2018/01/22

保険選びでもう2度と後悔したくない!!セカンドオピニオンで「みんなの生命保険アドバイザー」さんにも相談。

私は、双子妊娠発覚から、今後必要になってくるお金のことが心配になり、出産後、「保険マンモス」さんの保険無料相談に申し込み、紹介して頂いたFPさんに家計診断・ライフプランの作成・保険の見直しプランを立て頂きました。

「保険マンモス」さん紹介のFPさんの家計診断・ライフプラン・保険の見直しについては、こちらの記事に詳しく書いています。

#「【双子出産で家計の見直し】保険を見直すために相談した「保険マンモス」さんの評価口コミ

「保険マンモス」さん紹介のFPさんとずっと保険の再検討と続けてきたと同時に、FPさんにおすすめされた保険プランを主人にも見せていました。

そのときに、主人から「もう1人くらい相談してみた方が良いんじゃない?」と言われました。

2.セカンドオピニオンを求めた2つの理由

money_fly_yen

「保険マンモス」さんの紹介のFPさんとはかなり丁寧に面談を進めてきました。

正直、それをまた1から別の人に相談し直すのかぁとかなり気が重かったのですが・・・。

私を保険相談のセカンドオピニオンに奮い立たせた2つの理由があります。

それは、この2つの理由です。

  1. 今度こそ保険選びで後悔したくないという思い
  2. 某保険会社所属のFPさんへの不信感

1.今度こそ保険選びで後悔したくないという思い

保険料は、毎月、毎月、一定期間、保険料を支払い続けます。

しかも、その一定期間は、長期に渡るものが多く、中には、一生涯払い続けるものもあります。

トータルで支払うお金は本当に莫大です。

過去記事「保険マンモスさん紹介のFPさんからメール:内容は、トータルの保険料が9300円下がる保険プランの提案!」にも書いていますが、私は、67万2,000円ものお金を納得のいかない保険に支払っていたことに今更ながら気づきました・・・。

今度こそ失敗しないためにも、「保険は高い買い物!!」ということを肝に銘じて、慎重に保険を選ばなければ。

そういう意味では、1人ではなく、他の人にも相談すべきだなぁと思いました。

2.某保険会社所属のFPさんへの不信感

我が家は6年前に某保険会社のFPさんに相談して、定期保険や医療保険に加入しました。(上に書いた「納得のいかない保険」もそのうちの1つです・・・)。

6年前は、私も第1子妊娠中だったとはいえ、月3桁に上る残業をしていたので、今の2倍以上のお金を稼いでいました。

しかし、第1子出産後、私の収入は、時短勤務で半分以下。

その収入のままで、双子妊娠からの双子出産で5人家族。

私もお金にはかなりシビヤになってきました。

そんな中、実は、双子出産直後、某保険会社のFPさんから連絡がありました。

私は、某保険会社のFPさんに、

  • 家族が増えたこと
  • 将来の教育費の捻出が不安なこと
  • 現在の保険の支払いがカツカツなので、減らせる部分は減らしたい

と伝えました。

この相談の後、某保険会社所属のFPさんが私におすすめした保険は、月8万円もの貯蓄型の生命保険でした・・・。

いや、無理っす。そんなお金ないっす・・・。

机上の空論で、「月の生活費を〇万円にして下さい」と言われましたが、そんなの無理です。

その金額では、休みの日に家でずっとじーーーとしていなければなりませんという金額でした。

あまりにも現実的でない高額な商品を売りつけようとしていることに、某保険会社のFPさんに不信感がぬぐえなくなりました。

これは、メールでの短いやりとりでしたが、その後、「保険マンモス」さん紹介のFPさんに、私が上で「納得のいかない保険」と書いている6年前に加入した逓減定期について、「高額すぎる。」と指摘されて、ますます某保険会社のFPさんに不信感がぬぐえなくなりました。

