2018/01/22

不妊の原因の1つ「子宮腺筋症」とはどんな病気?診断方法??治療方法は???

study_animal_zou

 

先日、相当な体調不良が「鉄欠乏性貧血」の症状であることが判明し、さらに、その原因が、「子宮腺筋症」と「チョコレート嚢腫」 だとわかりました。

「鉄欠乏性貧血」と判明するまでの記事はコチラ→「頭クラクラ、むくみ、頭痛、動悸・息切れでツライ??「鉄欠乏性貧血」かもしれません!!」

「鉄欠乏性貧血」の原因を探るための婦人科受診の記事はコチラ→「婦人科受診で判明!!鉄欠乏性貧血の原因は?子宮腺筋症(内膜症)とチョコレート嚢腫です!

「子宮腺筋症」と「チョコレート嚢腫」のうち、「鉄欠乏症貧血」を引き起こした原因は「子宮腺筋症」による「月経過多」の可能性が高いといわれました。

私は、このとき初めて、「子宮腺筋症」という病名を耳にしました。

現在は、「子宮腺筋症」の治療をするにあたり、様々な疑問にぶち当たり、今はある程度この病気のことがわかるようになりました。

「子宮腺筋症」の治療で婦人科を受診するときには、「子宮腺筋症」についてある程度知っておく必要があります。

それはなぜか?

「子宮腺筋症」が、どんな病気なのか?どんな治療があるのか?その治療にはどんな効果があるのか?を知っておかなければ、納得いく治療が受けられないからです。

そこで、今回は、「子宮腺筋症」の症状・治療・手術等について書きます。

これから「子宮腺筋症」の治療をされる方は、これらの知識を活用して、ご自身の症状や生活環境に合わせて、納得のいく治療を選択してください。

1. 子宮腺筋症とは?

 question_head_girl

子宮腺筋症は、「子宮腺筋症の一種」と表現されたりもしますが、「子宮腺筋症」と「子宮内膜症」には共通している部分と異なる点があります。

「子宮腺筋症」も「子宮内膜症」も、本来、子宮の内側にあるはずの子宮内膜が、子宮の内側以外に存在する状態にあるというところは、共通しています。

異なる点は、子宮外に存在する内膜が存在する場所で・・・ 

子宮内膜症は、子宮の外側(主に、卵巣ですが、肛門や肺に確認される場合もあります)の組織に子宮内膜が存在する状態にあります。 

子宮腺筋症は、子宮内膜が子宮の筋肉内部に入りこんで存在している状態にあります。

いずれの病気もこの子宮以外の場所に存在する子宮内膜が通常の子宮内膜と同様に増殖や剥離を繰り返します。

子宮内膜症は一般的に出産するとよくなると言われますが、「子宮腺筋症」は、経産婦(出産経験者)に多いのが特徴です。

出産後2~3年経ってからの整理で激痛が走り「子宮腺筋症」が判明するという方も多いので、産後の月経痛にも注意が必要です。

2. 子宮腺筋症の症状は?

haraita_woman 

子宮腺筋症は、本来存在しないはずの子宮の筋肉の内側に子宮内膜が存在し、これが子宮の筋肉内部で増殖や剥離を繰り返すことで、以下のような症状を発症することがあります。

