2018/01/22

複数の保険の無料相談を受けて学資保険か終身保険かを迷ったときにとった行動

「学資保険」か「終身保険」かで迷っている

ずっと記事にしていますが、「保険マンモス」さん紹介のFPさんと面談を重ねてきて、また、さらに、セカンドオピニオンとして「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんと面談をして、今現在、双子の教育費を「学資保険」で貯めるのか「終身保険」で貯めるのかを迷っています

現況、「保険マンモス」からは、双子の教育資金を「学資保険」で貯めることを提案され、一方、「みんなの生命保険アドバイザー」さんからは、私の死亡保障も兼ねて、「終身保険」に加入することを提案されています。

そこで、今回は、「学資保険」か「終身保険」かを選ぶために、私のとった行動をご紹介します。

①どちらの保険が良いか決められない理由を考える

まず、「学資保険」と「終身保険」のいずれかを選べない理由を考えてみました。

  • 「返戻金」の設定がバラバラ
  • 終身保険の私(妻)の死亡保険金の額に納得していない

その結果、この2つが理由だということがわかりました。

②「返戻金」の設定を揃える行動をとる

保険に加入する理由は、「双子の教育資金のため」です。そのため、この保険で双子教育費をいくら貯めたいのかが重要ですよね。

しかし、「保険マンモス」さんが提案されている双子教育費と「みんなの生命保険アドバイザー」さんが提案されている双子教育費は異なっています。

「保険マンモス」さん提案の双子教育費は、私に双子をどのような進路に進ませたいかを聞き取りをして、算定した金額です。一方、「みんなの生命保険アドバイザー」さん提案の双子教育費は、多くの人が設定する金額に基づいた金額です。

そのため、私は、双子の教育費は、自分のライフプランに合った「保険マンモス」さんの算定した金額を採用したいと思いました。

こうすることで、「学資保険」に加入するにせよ、「終身保険」に加入するにせよ、満期時に受け取りたい返戻金の金額が決まります。

そこで、「みんなの生命保険アドバイザー」さん提案の終身保険の返戻金の金額を、「保険マンモス」さん提案の金額に揃えてもらうことにしました。

③終身保険の私(妻)の死亡保険金額を納得できる金額にする

現在、私は、私に万が一のことがあった場合に、ある程度まとまった死亡保険金を受け取れる掛捨ての生命保険に加入しています。そして、これが掛捨てなのになかなかの高額なんです・・・。

そこで、「保険マンモス」さんは、私に万が一のことがあった場合に、月々〇万円受け取れる掛捨ての生命保険を提案されています。掛け変えですね。でも、掛け変えることで、月の保険料はかなり安くなります。

これに対して、「みんなの生命保険アドバイザー」さんは、双子の教育資金のために加入する「終身保険」に私の「死亡保障」を含めることを提案されています。こうすることで、掛け捨ての生命保険に入る必要がなくなるんですよね。

ただ、「みんなの生命保険アドバイザー」さんの提案された私(妻)の死亡保険金に納得いかない自分がいました。

我が家の場合、収入差はかなりありますが、一応共働きです。そして、私のもらったお給料も生活のために使っています。そのため、私に万が一のことがあったときには、私の生活費等はいらなくなるにせよ、提案された金額では足りないような気がしました。

ただ、この辺も個人の考え方が大きく反映されます。私のように心配症で死亡保険金をある程度の額に設定する人もいれば、本当に万が一の時のことを考えているだけですし、死亡保険金の金額設定を上げると保険料も高くなるので、本当に最低限だけにしておくのが一番だという人もいます。要は、自分自身や家族が納得できるか否かなので、それぞれが納得できる金額を考えれば良いと思います。

とりあえず、我が家の場合は、少し私の死亡保険金の設定が少ないと感じたので、「みんなの生命保険アドバイザー」さんに希望する死亡保険金額を伝えて、これに基づいて「終身保険」を設計してもらうことにしました。