ただ、今は不信感がぬぐえないと何度も書き連ねていますが・・・。

6年前は、今まで見たことも聞いたことも無い「ライフプラン」を作ってきてくれて、論理的に「保険」の必要性を解くこの某保険会社のFPさんに全幅の信頼を寄せていました。

やはり一人のFPさんをあっさり信用するのは良くないのかなぁと思い、やはり、主人の言うとおり、セカンドオピニオンを受ようと思いました。

2.「みんなの生命保険アドバイザー」さんに依頼

computer_woman

今回は、どこまで信頼性があるかどうかわからないと思いながらもネットの口コミ等をみて、評価が良かった「みんなの生命保険アドバイザー」さんの保険の無料相談に申込みました。

  • 申込み方法
  • 面談日時の決め方
  • 面談時に用意するもの

等は、だいたい、「保険マンモス」さんと同じでした。

「保険マンモス」さんの無料保険相談に申し込み・面談日時決め・面談時の準備をしたときの記事は、コチラの記事をご覧ください。

「保険のマンモス」さんに保険の見直しを依頼しました!!魅力を感じた理由は?

なお、今回も男性だと双子が泣くので、女性のFPさんをお願いしましが、こちらも快諾して頂けました!

■1つだけ「保険マンモス」さんと違った点あり■

上に、「無料保険相談」の申込み方法、面談日時の決め方、面談時に用意するもは、「保険マンモス」さんとだいたい同じだったと書きましたが、1点だけ大きく違う点がありました。

それは、「みんなの生命保険アドバイザー」のオペレーターさんと電話で面談の日取りを決める段階で、

オペレーターさんに、「どのような保険の相談をご希望ですか?」と聞かたことです。

その問いに対して、「双子が生まれて、双子の今後の教育資金のことや、私たちの医療保険の補償を見直したい。」と答えました。

「承知しました。」と言われましたが・・・・

「学資保険だけのご相談というのは行っていないのですが、大丈夫ですか?」と言われました。

我が家は、医療保険や定期保険についても相談する予定だったので、「大丈夫です。」と答えましたが、

「みんなの生命保険アドバイザー」さんでは、「学資保険だけ」の相談は難しいようなので、事前に確認してみてください。

3.1回目の面談で現在加入の保険についてアドバイス

icon_business_woman11

初めての面談の日、いらっしゃったFPさんは年配の女性のFPさんでした。

もちろんきちんとした方で、今回は、「株式会社アークライフ」所属のFPさんでした。

「保険マンモス」さん紹介のFPさんと違い、現在の我が家の家計状況等を尋ねらることはありませんでした。

早速、現在加入している保険プランにざっと目を通されて、

  1. 私の掛け捨ての逓減定期保険が高い。
  2. 私の掛け捨ての医療保険の条件が悪い。
  3. 双子の教育資金として貯蓄型の終身保険への加入がおすすめ。

とのアドバイスを頂きました。

1.私の掛け捨ての逓減定期の保険料が高い。

私の某保険会社の逓減定期保険の死亡保障額がかなり高額な設定なので、月の保険料も高すぎると指摘されました。

この点は、「保険のマンモスさん」紹介のFPさんからも指摘されました。

要は、誰がどう見ても、身の丈に合ってない保険ということなんですよね・・・。

ただし、保険マンモスさん紹介FPさんとは、掛け替えを勧められた保険の種類が違いました。

この逓減定期保険の代わりとして、私の死亡保障額を800万円くらいに設定し、かつ、双子の将来の教育資金の貯蓄のために、私(妻)が、貯蓄型の終身保険に加入するのはどうか?

