2018/01/22

双子育児はお金がかかる!双子を育てるために必要なお金のやりくりを考えてみました。

双子を1年間育てて必要だったお金

双子を妊娠出産された皆さん、おめでとうございます。

双子を妊娠した時の「不安」から「双子を育てるためのお金の不安」は切っても切り離せないと思います。

きっと、皆さん、双子育児にあたって「これからお金がたくさん必要になる~。」と思いますよね。そして、「できるかぎり節約しよー。」と思うと思います。

これは、前回の記事にも出していますが、これは、双子育児1年間にかかったお金75万円の内訳です。

双子1年間円グラフ

これは、前回の記事にも出していますが、双子育児1年間にかかったお金75万円の内訳です。

双子育児で抑えられない出費

「双子のためにも無駄遣いしない!」とがんばるのは大切なことだと思います。しかし、あまり「節約」に重点を置いてしまうと、お金を使うことがストレスになってきたりします。

生きていくにはお金が必要です。育児でも「必ず必要なお金」=「抑えられない出費」というのがあります。

上のグラフで見ると、

  • ミルク関係
  • オムツ・おしりふき
  • 予防接種
  • 入院費
  • 光熱費アップ
  • シッター・タクシー・(一時保育)

こんな感じです。双子1年間育てるのにかかったお金の大部分を占めていますよね。

これらの出費は赤ちゃんの成長や他の兄弟の生活に必要なものなので、削れません。そのため、これらのものにお金がかかるのは仕方のないことです。これらのお金を支払うときは、ストレスを感じないで下さいね。むしろ、「良く頑張って支払ってる!!」と自分をほめて下さい。

抑えられない出費を最小限にする方法

これらの出費は抑えることはできません。かかって当然の育児費用です。それでも、これらの「抑えられない出費」を最小限にする方法があります。

守るルールは、

  • 必要なものはできる限り安く買う
  • 必要なものは同じショッピングサイト等で購入してポイントを貯める
  • 必要なものの支払いは同じクレジットカードを利用してポイントを貯める

これだけ?という感じかもしれませんが、塵も積もれば山となるです。

ミルク関係の出費を最小限にするためにルールを適用

双子を育てるにあたって、ミルク、水、哺乳瓶の洗浄錠剤等に年間約25.5万円かかりました。凄い金額ですね・・・。

母乳だったらと思わずにいられませんが、それは考えないことにしました。双子を母乳で育てている人もいるけど、難しい場合も多いです。赤ちゃん1人でもママの体調や環境、赤ちゃんの体調や環境、いろんな要因で無理な場合もあります。自分を責めるのはやめておきましょう^^

話がそれましたが・・・ミルク関係のものを買う時には、

  • ミルクは8缶セットで購入。1缶あたりの費用を安価にする。
  • 同じショッピングサイトで購入してポイントを貯める
  • 同じクレジットカードで購入してクレジットカードのポイントを貯める

というルールを守っていました。

ミルクのまとめ買いルールの効果

ミルクはまとめ買いで1缶あたり、80円ほど安く買えます。これが10缶になると800円。50缶になると4000円の差が出ます。

我が家は1か月平均8缶は消費していたので、年間で8缶×12カ月=96缶です。

1缶ずつ買っていた場合と比べると7680円安くなります。

いつも楽天市場(同じショッピングサイト)で購入のルールの効果

我が家の場合、ミルクは「ほほえみ」を購入していました。その場合、「ほほえみ」8缶を楽天市場でまとめ買いするのが一番安価でした。そのため、常に、購入は楽天市場と決めていました。

楽天市場は、通常、100円のお買い物につき1円分のポイントが貯まります。

ミルク8缶が約16400円なので、1回のお買い物で164円分のポイントが貯まります。

この方法で1か月に1回、12カ月連続、ミルクを購入すると、1年間で164円×12=1968円分のポイントが貯まりますおおよそミルク1缶分のポイントが貯まります!

いつも楽天カード(同じクレジットカード)を利用のルールの効果

私のメインカードは楽天カードです。理由は、年会費無料なのと楽天市場の利用頻度が異常に高いからです。

楽天カードでお買い物をすると、通常で100円のお買い物につき1ポイント貯まります。

そのため、1か月あたり8缶16400円のミルクを消費するとして、1年間このミルク代をクレジットカードでカードで支払うと、1年間で164円×12=1968円分のポイントが貯まります。おおよそミルク1缶分のポイントが貯まります!


つまり、1年間楽天市場でミルクを購入し、楽天カードでミルク代を支払っていると、800グラムのミルク2缶が無料でもらえるということです。

本当に塵も積もればかもしれませんが、ミルク2缶を無料でもらえるなんて嬉しいことですよね!