  1. 月経痛(激痛)
  2. 子宮肥大
  3. 過多月経
  4. 不妊

月経痛

痛みのレベルは人それぞれですが、ひどい人になると、

「内臓をひきちぎられるほどの痛み。」

「陣痛の10倍の痛み。」

と訴える人がいるほどの激痛の場合もあります。

一般的に、子宮腺筋症で痛みを感じる人は、子宮内膜症の痛みより強いとされています。

子宮肥大

子宮腺筋症は、子宮の筋肉に子宮内膜が入りこみ増殖するので、子宮が肥大します。

通常、子宮は7センチほどの鶏の卵くらいの大きさなのですが、大人の男性の握りこぶしくらいになることがあります。

中にはさらに子宮が肥大する場合があり、この子宮の肥大で、お腹が張った状態や下腹部が出っ張った状態になることもあります。

③ 過多月経

「過多月経」とは、月経の量が多い状態をさします。

類似の婦人科系疾患として挙げられる「子宮筋腫」の症状にも過多月経がありますが、子宮筋腫よりも過多月経が強いとされています。

中には、

生理中に出血が止まらなくてトイレに2時間篭もりそのまま酷い貧血で入院した方

夜中も1時間ごとにナプキンを取り替えなくてはならないので眠れないという方

もいらっしゃいます。

過多月経は貧血を引き起こすので、貧血の症状に悩まされる人も多いです。

★双子ママ「uzura」の「腺筋症」の症状は?★

私の「子宮腺筋症」の症状は、痛みは多少あるものの、鎮痛剤を飲むことはほとんどありませんし、過多月経も自覚がありませんでした。

しかし、実際には、「過多月経」だという自覚はなかったものの、「貧血」のレベルは相当なものでした。

このように過多月経だという自覚がなくても、過多月経だということもあります。

月経量は人と比べることが難しいので、気づかないかもしれませんが、「貧血」の症状が続く方は、「腺筋症」等の婦人科系疾患を疑って、婦人科を受診することをおすすめします。

私は、体調不良から「貧血」が判明したのは、双子出産後約2年後でした。

子宮腺筋症の発症例で多いパターンの産後2~3年後の発症ですね。

3 . 子宮腺筋症の診断方法は?

kenkoushindan_mri_woman

 

子宮腺筋症の診断方法は、

  1.  超音波検査
  2. MRI 検査
  3. CA125 マーカー

このの3つの診断結果を総合して判断的されます。

① 超音波検査(エコー検査)

ⅰ)子宮腺筋症の超音波検査とは?

子宮の病気の初期検査として一般的な検査です。

子宮が肥大しているか否かは簡単に診断できます。

ただ、超音波検査だけで、その肥大が筋腫によるものなのか腺筋症によるものなのかを見分けるは非常に難しいとされています。

そのため、超音波検査だけで子宮腺筋症と断定的に診断されるのではなく、超音波検査で子宮筋の肥厚が確認されて、さらに、他の症状と照らし合わせて、腺筋症の可能性を指摘されるにとどまります。

それくらい超音波検査だけで「腺筋症」を見分けることは難しいので、超音波検査だけを何回も受けていても「腺筋症」を見落とされることがあります。

ⅱ)超音波検査に関する注意点

超音波検査は、病変を見つけやすいので、膣の内部から検査する方法が一般的ですが、性交経験の無い人は、違う方法で検査をしてくれます。

きちんとした婦人科だと、問診表の質問で必ず聞いてきますので、恥ずかしいと思いますが、検査の方法が変わるので、きちんと答えたほうがいいです。

この問診票の記入ですが、若い方の場合、婦人科の受診にお母様が付き添っておられるのをよく目にしますが、その様なシチュエーションで問診票を書き始める時には注意してください。

この様な質問がありますので、問診表を書くときは、「机のあるところで書いてくるわ。」といって離れて書き始めるのがおすすめです~

②MRI検査

ⅰ)子宮腺筋症のMRI検査とは?

子宮腺筋症の診断に最も役立つ検査です。

子宮腺筋症の場合には、子宮内膜の外側の部分(MRIで黒く映る部分)が拡大しているのが確認されます。また、この黒く映る外側部分に子宮内膜が白く点在するように映ります。

このような特徴的な像を確認することで、子宮腺筋症と診断されます。

ⅱ)MRI検査の注意点

町の婦人科には、ほとんどMRIの検査機はありません。

そのため、お医者さんの中には、MRI検査をせずに診断を下すお医者さんもいるようです。

できれば外部機関にMRI検査を受けに行ってから診断を下すお医者さんを選ぶ方が誤診が少なくて良いと思います。

MRI検査は、このように重要な検査ですので、お医者さんにMRI検査を外部機関に受けにいくように指示されたらきちんと検査にいきましょう。

③血液検査

ⅰ)子宮腺筋症の血液検査とは?

