2018/01/22

「保険のマンモス」と「みんなの生命保険アドバイザー」に相談して我が家が出した結論は!?

computer_woman

双子の妊娠発覚から、我が家の家計に対して漠然とした不安を抱き、双子出産後、「保険マンモス」さんの保険の無料相談に申し込みました。

そして、我が家の家計診断・私の加入中の保険の見直し・双子の教育資金の貯蓄方法等を相談しました。

「保険マンモス」さんへの無料相談の申し込みから面談の内容等について、全てをまとめた記事はこちらです

#【【双子出産で家計の見直し】保険を見直すために相談した「保険マンモス」さんの評価口コミ

「保険マンモス」さん紹介のFPさんに具体的な保険プランを提示してもらい、最終的に主人とそれについて話し合っていたのですが、主人が、ふと「もう一人くらい相談した方がいいんじゃない?」と言い出しました。

かなり面倒だと思ったのですが、もう2度と保険の加入で後悔したくない!!という思いがあったので、「みんなの生命保険アドバイザー」さんの保険の無料相談に申し込みました。

「みんなの生命保険アドバイザー」さんにセカンドオピニオンを求めたときの記事は、こちらです。

保険選びでもう2度と後悔したくない!!セカンドオピニオンで「みんなの生命保険アドバイザー」さんにも相談。

そして、先日、「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんからもおすすめの保険プランを提示してもらいました。

1.2社のFPさんからのアドバイス

naisyo_woman

(1)私の現在の保険の加入状況

現在、私が加入している保険は、

  1. 逓減定期保険
  2. A社の医療保険
  3. B社のがん保険

です。

(2)2社のFPさんで共通する意見

これに対して、「保険マンモス」さん紹介のFPさんと「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんとで、

  • 逓減定期保険の死亡保険金の設定額が過剰→月の保険料が高すぎる
  • A社の医療保険とB社のがん保険の入院保障が重複
  • B社のがん保険の補償内容が薄い。

という意見が一定していました。

お二人から同一のアドバイスをいただいて、逓減定期の解約・掛け替え、がん保険の掛け替えについては、絶対に必要だと確信しました。

(3)具体的な保険プランの比較

このように指摘するポイントは両社のFPさん共に、共通していたのですが、おすすめされた保険プランは違いました。

①私の万が一と双子の教育資金に対する備え

%e7%84%a1%e9%a1%8c%e3%81%ae%e5%9b%b3%e5%bd%a2%e6%8f%8f%e7%94%bb-4

まずは、私の死亡保障と双子の教育資金の貯蓄に対する保険プランを表にまとめてみました。

ⅰ)「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんの保険プラン

「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんは、私の1500万円の死亡保障と双子の教育資金の貯蓄に対して、貯蓄型の終身保険を提案されました。

月の保険料が約58000円で非常に高額です・・・。

が、払い込みが終われば、返戻率は104.4%なので、銀行に貯金するよりは効率の良い貯蓄方法です。

また、払い込みがおわっても、私の死亡保障が続くのも魅力的です。

掛け捨ての保険でないので、お金を貯金に回せているという実感も得られます。

ⅱ)「保険マンモス」さん紹介のFPさんの保険プラン

「保険マンモス」さん紹介のFPさんは、現在加入している逓減定期の代わりに、私が死亡した場合、月に10万円ずつが給付される収入保障保険への加入を提案されました。

双子の教育資金に対しては、月40000円を支払って、返戻率107.2%の学資保険へ加入することを提案されました。

収入保障保険は掛け捨てなので何も残りません。

が、月の保険料が非常にリーズナブルであることが魅力的です。

この学資保険の返戻率も魅力的です。

②私の医療保険(がん保険)について

私は、私の医療保険について、以下のようなリクエストをしていました。

  1. 医療保険+がん保険の保険に加入したい。
  2. 医療保険には通院補償を含めたい。
  3. できるたけ保険料は安く抑えたい。

どちらのFPさんも、きちんと私が希望した保障内容を網羅した保険プランを提示して下さいました。

ただ、「みんなの生命保険アドバイザー」さん紹介のFPさんの保険プランは、保障内容がかなり充実しているがゆえに、「保険マンモス」さん紹介のFPさんの保険プランより、月の保険料が約3000円ほど高い保険プランでした。

