2018/01/22

2016年期間限定「アンリ・シャルパンティエ」のバレンタインチョコフィナンシェをお取り寄せ♪大好きな定番「フィナンシェ」との比較。きっかけは「マツコの知らない世界」

1.「マツコの知らない世界」にハマる

突然ですが、「マツコも知らない世界」面白いですよね。

その日のテーマとなるカテゴリ(例えば、「ドレッシング」とか「加湿器」とか)を研究し尽くしたプレゼンターが、マツコさんにそのカテゴリに属するあらゆる商品をあらゆる切り口でプレゼンしていきます。

やはりプレゼンターはその「カテゴリ」を愛して病まない人達なので、見ているこちらもその「カテゴリ」の中から知らず知らずのうちに「これが一番良いなぁ」という商品を選んでしまいますよね。

2.「マツコの知らない世界」のチョコレート

そして、1月12日放送の2時間スペシャルでは、楠田枝里子さんがプレゼンターとして出演され、「チョコレートの世界」を熱く語られました。

「チョコレートがないと生きていけない。」と語る楠田さんのプレゼンする「チョコレート」は、私の食べている「チョコレート」とは別ものでした。紹介されたチョコレートは、日本未発売のものまでありました。

①「ピエール マルコリーニ」

日本で購入できるものだと、

ピエール マルコリーニ

ピエール マルコリーニ2

こちらの「ピエール マルコリーニ」のチョコが紹介されていました。とても美しい。お取り寄せしてその味を味わってみたいです。


 

②「ジャンポールエヴァン」

ジャン=ポール・エヴァン

 

他には、こちらの「ジャンポールエヴァン」の「チョコレート」が紹介されていました。こちらは、どちらかというと「クール」な印象ですね。この「クール」なチョコレートも味わってみたいです。

3.自分の好きな「チョコレート」を探す

楠田さんが紹介された「チョコレート」はどれも美しく死ぬまでに一度は食べてみたいものばかりでした。でも、実際に自分で購入するのはその値段から躊躇してしまいますね・・・。

でも、プレゼントにはもってこいだなぁと思いました。特に、年配の方への贈り物は、「量を必要ないけれど、額はある程度決まっている。」という場合が多いので、そういった場合には、こちらを贈ろうと思います。

ただ、楠田さんのプレゼンを見てしまった以上、チョコレート熱が収まりませんでした。そして、ふと「自分の好きなお店」のチョコレート事情はどうなっているのだろうと気になり始めました。

4.私の大好きな「フィナンシェ」をつくる「アンリ・シャルパンティエ」

先日、職場への手土産を選定しているときに、自分の故郷の思いでの混じった「アンリ・シャルパンティエ」の「フィナンシェ」を注文して食べました。

そして、その「フィナンシェ」のアーモンド香るしっとりしっかりとした味に、今ではかなりのおいしさを誇るコンビニスィーツとの違いを歴然と感じました。

この「アンリ・シャルパンティエ」も「チョコレート」を扱っているのかなぁ?と思い、調べてみました。

5.「アンリ・シャルパンティエ」の「バレンタインデー」

「アンリ・シャルパンティエ」のHPを除いてみると、もうすぐ「バレンタインデー」なので、バレンタイン仕様のチョコレートのお菓子が沢山出ていました。

「マツコの知らない世界」を観て、チョコレート熱がすっかり高まってしまっていたので、早速、この3つを注文しました。

①チョコレートフィナンシェ ¥1080

②しあわせサブレ「チョコレート」 ¥432

③プティ・ガトー・アソルティ<バレンタインパッケージ> ¥702

6.「アンリ・シャルパンティエ」のバレンタインチョコレート到着

①ラッピングとメッセージカード同梱

IMG_20160114_042349

きちんとそれぞれのギフトに合ったラッピングとメッセージカードが同梱されていました。

IMG_20160114_042436

左から「チョコレートフィナンシェ」「プティ・ガトー・アソルティ」「しあわせサブレ「チョコレート」です。

②中身は・・

IMG_20160114_042527

「しあわせサブレ」はこんなオリエンタルな雰囲気漂う模様がプリントされた袋に1つ1つ包まれています。

IMG_20160114_042612

「チョコレートフィナンシェ」は落ち着いたストライプのプリントです。

IMG_20160114_042716

「プティ・ガトー・アソルティ」は、バレンタイン限定のこんなピンクのボックスに入っています。綺麗な焼き菓子がうやうやしく並んでいて空けた瞬間嬉しくなります。

7.気になる味は!?

①チョコレートフィナンシェ

チョコレートの味がしっとりとフィナンシェの隅々まで行き届いていて濃厚です。しかし、全然甘ったるといったことはありません。フィナンシェを包む袋の雰囲気のように「クール」な味わいです。

②しあわせサブレ

こちらのサブレもしっとりとしています。濃厚なチョコレートの風味が漂いつつ、あっさりとしています。

IMG_20160114_045513

オリエンタル雰囲気な包から出すとこんな風にコロンとした可愛らしいハートのサブレがお目見えします。落ち着いた味なので、職場の方への義理チョコにはもってこいだと思います。

③プティ・ガトー・アソルティ

こちらは、1つ1つしっかり味が違います。一口サイズなので、ポンッと口に入りますが、食べたあとに、「うん!?今のおいしかたなぁ。」とか「何の味だろう??」とか気になってパッケージを見直してしまいます。

このパッケージの愛らしさと中身の華やかさから女性にプレゼントしても喜ばれそうですね。

8.皆さんもぜひ「ハッピーバレンタイン」を!!

普段からチョコレートだけでなく甘いものが大好きなので、この時期に販売される「バレンタイン限定」ものは、とても気になってしまいます。

今回は、「アンリ」の焼き菓子を堪能できて幸せでした。そして、これでますます拍車がかかりそうです。というかもうかかっています。いつもお菓子をお取り寄せしている他のお店のHPを除いては、「これも食べてみたいなぁ。」と思う日々です。

どうしても育児ストレスの発散が「甘いもの」を食べることになりがちですが、他の発散方法も見つけないといけないですよね・・・。

食べ過ぎないように、お金を使いすぎないように、太らないように、気を付けながら「お取り寄せ」生活を楽しみます♪

 



にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村