血液検査だけで腺筋症を診断することはできないのですが、ⅰ)超音波検査とⅱ)MRI検査の診断結果の信頼性をさらに高めるために行われます。

子宮内膜症や子宮腺筋症でも、CA125という卵巣算の腫瘍マーカーが上昇するので、子宮の肥大が確認され、ここから子宮が肥大する子宮筋腫と子宮腺筋症のどちらであるかを識別するときに役立ちます。

ⅱ)血液検査の注意点

CA125は、月経中とその直後には高い値が出ることがあります。

お医者はこの時期を外して検査をしますので、問診票に記入する最終月経の時期は正確に書きましょう。

★双子ママ「uzura」の「腺筋症」の診断方法は?★

婦人科を受診した初日に超音波検査と血液検査をしました。そして、後日、外部機関でMRI検査をしました。

MRI検査の画像では、子宮内膜の外側の黒く映る部分に子宮内膜が白く点在するのが確認されました。

血液検査では、CA125の値は低かったです。ごく初期の病変では正常値であることの方が多いそうです。

4. 子宮腺筋症の原因は?

apron_woman3-1question

 

ハッキリしたことはわかっていません。

①一番有力な説

正常な子宮内膜が、何らかの原因によって子宮の筋肉の中に潜り込んでしまうという説。
そして、その潜り込む深さが一定以上に達すると月経痛などの症状が出てくると考えられています。なお、正常の子宮内膜が筋肉の中に入っていくきっかけとして一番多いのが妊娠です。

② 二番目の説

子宮内膜症と同様に、子宮内膜が子宮の内側以外のところ、その場所として、子宮の外側の壁にもできるという説。

③ 三番目の説

子宮の筋肉の中に置き去りにされた子宮内膜から発生してくるというものです。要は、生まれつき、子宮の筋肉の中に子宮内膜があり、初潮開始時から経血が溜まりだすという説。

5.子宮腺筋症は自然治癒するの?

171536

子宮腺筋症の増殖や維持には女性ホルモンである卵胞ホルモン「エストロゲン」が関わっています。

閉経すれば、この「エストロゲン」の分泌量が大幅に減るので、子宮腺筋症は収縮し、子宮腺筋症による月経痛や過多月経はなくなりますが、閉経までは、子宮腺筋症の増殖や維持活動が体内で行われ続けます。

6.子宮腺筋症の治療方法は?
24snk

子宮腺筋症の治療には、様々な治療があります。

 

子宮腺筋症の治療は、まず、「根治的治療」と「保存的治療」に分けられます。

保存的治療には、たくさんの治療法が列挙されていますが、保存的治療では、腺筋症がなくなることはありません。

①根治的治療法

子宮腺筋症の標準的な治療法は、子宮の全摘出(いわゆる「子宮全摘」)です。

子宮全摘が標準的治療な理由には、以下の点が挙げられます。

  • 生理がなくなるので、生理痛や過多月経もなくなる。
  • 子宮癌になる可能性がなくなる。
  • 卵巣を残せば、更年期障害のような症状に悩まされることはない。

子宮腺筋症は、良性の腫瘍なので、子宮を全摘すれば、絶対に再発することはありません。このような再発を完全にゼロにする治療を、根治的治療法といいます。

②温存的治療法

%e7%84%a1%e9%a1%8c%e3%81%ae%e5%9b%b3%e5%bd%a2%e6%8f%8f%e7%94%bb-1

再発をゼロにでき、生理痛や過多月経から解放されるとはいえ、「まだこれからお子さんを授かりたい。」という方にとって、子宮全摘という治療を選択するのは非常に困難です。