④納得する条件だ揃えば比較するだけ

現在、「みんなの生命保険アドバイザー」さんに①返戻金の設定額と②死亡保険金額の設定額を変更してもらい、「終身保険」を再設計してもらっています。

この再設計してもらった「終身保険」は、返戻金額が「保険マンモス」さん提案の「学資保険」と揃い、「死亡保障額」も納得いく金額になっているはずです。

そうすると、「保険マンモス」さんが提案する

  • 私の高い掛捨ての生命保険を辞めて、安い掛捨ての生命保険に掛け変える。
  • 双子の教育資金のために学資保険に加入する。

のが良いのか、

「みんなの生命保険アドバイザー」さんが提案する

  • 私の高い掛捨ての生命保険を辞める。
  • 死亡保障と教育資金を一本化して終身保険に加入する。

のが良いのかを、保険金の支払額」と「返戻率」で決めることができると思います。

これでいよいよ双子の教育資金のための保険が決められそうです~。


 

★「保険マンモス」さんとの面談時のレポートはこちらの記事をご覧ください。

  1. 双子出産で保険を再検討。「保険のマンモス」さんに保険の見直しを依頼しました!!
  2. 双子出産で保険の再検討。「保険マンモス」さんとの1回目の面談
  3. 双子出産で保険の再検討。「保険のマンモス」さんと2回目の面談
  4. 双子出産で保険の再検討。「保険マンモス」さんからメールで保険プランの提案。

★「みんなの生命保険アドバイザー」さんとの面談時のレポートはこちらの記事をご覧ください。

  1. 双子出産で保険の再検討。セカンドオピニオンで「みんなの生命保険アドバイザー」さんにも相談①

私は、「保険マンモス」さん紹介のFPさん、「みんなの生命保険アドバイザー」紹介のFPさん、どちらのFPさんにも保険の相談をさせて頂きましたが、どちらのFPさんも知識も豊富でこちらの質問や相談に真摯に相談に乗って下さいました。

そのため、どちらも良い会社だと思います。ただ、私が面談をした印象では、

①「家計診断」からじっくり時間をかけて相談したい方は、「保険のマンモス」さんがおすすめです。


私は、現在の我が家の家計状況も心配だったので、こちらの相談に乗ってもらえることがとても有りがたかったです。そして、これからの我が家のライフプランに基づいて、保険の掛け変えや加入の提案をして頂けるので、納得できる保険を提案してもらえます。

ただ、その分、時間はかかります。そこで、

②スピーディーに保険の提案をしてもらいたい方は、「みんなの生命保険アドバイザー」さんがおすすめです。


現在加入している保険の保険証券を見ただけで、さくさく保障の足りない部分や過剰すぎる部分を指摘して下さいました。

そのため、受け取りたい返戻金額が予め決まっている方や保障内容の充実を目的とされる方は、短期間で保険を選ぶことができるのでおすすめです。

③いずれの会社も無理やり保険に勧誘されることはありません。

「保険マンモス」さんも「みんなの生命保険アドバイザー」さんも、いずれの会社も無理やり保険への加入を勧誘されることはありません。そのため、提案された内容に納得できなかった場合には、お断りして問題ありません。

④定期的に補償内容を見直す必要性

今回、いずれのFPさんにも言われたのが、「医療保険の補償内容が古い」ということでした。現在の方が、「医療保険」や「がん保険」は、同じ保険料で補償内容が手厚くなっているそうです。保険にもトレンドがあるんですね。

そのため、「医療保険」や「がん保険」は、5~10年に一度は、補償内容を見直した方が良いんだなぁと実感しました。誰だって、同じ保険料なら保障内容が充実している方が良いですもんね。

ずっと同じ「医療保険」や「がん保険」に加入されている方も、ぜひ、相談してみてください。補償内容がとても充実します。

↓クリックするとカテゴリの上位ランキングが表示されます。

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村