2018/01/22

双子用ベビーカー:phil&teds(フィルアンドテッズ)を半年間使用した感想(口コミ)

 我が家の双子用ベビーカーはphil&teds vibe

我が家は、双子用ベビーカーとしてphil&tedsのVibeをプレゼントしてもらいました。

そして、上の子の保育園の送り迎えがあるので、半年間ほぼ毎日利用しました。

Phil&Tedsのベビーカーは、みなさん、気になっている方多いようで、駅ビル等で押していると、まだ双子用ベビーカーを購入されていない双子ママや年子になる予定の妊娠中のママから、「すいません・・・。そのベビーカーなんですけど・・・。」と声をかけていただくことが多いです。

中には、声をかけて頂いた数か月後にまた駅ビルでお会いしたら、phil&tedsのベビーカーを購入されて双子ちゃんを乗せていた方がいらっしゃいました。

やはりみなさん、実際に使用している人の意見を聞きたいんだなぁと思いました。

そこで、今回は、phil&tedsのベビーカーを双子ベビーカーとして半年間使用した感想(口コミ)を書きます。

phil&tedsのベビーカーの良いところ

  1. 双子用ベビーカーにしてはコンパクト
  2. 機能的
  3. 操作性に優れている

1.双子用ベビーカーにしてはコンパクト

双子用ベビーカーの一番の悩みはその大きさですよね。通常の1人用のベビーカーでも邪魔なのに、2人用となると本当に出かけるのが億劫になります。

その点でいうと、Phil&Tedsのベビーカーは、横並びの双子用ベビーカーに比べても、ただ単に縦に並んでる双子用ベビーカーに比べてもコンパクトです。

また、折りたたんでコンパクトに収納できます。さらに、最近のモデル、phil&tedsのDot2だと折りたたみもより簡単になっています。

ただし、通常の駅の改札は通れません。車椅子の方が駅員さんに声をかけて、駅員さんの横の改札を通してもらっている場合には、自分もそこを通らないといけないと思って下さい。ただ、最近は、車椅子の方が通れる幅の自動改札機を設置している駅もあるので、確認してみてください。うちの場合は、隣駅や三駅先の改札は、車椅子の通れる幅の自動改札機がありますが、最寄駅にはありません・・・。

※余談ですが・・・・

双子用ベビーカーを横並びか縦並びかを迷われてる方で、マンションにお住まいの方は、エレベーターの入口の幅、バリアフリーで通れる通路および入口の幅を必ず確認して下さい。

低層のマンションですと、エレベーターのサイズも小さくなるので、エレベーターの入口の幅が横並びのベビーカーだと通れない場合があります。また、バリアフリーで通れる通路および入口の幅も車椅子がギリギリ通れるサイズで横並びベビーカーだと通れない場合があります。

こういったマンション等にお住まいの方は、歩ける前の双子用ベビーカーは縦並び一択になります!

2.機能的

ベビーカーを押すときにもつバーの高さの調節や赤ちゃんをベビーカーに留めるシートベルトの調節を簡単にすることができます。

また、座席部分や背もたれのクッションも優れているので、赤ちゃんも乗り心地が良いはずです(我が家はベビーカーに乗ると爆睡です。)。

さらに、純正のレインカバーを使えば、すっぽり覆われて、ベビーカーに乗っている2人は全然濡れません。ただし、下側の子がレインカバーのスナップ部分を引っ張らないように見ててあげて下さい。そこさえきっちり閉まっていれば、全然濡れません。

3.操作性に優れている

これもまたPhil&Tedsのベビーカーの最大の利点だと思います。タイヤが空気の入ったエアタイヤなのでとにかく双子用ベビーカーにしては押すのが楽です。平坦な道であれば、片手で押すことができるので、雨の日ですと、傘をさしながら押すこともできます。また、片手に買い物かごをさげながら、スーパーでお買い物することもできます。

また、2人乗せていても段差も楽々乗り越えられます。

phil&tedsのベビーカーの注意点

  1. タイヤのパンク
  2. 下側の赤ちゃんを乗せるときの負担
  3. 荷物がほとんど積めない

1.タイヤのパンク

phil&tedsのベビーカーは、上でも書きましたが、エアタイヤです。それゆえに、ベビーカーを楽々押すことができます。しかし、エアタイヤゆえにパンクします!

しかも、画鋲等を踏んでパンクすることもあるのですが、常にタイヤの空気がちょうど良いくらい入っていないとタイヤ自体が破れてきます・・・。

我が家は、ベビーカーを毎日使いますし、保育園の送迎以外にも割と散歩や買い物とかなりの距離を使っている方だと思います。そのせいもあると思いますが、この半年で、2回、タイヤが破れています・・・。

破れたタイヤは修復不可能で新たに購入しないといけないのですが、10000円近くします・・・・・。

おそらく、私のタイヤの空気圧の管理も悪いと思うので、この度、phil&teds専用の空気入れを購入することにしました。これからは、空気圧のもう少しきちんとやっていこうと思うので、後日、タイヤの空気圧を管理した場合のタイヤ破れについても書く予定です。

タイヤ圧の管理を徹底して、タイヤが破れないようであれば、ここにタイヤ圧の管理の仕方を書きますので、phil&tedsのベビーカーを購入される方の参考にして頂ければと思います。

2.下側の赤ちゃんを乗せるときの負担

このphil&tedsのベビーカーは、下側が斜めになっていますよね。そのため、乗せるときに割と力が必要です。

赤ちゃんが10キロを超えたあたりからは、かなりきつくなってきます。それでも、保育園の送迎は毎日あるので、大変ですがなんとかやっていますし、なんとかやれる範囲ではありますが、きついはきついです。

3.荷物がほとんど積めない

上に乗る子の下の位置に荷物を積むためのカゴがついているのですが、下側に赤ちゃんが乗っていると、荷物を出し入れできません。

また、ベビーカーを使い始めて初期のころに、phil&tedsのベビーカーのサイドに付けられる荷物入れを買ったのですが、荷物を入れるとどうしても幅が大きくなるので使わなくなってしまいました。

現在は、私がリュックを背負ってそれに荷物を入れるようにしています。


 

★最新のDOT2です。

楽天でDOT2を扱っているお店は、現在ここだけのようです。全色揃っているのは珍しいですね。ピンクが人気がありますね。「辻ちゃん」効果ですかね。

★我が家の双子愛用の「Vibe」です。

色違いに赤と青もあります!

↓クリックするとカテゴリの上位ランキングが表示されます。

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村