2018/01/22

卵アレルギーの双子の保育園入園には、医師の指導表と個別の面談が必要です。

1.我が家の双子は卵アレルギー

121790

以前の記事にも書きましたが、我が家の双子は卵アレルギーです。

我が家の双子は卵アレルギー。はじめて卵を食べたときどんな反応がでたのか?1歳の食生活とおやつは??

そして、その対応としては、卵完全除去食を摂るようにお医者さんから指導されています。また、レシピ上では卵を使用していないパンもNG。さらに、同一ラインで卵を使用している製造ラインでつくられた食品もNG。と、指導されています。

かなりストイックな指導内容ですが、我が家のかかりつけのお医者さんは、卵アレルギーは食事から完全に卵を除去すればするほど完治しやすいとおっしゃっていました。

ただし、これは、多くの人に当てはまるのであって、皆が皆、完治するわけでは無いのだと思います。というのも、かなりきちんとお母様が除去食に取り組んでらっしゃるお家のお子さんで、かなり大きくなってもアレルギーの数値が下がらないお子さんもいらっしゃるので、残念ながら「全員」が完治するというわけではないのだと思います。

話が横道にそれましたが、我が家の双子はこのような指導内容なので、今まで外食も1回しかしたことがありませんし、外で購入したものも片手で数えるほどしか与えていません。

そのため、らでぃっしゅぼーやで野菜の宅配をたのみつつ、せっせとテキトーな料理を作っています。らでぃっしゅぼーやの野菜は明らかにスーパーで売られている野菜より味が濃く、子供達もモリモリ食べてくれます。

2.卵アレルギーの双子の入園のための準備

保育園

そんな双子ですが、4月からは保育園に入園します。そのため、午前中の補食、昼食、午後の補食と、計3回は保育園で食事を頂きます。

そのための準備として、

  1. 保育所におけるアレルギー疾患生活管理指導表
  2. 家庭における食物除去の程度

この2種類の書類を提出しなければなりません。

①保育所におけるアレルギー疾患生活管理指導表

この書類は、お医者さんに記入してもらわなければなりません。そのため、双子の通う保育園では、この書類に基づいて、園長先生と給食の先生と保護者(私)とで三者面談を行うため、この三者面談の日までに、お医者さんに記入しただけるように手配しなければなりません。

我が家のかかりつけ医では、このタイミングでもう一度アレルギーの血液検査をすることになりました。少しでも数値が下がっているといいのですが・・・・。

②家庭における食物除去の程度

この書類は、保護者(私)が記入して、三者面談の日に持参します。お医者さんの指導内容に基づいて、記入するものです。

3.食品アレルギーの園児のための三者面談

相談

上にも書きましたが、双子の通う保育園では、医師の指導内容に基づいて、保育園での食事をどのようにしていくかを、園長先生、給食の先生、保護者(私)の3人で話し合います。

主な内容は、原因食物についてどのように対応していくかです。例えば、完全除去なのか「つなぎ」では取り入れるのか等です。また、今後のアレルギー検査の結果で、原因食物を段階的に取り入れる場合には、その都度、給食の先生と対応を検討していきます。

その他、食品アレルギーのある子への配膳の仕方も説明して頂けます。例えば、「アレルギー」のプレートを入れたり、お盆の色を変えて配膳するといった内容です。

4.安心して保育園生活を送るために

calendar-660669_640

我が家の場合、第1子と双子は同じ保育園に通うのですが、第1子は食品アレルギーがなかったため、保育園にアレルギー対応をして頂くのは初めての経験です。

食品アレルギーのある双子の保育園入園までのスケジュールは、

市から保育園の内定通知がくる(2月下旬)

新入園児健康診断(内定通知送達の数日後)

医療機関受診(「指導表」の記入)

園長先生、給食の先生、保護者の三者面談(3月下旬)

となります。

我が家の場合、この間に、第1子の卒園式や学童の入所説明会等盛りだくさんですが、食品アレルギーのある双子が安心して保育園生活を送るために大切なプロセスなので、保育園の入念な取り組みに感謝します。

↓クリックするとカテゴリの上位ランキングが表示されます。

にほんブログ村 子育てブログ 未熟児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 双子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村