そのような場合には、子宮を温存しながら治療する温存的治療法がとられます。

温存的治療法には、薬物治療と子宮腺筋症核手術があります。

(1)薬物治療

medicine_capsule_set

薬物治療には、以下の4つがあります。

  1. 症状緩和のための薬
  2. 儀妊娠療法
  3. タナゾール療法
  4. GnRHアゴニスト療法

ⅰ)症状緩和のための薬

「腺筋症」による症状に対処する対処療法です。

生理痛がひどい場合には、鎮痛剤が処方され、貧血が酷い場合には、鉄剤、造血剤、止血剤等が処方されます。

いずれも「腺筋症」自体の治癒に効果のあるものではありませんが、症状の緩和だけでも生活しやすくなる場合も多々あります。

ⅱ)偽妊娠療法

腺筋症は、生理の度に症状が進行するとされています。初潮以降の女性のカラダに生理が起こらない時期は、妊娠中と閉経後です。

そこで、お薬を飲んで腺筋症の進行を遅らせるためにホルモンバランスを妊娠している状態に近づけて、生理中に剥がれ落ちる内膜の量を減らことにより、月経痛や過多月経を緩和する治療法を「偽妊娠療法」という治療があります。

偽妊娠療法には、

  1. 低用量ピル
  2. ディナゲスト

等が用いられます。

a.ピル
(イ)ピルの種類

%e3%83%94%e3%83%ab%e4%b8%80%e8%a6%a7

(ロ)ピルの世代とは?

含まれている黄体ホルモンの種類によって、「第1世代」~「第4世代」に分けられています。

(ハ)ピルの相性とは?

服用する錠剤のホルモン配合量によって「1相性」~「3相性」に分けられています。

(ニ)ピルには「保険適用」のものとそうでないもの?

ピルには、健康保険が適用されるものとされないもの(自費診療のもの)があります。

上の表の価格をみるとおわかり頂けると思いますが、健康保険が適用されるピルが自費診療のピルよる必ず薬価が安いとは限りません。

ただし、自費診療のピルは、クリニックが自由に薬価を設定できるので、クリニックによって差があります。

このうち、「ルナベル」と「ヤーズ」は、健康保険が適用されるため、薬価の3割負担で購入できます。

いずれのピルを服用するにしても、1か月の薬代はおよそ3000円以下になります。

(ホ)ピルの副作用

ピルは、比較的副作用が少ないとされていますが、それぞれの薬に対して、様々な副作用が挙げられています。

副作用の出方は人によってバラバラですが、自分の飲んでいる薬の副作用をよく把握して、副作用でツライと思ったときには、お医者さんに相談して薬を切り替える等してもらいましょう。

b.ディナゲスト

2008年の1月に長期投与可能な卵巣機能抑制および子宮内膜細胞の増殖抑制により、子宮内膜症に対する有効性を発揮する子宮内膜症の治療薬として販売されました。薬剤健康保険の適用されます。

薬価は、1か月で8000円前後。

■偽妊娠療法の効果■

上に書いた偽妊娠療法に用いられるピルや「ディナゲスト」は、全て、子宮内膜の増殖の抑制により、腺筋症の痛みの緩和と過多月経を抑制することを目的としています。

服用している間は、痛みや過多月経が緩やかになり、一定の効果は得られる場合がありますが、腺筋症の場合には、服用を中止すると、また元の状態に戻ります。腺筋症を治す効果はありません。

また、偽妊娠療法中は、妊娠することができないので、妊娠を希望している人にとっては、取り入れるのが難しい治療になります。

ⅲ)タナゾール療法

タナゾール療法は、子宮腺筋症が増殖するために必要とされる卵胞ホルモン(エストロゲン)を抑制し、排卵と生理をストップさせて、月経痛や過多月経を抑えることを目的とした治療です。