入院費、予防接種、光熱費の支払いも可能であればクレジットカード

最近、病院でもクレジット決済が可能な病院が増えてきています。そのため、可能なところではクレジットカードで払いましょう。

赤ちゃんの入院費は、助成を使っても万単位になることが多いですよね。1万円の医療費を還元率1%のクレジットカードで支払うと100円分のポイントが貯まります。2万円であれば200円分のポイントが貯まります。

光熱費も可能であればクレジットカード払いにしておきましょう。光熱費は、年間にすると10万円以上支払っているお家も多いのではないでしょうか。10万円をクレジット払いにすると、1000円分のポイントが貯まります。必要なものを購入するときに、1000円分をポイントで支払えればかなり大きいですよね。しかも、光熱費は生きている限り支払い続ける費用なので、クレジットカード払いにするか否かでポイントの貯まり方がかなり違います。

双子育児で抑えられる出費

一方、双子育児で「抑えらえる出費」は、上のグラフでいうと

  • 被服費
  • その他に含まれるオモチャ代

くらいだと思います。私も結構抑えた(つもり)ので、全体に対するパーセンテージは低いと思います。

ただ、この2つくらいしかないとはいえ、この部分の出費は散財しだすとキリがない出費だと思います。できるだけ抑えていきましょう。そのため、ここでは、「抑えられる出費」をできるだけ抑えるコツを考えました。

可愛い赤ちゃんの服だけど、本当に必要なときに購入

赤ちゃんのお洋服って見てるととても可愛いんですよね。ついつい買いたくなる気持ちとてもわかります。でも、実は、1歳までで、さらに、「双子」となるとあまりお出かけしないんですよ。

我が家は第1子の送迎があるので、一応、1日2回外には出ます。それでも、その時は、ぱぱっと着させた服装です。本当にお洒落して出かける機会って一歳未満だととても少ないと思います。

そのため、赤ちゃんの洋服は本当に必要なときに買いましょう。

洋服が一番リサイクル品がある

上で書いた「抑えられない出費」は消耗品がほとんどで残りません。しかし、洋服はサイズアウトしても残ります。そのため、お洋服はリサイクル品や頂ける機会も多いと思います。ありがたく頂戴して、活用させて頂きましょう。

オモチャはバザーが一番お買い得

オモチャもリサイクルショップ等で良く販売されています。これも普通にお店で購入することを思えば、出費を抑えられますよね。

しかし、私の経験で一番オモチャをお得に買えると思ったのは、幼稚園や公民館で行われるバザーです。

バザーで出されているオモチャってとても綺麗なのに非常に安価な場合が多いです。バザーのお知らせ等を見かけたら、お散歩がてら顔を出してみてください。

双子育児に必要なお金の具体的なやりくり方法

上の方法を(だいたい)実行しても、私の場合約75万円かかったわけです。つまり、双子がやってくると、双子を育てるのに1か月あたり約6.3万円必要になります(ミルク育児前提になってしまってますが、私がそうだったので、すいません)。

現在の家計を考えて、1か月あたり約6.3万円の生活費が上昇しても「大丈夫!!」という方は、上の方法を実行して、安心して双子育児に臨んで下さい^^


一方、約6.3万円も家計から捻出できない!どうしよう!?という方も、やりくりの方法を考えましょう。

  1. 双子に支給される1か月3万円の児童手当を活用
  2. 出産祝い等の頂戴した「お祝い」を活用
  3. 医療費控除受け取る還付金を活用
  4. 不要になったマタニティ用品やベビー用品を売る

1.双子に支給される1カ月3万円の児童手当

0歳の赤ちゃんは、1人あたり1か月15000円の児童手当が支給されます。これが、双子だと1か月で3万円支給されます。

これで、約6.3万円のうちの半分をやりくりすることができます。

2.出産祝い等のお祝い金

「出産祝い」「初節句」等でお祝いをお金で頂くことがあると思います。頂いたお金をしっかり貯金しておきましょう。

そして、予防接種等のまとまったお金が必要なときに活用させて頂きましょう。ロタウィルスの予防接種は1回3万円(世界一高い予防接種らしい)です・・・。双子だともちろん2倍です。

3.医療費控除で還付金を受け取る

妊娠、出産した年はたくさんの医療費を支払っていると思います。年間の医療費が10万円を超えた場合には、医療費控除を受けるために確定申告をして、還付金(払い過ぎている税金)を受け取りましょう。

双子ちゃんを妊娠している場合は、ママが出産前に管理する場合が多いです。また、双子ちゃんは、生まれた後、NICU等に入院する場合も多いです。我が家も両方経験しています。