2.我が家は「保険マンモス」案採用

wakaremichi_woman

どちらのFPさんの提案にも、メリットとデメリットがあります。

両社の提案を比較して結果、我が家は、「保険マンモス」さん紹介の保険プランを採用することにしました。

「保険マンモス」さん紹介のFPさん提案の保険プランを採用した理由について、1つ1つ書いていきます。

①私(妻)の死亡保障について

現在、私(妻)は、月々一定の収入を得ています。その収入がなければ我が家の家計はやっていけません。

理想的には、主人の収入だけで全てを賄えればよいのですが、理想は理想。私の収入もがっちり家計運営に組み込まれています。

そのため、私が亡くなったときにも、私も月の収入より少し少ないくらいの額が家計に入るようにしておきたいと思いました。

この思いに対して、「収入保障型」の保険というのは理解しやすくて良いなぁと思いました。

掛け捨てですが、低額なのも良いと思いました。

②双子の教育資金について

双子の教育資金のために提案してもらった学資保険も

  1. 返戻率が良いこと
  2. 払込免除特約があること
  3. 一定期間が過ぎても無理に解約せず高い利率でその後も運用できること

この3点が非常に魅力的でした。

③医療保険について

私が医療保険に希望する内容を網羅していて、月の保険料が私の希望額と合致していたからです。

3.2016年もまだまだ保険の解約・掛け替えは必須

shinpai_woman

実は、ここまでの結論を出せたのは、最近です。

2015年にできたことは、がん保険の解約のみです。

ただ、これでも、月の保険料の支払いが約4000円減ったことはとても大きいです。

2016年も、以下の4つの保険の解約や加入手続きが必要です。

  1. 双子の学資保険に加入
  2. 私の逓減定期の解約
  3. 私の収入保障保険への加入
  4. 私の医療保険の掛け変え

逓減定期の契約手続きの際に、某保険会社のFPさんから連絡がくると思うと、憂鬱ですが、高額な保険料を払い続けるのはばかばかしいので、がんばります。

4.「保険の無料相談」を利用した感想

pose_kiri_woman

①保険料がトータルで下がることがあるから要見直し!

これだけ新しい保険に加入したら、トータルの保険料が上がりそうなものですよね。

双子の学資保険は新たに始める貯蓄なのでこれは別になりますが、それ以外のトータルの保険料は約9300円下がります。

具体的には、

私の過剰な逓減定期を解約→私の医療保険(がん保険)の補償の内容を充実→トータルの保険料は下がるといった内容です。

保険料がトータルで9300円も下がるのは、とても驚きです。

保険料は納得いく内容で加入できるなら安いに越したことは無いので、見直しをするのは大切だと実感しました。

②保険に望む内容が変わるから定期的に要見直し!!

ガン保険に通院補償をつけたかったのは、この2~3年で身近で闘病される方が多く、それを身近に見てきて、通院中も医療費がかかるなぁと思ったからです。

正直、現在の医療保険に加入した時は、自分が病気になることなんて全然考えていませんでした。

しかし、年齢を重ねるごとに、やはり闘病される方を身近で見る機会は増えます。

そうしたことで、自分が保険に望む内容が変わります。

だからこそ、定期的に保険を見直すのは大切だと感じました。

③保険にもトレンドがあるから定期的に要見直し!!!

昔は、「保険は若いうちに加入した方がお得」と言われましたが、現在はそうではないなと思いました。

外資系の保険会社の参入以降、同様の補償内容でも保険料に倍近くの開きがあるものもあり、今加入しなおした方が保険料が下がる場合も多々あります。

また、「がん保険」自体は低価格競争になっているので、以前に比べて保障内容が手厚い商品が低価格で出ています。

このように、保険にもトレンドがあるので、やはりプロに相談して、より良い条件の保険プランを提案してもらうのが一番納得のいく「保険」の加入の仕方だと思いました。

一定の期間が経つと、自分の状況も変わりますし、自分が保険に望む内容も変わります。

また、保険の動向も変わります。

これらの変化で、自分にとってより良い条件の保険というものが変わってきます。

そのため、定期的に保険の見直しをして、常に自分が納得できるより良い条件の保険に加入をしておくのが一番ですね。

今回、自分自身が本当に納得して保険に加入できたのは、「保険マンモス」さんと「みんなの生命保険アドバイザー」さんに「保険の無料相談」をお願いしたからです。

一連の経過をまとめた記事は、コチラです。

【双子出産で家計の見直し】保険を見直すために相談した「保険マンモス」さんの評価口コミ