2018/01/22

「みんなの生命保険アドバイザー」さん2回目面談:死亡保障・双子の教育資金の貯蓄・医療保障を充実させる保険プランを提示!!

computer_email

双子妊娠発覚から将来の我が家の家計に漠然としたお金の不安を頂きはじめ、双子出産後、「保険マンモス」さん紹介のFPさんとの面談を重ね、主人と最終的な保険の掛け変え等について話し合っていたときに、主人から「もう1人くらい相談してみた方が良いんじゃない?」と言われました。

かなり面倒だとは思いつつも、もう2度と保険選びで後悔したくない!!という思いで、「みんなの生命保険アドバイザー」さんからもFPさんを紹介してもらい1回目の面談をしました。

1回目の面談の様子については、こちらの記事をどうぞ。

保険選びでもう2度と後悔したくない!!セカンドオピニオンで「みんなの生命保険アドバイザー」さんにも相談。

1回目の面談後、「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんの提案されたプランで納得できない点が2点ありました。

それは、

  1. 双子の教育費の目標額(=保険の返戻金)
  2. 私(妻)の死亡保険金の額

この2点です。

早速、この2点について、メールで伝え、保険プランに反映してもらえるようにお願いしました。

①双子の教育費の目標額

「保険マンモス」さん紹介のFPさんおすすめの保険プランと比べるときに、どちらがお得かを判断するためには、条件を揃えておかなければ判断できません。

双子の将来の教育費に関しては、「保険マンモス」さん紹介のFPさんは、私が希望する双子の進路に沿って計算して下さいました。

「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんは、1人あたり、およそ300万円なので、双子で600万円という計算でした。

「保険マンモス」さん紹介のFPさんの試算結果の方が、私の希望に沿って厳密に計算されたものです。

そこで、双子の将来の教育資金の目標額を、「保険マンモス」さん紹介のFPさんの提示額と揃えてもらいました。

②私の死亡保険金の額

私が死亡した場合の受け取り額について、「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんからは、800万円を提示されていました。

現在、我が家は、私の収入も生活費として使っています。

それを考えると、月に10万円くらい、私が死んでも生活費として使えるように死亡保険金の額を設定したいなと思いました。

そこで、私の死亡保険金を1500万円にしてもらいました。

2.2回目の面談で具体的な保険プランの提案

icon_business_woman11

2回目の面談では、私が上で書いたメールの内容を反映させた保険プランを提示して下さいました。

①私の万が一と双子の教育資金への備え

%e7%84%a1%e9%a1%8c%e3%81%ae%e5%9b%b3%e5%bd%a2%e6%8f%8f%e7%94%bb-5

「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんは、1回目の面談から、私が死亡した場合と双子の教育資金への備え方として、貯蓄型の終身保険を提案されていました。

この具体的なプランが、上の表の右の欄に記載の条件です。

私がメールで希望した通り、

  • 私の死亡保障額を1500万円
  • 双子の教育資金の目標額を「保険マンモス」さん紹介のFPさんのシミレーション結果と同額

にしてもらった結果、月の保険料が約58000円になるということでした。

月の保険料が非常に高額ですが、払い込みが終われば、返戻率は104.4%ですので、銀行に貯金するのと比べると非常に良い貯蓄方法です。

しかも、払い込みが終わっても私の死亡保障は続くので、その点も魅力的です。

また、掛け捨てではないので、全ての保険料を貯金に回せているという実感も持てます。

②医療保険もリクエストに応じた保険プラン

医療保険については、

  • 医療保険+がん保険の保険に加入したい。
  • 医療保険には通院補償を含めたい。
  • できるたけ保険料は安く抑えたい。

とお願いしていました。

その結果、保険の補償内容は、私のリクエストした内容を網羅したとても充実した内容でした。

月の保険料は、約9000円と私が予想していた額より高額でした・・・。

ただ、おまけに主人向け提案して頂いた、コンパクトながん保険(がんにまつわる保障のみの保険)については、とても低額で充実した内容のものを提案して下さいました。

3.セカンドオピニオンも終了。あとは決断するのみ

checklist-154274_640

セカンドオピニオンとして相談した「みんなの生命保険アドバイザー」のFPさんとの面談もこのように無事終わりました。

あとは、「保険マンモス」さん紹介のFPさん提案の保険プランと「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさん提案の保険プランをじっくり比較して決めます。

どちらのFPさんもそれぞれのビジョンをしっかり持って提案して頂けたので、非常に勉強になりました。

また、

  • 私の医療保険の保障内容が薄いこと
  • 私の逓減定期の補償内容が過剰であり、保険料が高額であること

この2点については、両方のアドバイザーさんから指摘されたので、掛け替えは必須だと確信できました。

「保険マンモス」さん紹介のFPさんの保険プランと「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんの保険プランを比較して、我が家が出した結論については、こちらの記事をご覧ください

「保険のマンモス」と「みんなの生命保険アドバイザー」に相談して我が家が出した結論。


みんなの生命保険アドバイザー