健康状態が保険の加入に影響することはありますが、お子さんが未熟児であったかどうかについてはほとんどの保険会社で問題になりません

返戻率が高くて人気の「アフラック」「フコク生命」「ソニー生命」でもお子さんが未熟児であったかどうかについては問題にされません

かんぽ生命(郵便局の保険)だけはダメ

ただ、「かんぽ生命」は、補償の内容の違いから、保険に加入する1年以内にお子さんに入院した経験があると、「学資保険」に加入できません

「かんぽ生命」を検討されている方は、退院から1年経ったタイミングで加入手続きをとった方が良いかもしれません。

今は学資保険もいろいろ

「学資保険」は少しまでは解約払戻金(今まで貯めてきたお金)を受け取る時期は、だいたい高校や大学の入学時期に設定し、その時期に受け取らなければならないものが主流でした。

しかし、今は、解約時期を自由に選べて、高校や大学の入学時期にお金を受け取る必要がなければ、解約せずにそのまま契約を続けて、その後の解約時にはさらに高い返戻率での解約金を受け取れる「学資保険」も出ています

いろいろ検討してみると良いと思います。

未熟児で生まれた我が子の「保険」問題は解決

私は、このような考え方で未熟児で生まれた我が子の「保険」の加入については何も心配していません。

ただ、まだ「学資保険」が加入手続き完了とまでいっていないので、加入する私かパパの健康状態が問題にならなければ・・・ですが・・・。

とりあえず、気になる「学資保険」のプランのある保険会社さんに電話するときは、念のため、お子さんの出産後の入院のお話をしてから資料はもらった方が良いかと思います。申込み手続きを始めてから断られると嫌な気持ちになりますからね。


★自分でも調べましたが、結局、「保険のマンモス」さんに相談★

「学資保険」については、自分でも調べましたが。

だんだん、

  • 将来、子供にどれくらいの教育費が必要なのか?
  • 払戻率の高いところはどこか?本当にここで良いのか?
  • 「学資保険」を一括払い込みにした方がどれくらい得なのか?お得ならば、無理してでもお金をかき集めた方がいいのか?

等、疑問がつきなくなり、さらには、我が家のお金の管理も気になり始めて、結局、「保険のマンモス」さんから紹介して頂いたFPさんに相談中です。

現在、2回の面談が終わり、だいたいどこの「学資保険」にするかまでは決まりました。あとは、我が家は双子なので、戻ってくるお金を多くするために(返戻率を高くするために)、双子のうちの一方の「学資保険」を「一括払込」にするかどうか等かなり詰めたやり取りをメールでしています。

さらに、「学資保険」とは関係ないですが、内容が重複していると指摘された私が加入していた「医療保険」については、解約手続きをしました。これで、一か月約5000円が節約できます。

「保険のマンモス」さんへの申込みや面談の様子については、こちらの記事をご覧ください。

  1. 双子出産で保険を再検討。「保険のマンモス」さんに保険の見直しを依頼しました!!
  2. 双子出産で保険の再検討。「保険マンモス」さんとの1回目の面談
  3. 双子出産で保険の再検討。「保険のマンモス」さんと2回目の面談
  4. 双子出産で保険の再検討。「保険マンモス」さんからメールで保険プランの提案。

「保険のマンモス」さんでの保険の相談に興味のある方は、こちらから申込みができます。


「保険マンモス」さんの相談は、私は双子がいるので家に来てもらいましたが、喫茶店等でも可能です。

また、提案してもらったプランに納得いかなかった場合には、加入しなくても大丈夫です。また、強引な勧誘もらいません。安心して相談して下さい。


★家に来てもらうよりお店で相談したい方★

家に来てもらって保険の相談をするより、お店で相談したいという方は、こちらでお店を探して予約することができます。

こちらから、お住まいの地域にある保険ショップを探して相談してみてください。



↓クリックするとカテゴリの上位ランキングが表示されます。

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村