これらの医療費を全て合わせて医療費控除を受けましょう。

4.不要になったマタニティ用品やベビー服を売りに出す

これは、特に「ヤフオク」での話になってしまいますが、マタニティ用品の需要がかなりあります。

皆さん、やはり短い間しか使わないものなので、あまりお金をかけずに準備したい方が多いようです。そのため、通常のリサイクルショップ等ではほとんどマタニティウェアは買い取ってもらえないと思うのですが、「ヤフオク」では割と良い値段で落札されます。

マタニティパジャマ等をまとめ売りしても良いと思います。次の出産を考えていない方は、手放して育児資金にしてしまいましょう。私も管理入院中のパジャマやマタニティウェアを全て「ヤフオク」に出品しました。

ベビー用品やベビー服も同じ理由で割と良く売れます。こちらも育児の合間をぬって「ヤフオク」で出品して育児資金にしましょう。

双子育児にかかるお金なんとかなりそうじゃないですか?

こうやって考えていくと、「双子にまつわる不安」のうちの「双子育児のお金の不安」は少し軽くなりませんか?なんとかやっていけそうな感じがしてきませんか?

確かに双子は同時にお金がかかるのが大変だと思います。我が家もまだまだこれから「高校入学」や「大学入学」といったときに大金が必要になるのだと思います。

それでも少しずつこうやってやりくりの方法を考えていけば、なんとかなるんじゃないかなぁと思います。

そして、こうやって考えていった上で、育児又は子育て資金が不足しそうな場合には、家計全体で無駄がないかを見直したり、世帯収入を増やす方法を考えていくのが良いと思います。

日々試行錯誤ですが、がんばります。


★我が家は毎月支払っている「保険料の無駄」をなくすために「保険マンモス」さんに相談中★

「保険料」は毎月支払う費用なので、無駄な部分は省いてできるだけ安価に抑えていきたいと思っていました。

そのため、現在、我が家は、保険料の無駄をなくすために、双子妊娠発覚時から不安のつきない我が家の家計診断も含めて、「保険のマンモス」さんから紹介して頂いたFPさんに相談中です。

現在、2回の面談が終わり、掛け変える保険会社や解約する保険会社は決まりました。内容が重複していると指摘された「医療保険」の1社については、解約手続きをしました。これで、一か月約5000円が節約できました。

「保険のマンモス」さんへの申込みや面談の様子については、こちらの記事をご覧ください。

【双子出産で家計の見直し】保険を見直すために相談した「保険マンモス」さんの評価口コミ

「保険マンモス」さんの相談は、私は双子がいるので家に来てもらいましたが、喫茶店等でも可能です。また、提案してもらったプランに納得いかなかった場合には、提案された保険に加入しなくても問題ありません。また、強引な勧誘もらいません。安心して相談して下さい。


★家に来てもらうよりお店で相談したい方★

家に来てもらって保険の相談をするより、お店で相談したいという方は、こちらでお店を探して予約することができます。こちらから、お住まいの地域にある保険ショップを探して相談してみてください。



★ショッピングサイトとクレジットカード★

たくさんポイントを貯めるためには、

  • 楽天市場でお買い物するには楽天カードを使う
  • LOHACOでお買い物をするにはYAHOO!JAPANカードを使う

のがベストです。

私は、基本的に楽天市場でミルク関係、オムツ関係を購入しています。しかし、オムツやミネラルウォーターを急いて頼みたいとき、かさばるトイレットペーパー、ボックスティッシュを購入するときには、LOHACOを利用します。

そのため、楽天市場でのお買い物には楽天カードを使い、LOHACOでのお買い物にはYAHOO!JAPANカードを使っています。育児用品をネット通販で購入するためのクレジットカードとしては、この2枚がベストだと思っています。


★YAHOO!JAPANカード

11月11日までに申し込み、3つのポイントをクリアすると11,111円分のポイントがもらえます!つまり、LOHACOで11,111円分お買い物できます。

★関連記事★出産準備中・育児中に便利なLOHACOのお買い物でTポイントがお得に貯まるYAHOO!JAPANカードに今入会すると11111円分のポイントがもらえます。

パンパースがが沢山買えますね(我が家がパンパース使っているので・・)。LOHACOのパンパースは、近所のドラッグストアより安価です!

 


★楽天カード

私のメインカードです。楽天市場ではもちろん、他の店舗での支払いもこのカードで支払っています。そして、貯まったポイントをまた楽天市場でのお買い物で利用しています。



ミルクは、西松屋VSベビザラス

西松屋とベビザラスがいつも低価格を競ってます!

↓西松屋

↓トイザらス・ベビーザらス

1円でも安い方を買いましょう(笑)

 

↓クリックするとカテゴリの上位ランキングが表示されます。

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村