2018/01/22

双子のPhil& Teds(フィルアンドテッズ)ベビーカーのタイヤ圧を徹底管理することにしました。

Phil& Tedsベビーカーのタイヤのバースト過去3回

現在、双子をPhil& Teds(フィルアンドテッズ)のベビーカーに乗せて半年以上が経ちます。基本的に平日は、第1子の保育園の送迎がありますし、それ以外にも、ほぼ毎日1時間くらい散歩がてらベビーカーを押しています。

Phil& Teds(フィルアンドテッズ)のベビーカーは、自転車と同じように空気を入れるエアタイヤなので、双子を載せていても押すのがとても楽です。ちょっとした段差もラクラク乗り越えられます。

しかし、我が家の場合使用頻度や使用時間が長いこともあるのでしょうが、エアタイヤゆえにタイヤバーストすることがあります。タイヤのバーストは過去3回。具体的には、7月上旬、11月上旬、12月上旬です。

IMG_20151209_052234 (1)

ちなみに、「タイヤのバースト」というのは、上の写真のように、タイヤの真ん中が白くなっているように見えますが、タイヤの内部の糸?のようなものが見えている状態です。こうなってしまったら、このタイヤは修理のしようがありません。このタイヤは破棄して、新しいタイヤを購入しないといけなくなります。

つまり、私は、タイヤ3回も購入してるんです・・・。1個1万円くらいするので、2015年度はPhil& Teds(フィルアンドテッズ)ベビーカーのタイヤに3万円もつぎ込んできたのです。

パンクはタイヤの空気圧管理を怠った報い!?

しかし、Phil& Teds(フィルアンドテッズ)のベビーカーを使用している人がみんな半年に3回もタイヤを買うわけではありません。

このPhil& Teds(フィルアンドテッズ)ベビーカーのエアタイヤは、タイヤの空気圧の管理が重要なのです。私も、きちんと説明を受けていました。

タイヤにきちんと空気が入っていないといけないのですが、22psi以下にしなくてはいけません。

しかし、私は、タイヤを見て、「あきらかに空気が減っている状態」になって初めて空気を入れ、しかも、タイヤを指で押して少し押せるくらいを「空気を入れ過ぎてない状態」だからOKとしていました。

本来、常に20psiくらいの空気が入っている状態にしておかなければならないのに、ずっとずさんに管理していたのです。

つまり、ずっとずさんにタイヤ圧を管理していた私は、その結果、3回のタイヤバーストによって3万円の出費を余儀なくされたのです・・・・。

2016年度はPhil& Teds(フィルアンドテッズ)ベビーカーのタイヤ圧を徹底管理

さすがにずさんな私も3万円の出費で目が覚めました。今後は、Phil& Teds(フィルアンドテッズ)ベビーカーのタイヤ圧をしっかり管理しようと心に決めました。

そこで、まず、タイヤ圧のわかる空気入れを購入しました。

IMG_20151208_163247

 

購入したのは、こちらの空気入れです。Phil& Teds(フィルアンドテッズ)ベビーカーのタイヤのバルブ(空気を入れるところ)は、米式なのですが、これに対応しています。

そして、真ん中についてる圧力計でタイヤの空気圧を把握することができます。もちろん、圧直単位はpsi(この単位、日本では通常使いません。)もありますので、きちんと22psi以下であることを確認できます。

なお、この空気入れは、英・米・仏式、全てのバルブに付属のアダプターで対応できますので、自転車にも使えます。

Phil& Tedsベビーカーの全てのタイヤ圧を20psiにした

そして、昨日、まず、バーストしたタイヤを取り替え、その後、3つのタイヤに空気を入れて全て約20psiにしました。

全てのタイヤに空気がきちんと入っていると、押し心地もとても良いです。

IMG_20151208_163314

こちらは、新品のタイヤを付け替えた状態です。

今後はベビーカーのタイヤ圧を1週間ごとに管理

ひとまず、現在、全てのPhil& Teds(フィルアンドテッズ)ベビーカーのタイヤの状態は完璧です。

今後は、1週間ごとに、タイヤ圧を管理しようと思います。そして、「およそ何週間に1度タイヤ圧を計測し空気を入れるのがベストなのか?」を探りあてて、Phil& Teds(フィルアンドテッズ)ベビーカーのタイヤ圧の管理を確立させるつもりです。

最終的には、タイヤ圧の管理を徹底すれば、タイヤはバーストしないということを証明できれば良いなと思います。そうすれば、タイヤを新調するお金が要らなくなりますしね^^これが一番の目標です。


 

★新しいDOT2です。↓のベビーカー購入時には、空気入れと日本語マニュアルがついています。さらに、1年間の保障つきです。さらに、ここのお店は店長さんがとても親切です。私もタイヤがパンクしたときに電話でいろいろ相談させて頂き、タイヤの購入時もいろいろアドバイスを頂きました。高い買い物ですので、心配なところは全部相談してから購入するのが一番です。

こちら↑を購入すれば「空気入れ」がついているので、購入する必要はありませんね。最初からタイヤ圧を徹底管理して、私のように無駄な出費をしなくて良いようにして下さい。

★こちらのお店はポイント10倍です。

 

★↓購入した空気入れです。

 

↓クリックするとカテゴリの上位ランキングが表示されます。

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村