2018/01/22

ママ服をおしゃれに着こなすルール★ママこそシャツやブラウスを着る!!

「ママ服をおしゃれに着こなすコツ」はじめます

いつもこのブログには、妊娠出産中や育児中に使えれる制度、双子育児のこと、家計管理等を中心に書いていますが、実は、ママになるずっと昔からおしゃれが大好きなんです。

現在は育児中心の生活をしているため、好きな服を何でも着られるとう状況ではなく制約も多いですが、育児中の服→ママ服をおしゃれに着こなすルールを考えてみることにしました。

ママこそシャツやブラウスを着るべき理由

私は、ニットを着る季節までは、トップスにはシャツやブラウスを必ずと言ってよいほどきます。逆に言うとTシャツ一枚だけを着ることは少ないです。

理由は、トップス1枚だけの季節に、トップスをTシャツだけにしておしゃれに見せるのはとても難しいと思うからです。Tシャツは、やはり体のラインが良く出ますよね。スポーツ等で体を鍛えている方なら問題ないと思うのですが、30代後半に突入し、さらに、全然スポーツをしていない私の体は「それなり」です・・・・。その体のラインを拾うような服はできるだけ避けて、服の形状に体のラインを補正してもらう方がおしゃれに見えると思います。

そこで、シャツやブラウスの登場です。シャツやブラウスは、Tシャツに比べて体のラインを拾うことは少なく、その服自身の形状で私の体のラインを出さないようにしてくれます。また、シャツやブラウスの方がTシャツよりも「きちんとした」雰囲気が出ますよね。

どんなシャツやブラウスを選べば良いのか

ただ、いくらシャツやブラウスが良いといっても、ママ服にあまりにもフォーマルなシャツやブラウスはなんとなく浮いてしまいますし、生活しにくいですよね。

では、どんなシャツやブラウスが良いのか考えてみました。

  1. アイロン不要
  2. 洗濯可能な素材
  3. 腕の動きが制約されない
  4. デニムやスウェットパンツとの相性

1.アイロン不要

これは、私の中では絶対条件です。アイロンかける時間も無いですし、「アイロンをかけないといけない。」と思っただけで、その服を着る頻度はものすごく下がります。着ない服を買うほどもったいないことは無いので、アイロン不要の素材のものや皺加工されているシャツを選びます。

ブラウスでも同様で、キュプラ素材等のアイロンをかけなくても綺麗に見えるものを選びます。

アイロン不要となるとどうしても素材に化学繊維が混ざっている場合が多いですが、コットン100%でもシャツの風合いによってはアイロンをかけなくても平気なものが沢山あるので探してみてください。

タンガリーシャツ(デニム生地のシャツ)なんかもノーアイロンでokですね。

さらに、シャツやブラウスの素材について考えると、シャツやブラウスの素材が艶やかな方が、顔を明るく見せてくれます。やはり若いころに比べると顔のハリやツヤは失われて着ますよね。これは、実際に試着してみると良くわかるので、試着してみて、自分の顔が明るく見える素材や色を選んでみてください。

2.洗濯可能な素材

ママ服が洗濯できないなんて致命的です。必ず洗濯できるものにします。ネットに入れてガンガン洗濯します。

3.腕の動きが制約されない

これは、半袖のブラウスに多いと思うのですが、袖口が小さくて腕を動かすと痛い場合があります。ママ服が動きにくいというのも致命的です。

試着したときには、必ず腕をぐるりと回してみる動きと子供を抱き上げる動きはしてみましょう。一回動きにくいと思うと、どんどん着なくなってしまうので、この点も必ず確認しましょう。

4.デニムやスウェットパンツとの相性

これは、あくまでも私の場合になりますが、ママ服には、デニムやスウェットパンツは欠かせません。デニムは昔からよく履いていますが、最近は、スウェットパンツもトレンドアイテムとして良く出ています。スウェットパンツを通勤服として取り入れるのはかなりハードルが高いですが、ママ服だったらとても動きやすいので良いですよね。

そこで、必ず購入するときには、デニムやスウェットパンツと合わせて「カジュアルになり過ぎないか」を見ます。デニムやスウェットパンツを履いていても、少し「きちんとして見える」シャツやブラウスを探します。

可愛いからとTシャツを買わずにシャツやブラウスを買いましょう。

Tシャツのプリントが可愛いとすぐに買いたくなりますよね。私はSNOOPYが大好きなので、某ファストファッションブランドに行くと、可愛いSNOOPYがプリントされているTシャツをすぐに買いたくなります。

でも、よくよく考えたら、30代後半に突入した私は、外でSNOOPYのTシャツを着る機会なんてなかなかありません。また、マネキンが着ていて可愛いと思ったTシャツも自分が着ると体のラインを拾ってイマイチだったりします。Tシャツってお値段的にもとても買いやすいので、ついつい買おうかなぁと思ってしまうと思います。

しかし、それよりも「これなら毎日でも着たい!!」と思えるお手入れ楽ちんなシャツやブラウスを見つけてママ服にしてみてください。

Tシャツに比べたら高いですが、枚数は要りません。

ちなみに私の持っているシャツは、

  • 白の皺加工シャツ
  • ストライプのシャツ
  • 少し地厚な黒っぽいシャツ

の3枚です。この3枚のシャツをデニムやスウェットパンツに合わせたり、帽子をかぶったりベストを着て雰囲気を変えて毎日のように着ています。

買ったらボロボロになるまで毎日のように着ましょう

よく「10年ものの服」とか耳にしますが、10年も経てば、流行も変わるし、体型も変わるし、自分の気持ちも変わります。

なので、私は、買った服は、大事にしまっておいたりせずに、大事に毎日のように着ます。着ては洗濯し、洗濯しては着てを繰り返します。その服を好きな期間にとことん楽しみます。そして、ボロボロになるまで着たら惜しみなく「ありがとう。」と捨てられますし、家に服が貯まっていくということがなくなります。


★実際に選ぶとしたら・・・・

今、私の持っているシャツは3枚とも↓のような襟つきのシャツなので、こんなラウンドネックで少しだけフェミニンなものをワードローブに加えたいです。このブラウスだと上から前開きのカーディガンを羽織れると思うので、長いシーズン着られるかなぁと思います。形がとてもきれいなので、デニムやスウェットと合わせてもカジュアルになりすぎに着られそうですよね。

襟付きシャツだとこんな感じのものが活躍してくれます。アイロン不要でOKですし、ガンガン洗濯できます。形もシンプルなので、この上からニットやカーディガンを羽織れるので、これも長いシーズン着られますよね。袖口をまくって手首を出すと、もっとスッキリした感じになると思います。

↓クリックするとカテゴリの上位ランキングが表示されます。

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村