副作用とていは、にきびができる、毛深くなる、声が低くなる、肝機能障害、血栓症が挙げられています。

薬価は、1か月1万7千円~3万2千円です。

服用している間は、痛みや過多月経が緩やかになり、一定の効果は得られる場合がありますが、腺筋症の場合には、服用を中止すると、また元の状態に戻ります。

■タナゾール療法の効果■

服用している間は、痛みや過多月経が緩やかになり、一定の効果は得られる場合がありますが、腺筋症の場合には、服用を中止すると、また元の状態に戻ります。腺筋症を治す効果はありません。

ⅳ)GnRHアゴニスト療法

GnRHアゴニスト療法とは、「スプレキュア」「ナサニール」、「リュープリン」「ゾラデックス」のいずれの薬を服用した場合でも同じで、子宮腺筋症が増殖するために必要とされるエストロゲンを低下させて、閉経と似た状態にすることにより、病巣の活動や増殖を抑えて、月経痛や過多月経を抑えることを目的とした治療です。

薬の名前 1か月の薬代
スプレキュア 27000円(注射の場合、39551円)
ナサニール 28000円
リュープリン 39000円
ソラデックス 39039円

それぞれの薬の薬価は、この表の通り、非常に高額です・・・。

副作用としては、閉経状態にするため、更年期症状としておきるものはすべて起きる可能性があります。また、エストロゲンを低下させることにより、うつ症状がでる場合もあります。

具体的な副作用としては、のぼせ、肩こり、頭痛、脱力感、便秘、 むくみ、神経過敏、胃部不快感、しびれ、にきび、悪心、不眠、うつ状態、動悸、肝機能障害、筋肉痛、下痢、めまい、腟の乾燥が挙げられます。

■GnRHアゴニスト療法の効果■

服用している間は、痛みや過多月経が緩やかになり、一定の効果は得られる場合がありますが、腺筋症の場合には、服用を中止すると、また元の状態に戻ります。腺筋症を治す効果はありません。

(2)子宮腺筋症核手術

medical_fukukuukyou_syujutsu

a.子宮腺筋症と不妊

子宮腺筋症は、月経痛や過多月経による貧血等で生活に支障をきたすことも問題なのですが、妊娠に対して非常に不利に働く、いわゆる「不妊の原因」であることも問題です。

子宮腺筋症の薬物療法(ホルモン療法)は、腺筋症を治すという効果もありませんし、身体を妊娠しない状態にしているので、こちらも妊娠に対して不利に働きます。

b.子宮腺筋症核手術

そこで、子宮内の腺筋症部分のみを除去する手術が「子宮腺筋症核手術」です。

この手術により、子宮内の腺筋症部分を除去し、その後の子宮で妊娠を目指すことができます。

ただし、非常にわずかではありますが、核手術後の妊娠で子宮破裂を起こしているケースもあるので、お医者さんと相談し、納得したうえで手術に臨みましょう。

子宮腺筋症核手術の詳しいことは、こちらの記事「子宮を温存できる「先進医療:高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術」を実施している病院は!?先進医療だと手術費用はどうなる!?」をお読みください。

7.子宮腺筋症の治療は、自分が納得のいく治療を!!

wakaremichi_woman

子宮腺筋症は閉経まで自然治癒することはありません。

発症した年齢にもよりますが、10年、20年、それ以上、長くつき合わなければならない病気です。

良性の腫瘍とはいえ、痛みや過多月経の程度によっては生活が脅かされます。不妊の原因にもなります。

これだけの困難な病気にもかかわらず、お薬で完全に治ることはありません。

症状緩和のために薬を服用しても、

  • 低用量ピル以外は、非常に薬価が高い。
  • 副作用が強くてつらい。
  • 思うような効果を得られない。
  • なかなか妊娠できない。

といった悩みがさらに出てくる場合もあります。

こうした時に、きちんとこちら側の悩みに対処してくれるお医者さんを選びましょう。

そして、自分自身もどういった治療を選択していくのが一番良いのかを考えて、その希望をお医者さんに伝えましょう。

子宮腺筋症と診断されたら、子宮腺筋症という病気をよく知り、その一方で、充分な検査や治療の説明を受けて、納得した上で治療に取り組みましょう。