といった内容で、

私の死亡保障のための保険と双子の教育資金を貯めるための保険の一本化を勧められました。

2.私の掛け捨ての医療保険の条件が悪い

私が現在加入しているA社の医療保険と親が私のために加入してくれているB社のがん保険に対しては、

  1. A社は、10年の更新ごとに保険料が上がる。
  2. B社は、「がん」に対する補償内容が薄い。

というアドバイスをいただきました。

これも「保険マンモス」さん紹介のFPからのアドバイスと同様の内容です。

3.双子の教育資金として貯蓄型の終身保険への加入がおすすめ

将来子供達に必要な教育資金の額に関するアドバイスも、「保険マンモス」さん紹介のFPさんとは違いました。

「保険マンモス」さん紹介のFPさんは、私が答えた「子供達の希望進路」に沿った教育資金の額を計算して下さいました。

が、今回は、「だいたい皆さん、大学入学に備えて1人のお子さんに対して300万円用意されます。」といったざっくりしたアドバイスを頂き、

我が家の場合、双子の将来の教育資金として、300万円×2=600万円を、双子の大学入学までに準備できるように保険に加入するのが良いといわれました。

具体的には、私の死亡保障額を800万円に設定し、双子が大学入学時に600万円を受け取れる貯蓄型の終身保険を勧められました。

4.「みんなの生命保険アドバイザー」FPさんとの面談の感想

hakusyu_girl1

「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんとの面談を終えての感想は、まだ1回目の面談ですが、「セカンドオピニオン」を受けてよかったと思いました。

理由は、

  1. 私の逓減定期保険は過剰な保険であることが改めて確認できたこと
  2. 医療保険/がん保険の補償内容の薄さを改めて確認できたこと
  3. 教育資金の貯蓄方法が学資保険だけでないこと知れたこと

です。

①私の逓減定期保険・医療保険・がん保険の掛け替え

私の逓減定期保険、医療保険、がん保険についてのアドバイスは、「保険マンモス」さん紹介のFPさんと同様の内容でした。

それを聞いて、それぞれの保険に対する「保険マンモス」さん紹介のFPさんの指摘は間違っていないということを確認出来たので、安心して掛け替えをすすめることができます。

教育資金=学資保険ではないことを知れた

双子の将来の教育費に向けての貯蓄は、当然、学資保険だろうと思っていました。

「保険マンモス」さん紹介のFPさんからも学資保険を提案されていました。

しかし、今回、「みんな生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんから貯蓄型の終身保険を提案され、貯蓄型の終身保険で双子の教育費を貯めるという方法もあることを知りました。

提案頂いた貯蓄型の終身保険について、

  1. 払込完了後の返戻率が高い。
  2. 払込完了後も私の死亡保障は続く。

という2点が魅力的でいした。

1.払込終了後の返戻率が高い。

「学資保険」もそうですが、貯蓄型の保険の魅力は、「払込終了後に、支払ったお金に対して、返ってくるお金がどれくらい増えるか」ですよね。

提案して頂いた保険プランは、満了後(払込終了後)の返戻率が107.1%と高いので、この点は魅力でした。

2.払込終了後も私の死亡保障は続く。

この保険に私の死亡保障を含めると、払込(15年)が無事に終われば、支払ったお金以上のお金を受け取ることができ、かつ、払込終了後はそれ以上保険料を支払わなくても良いのに、私の死亡保障が続きます。

掛捨てだと1円も貯まらないのに対して、これだと払込さえ終われば、保険料が無駄になることはありません。

5.次回は、私の希望も取り入れた具体的な保険プランの提示

seminor_woman

「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんから以上のようなアドバイスを受けて、最後に私の希望を伝えました。

私の希望した内容は、

  1. 医療保険+がん保険の保険に加入したい。
  2. 医療保険には通院補償を含めたい。
  3. できるたけ保険料は安く抑えたい。

といった内容でした。

「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんとの1回目の面談はこの私の希望を伝えて終わりました。

この私の希望を取り入れた具体的な保険プランは、2回目の面談で提示して頂きました。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

「みんなの生命保険アドバイザー」さん2回目面談:死亡保障・双子の教育資金の貯蓄・医療保障を充実させる保険プランを提示!!


みんなの生命保険アドバイザー