2018/01/22

胃腸風邪後に2週間以上赤ちゃんの下痢が続くなら乳糖不耐症かも。ミルク育児中ならラクトレスミルクが味方に。

1.赤ちゃんの「乳糖不耐症」とは?

赤ちゃんが嘔吐や下痢をしてお医者さんに「急性胃腸炎」と診断され、「吐き気止め」や「下痢止め」のお薬を飲ませて2週間以上経っても下痢が続くときは、「乳糖不耐症」かもしれません。

おっぱいやミルク、牛乳に含まれる乳糖は、体内で酵素によってブドウ糖とガラクトースに分解されて体に吸収されます。しかし、この乳糖を分解できなくなって、赤ちゃんが下痢をしていまうのが「乳糖不耐症」です。

この乳糖不耐症には、先天的(生まれつき)のものと、後天的なものがあります。

生まれつきの「乳糖不耐症」は、乳糖を分解する酵素を生まれてつき体内に持っていないため起こります。生後まもなく、おっぱいをあげる度に下痢をする場合は、すぐに病院にいきましょう。

そして、今回取り上げるのは、後天的な「乳糖不耐症」です。この後天的な「乳糖不耐症」は、「急性胃腸炎」で腸の粘膜がただれたり破れたりして、これをきっかけに「乳糖」を消化吸収する酵素が出なくなってしまうものです。

2.こんな時は「乳糖不耐症」を疑って受診しましょう。

①「胃腸風邪」で受診後2週間下痢が続く

お医者さんに「胃腸風邪です。」と診断され、お薬を飲ませているのに、2週間以上下痢が続く場合は、「乳糖不耐症」の可能性が高いです。再度、お医者さんを受診しましょう。

受診の際には、

  1. うんちの頻度(1日何回?)
  2. うんちのタイミング(授乳直後等)
  3. うんちの状態やにおい

を答えられるようにしておきましょう。また、ウンチのついたオムツを持参するのも効果的です。

②「うんち」のタイミング

「乳糖不耐症」の場合には、授乳直後に排便をする場合が多いです。「下痢が続いてるなぁ」と思ったら、赤ちゃんがどのタイミングでよく「うんち」をするのか気に留めておきましょう。

③「うんち」の匂い

これは一度経験があると良くわかるのですが、「乳糖不耐症」になると「うんち」から「酸っぱいにおい」がします。なんだか「胃腸風邪」を引き始めたときと「うんち」の匂いが変わってきたぞ!!と思ったら、毎回、「うんち」の匂いも気に留めておいてください。

3.「乳糖不耐症」の治療方法

①お薬の処方

「乳糖不耐症」と診断された場合、「乳糖」を分解するお薬が処方されます。これをお医者さんの指示のもと飲ませます。

IMG_20160109_050909

この「ガランターゼ」というお薬が処方される場合が多いです。

②「ラクトレスミルク」

母乳は、「乳糖不耐症」でも普通にあげて問題ありません。しかし、ミルク育児の場合には、「ラクトレスミルク」をすすめられることがあります。このミルクは、乳糖を含んでいないので、赤ちゃんの胃にかかる負担が軽減されます。

「ラクトレスミルク」は普通に薬局や通販で購入することができますが、飲ませる場合には、お医者さんに相談して下さい。また、2週間ほど「ラクトレスミルク」飲ませたら、また通常のミルクに戻す必要があるので、これもお医者さんに相談して下さい。

4.「乳糖不耐症」は長引きます

実は、「乳糖不耐症」は、お薬を処方してもらってからも長引きます。もう、このまま永遠に下痢なんじゃないのか!?と思うほど長引くときもあります。それでもいずれは治ります。ただ、長引く下痢で赤ちゃんのお尻が荒れることもあるので、その点には注意してあげて下さい。

また、あまり長引いて心配なときは、お医者さんに再度相談しましょう。

さらに、「ラクトレスミルク」を飲ませているときは、下痢じゃないのに、「通常のミルク」に戻すとすぐ下痢になるという場合もあると思います。そんな場合は、「通常のミルク」に戻すときに、「ラクトレスミルク」半分、「通常のミルク」半分といった具合に、徐々に「通常のミルク」に戻すのもおすすめです。

ただ、「ラクトレスミルク」って値段が高いんですよね。「ラクトレスミルク」をあげてもまだまだ下痢が続くようでしたら、またお医者さんに相談して下さい。

離乳が進んでいる場合には、母乳やミルクよりも「おかゆ」や「うどん」等をあげる比重を大きくした方が良いかもしれません。

また、意外にも赤ちゃんの胃腸風邪にも「ウィダーインゼリー」は役立ちます!!我が家はいつも常備しています。

赤ちゃん(お子さんも!)の食用不振時、胃腸風邪、嘔吐下痢のときに役立つ「ウイダーinゼリー(マスカット味)」

胃腸風邪にかからないに越したことはないですが。。。。

「乳糖不耐症」が長引くと、親もだんだん憂鬱になってきますが、この憂鬱は「普通食」になったら解消されます。それまでの辛抱だとなんとか耐えて下さい。早く良くなるといいですね。


 

★赤ちゃんが風邪をひいて外に出られないときは、LOHACO頼りです。そもそも双子連れで「トイレットペーパー」や「生理用品」は持って帰れないので、いつもこちらで頼んでます。

しかし、外に出られなくて憂鬱なときには、日用品以外に、ちょっと贅沢な「お菓子」を購入してストレス発散してます^^

↓各カテゴリの上位ランキングが見られます。

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