2018/01/22

Z会小学生コース(1年生)に3カ月取り組んだ感想と学習内容や家庭での取り組み方のご紹介

1.Z会小学生コース(1年生)に入会して3カ月経過

sunadokei

①我が家は、「ハイレベル」コースを選択

我が家の長男が今年の4月に小学校に入学し、自宅学習の教材について公文式とZ会を検討していました。

Z会の学習教材と公文式の学習教材を比べたときの記事は、コチラ。

小学1年生の自宅学習は公文式かZ会か?迷った結果、幼児クラスで評判のZ会に入会【Z会の小学生コースの口コミ】

その結果、教材のボリュームやお月謝から、Z会の小学生コースの「ハイレベル」コースを選択し、入会しました。

Z会小学1年生の通信講座「ハイレベル」コースの学習教材は、

  • わくわくエブリスタディ
  • ドリルZ
  • てんさくもんだい
  • わくわくエブリスタディ けいけん
  • けいけんシート

この5つです。

学習教材の詳細はこちら。

Z会小学生コース(1年生)学習教材をご紹介!教科は、「こくご」「さんすう」「けいけん」の3つ!!

②Z会の通信教育を取り組む時間帯

Z会の通信教育に取り組む時間は、平日の夜8時~9時までの約1時間です。

ただし、学習に入る前の机や机の周りの片づけに時間がかかったりして、実際には、もっと短い時間しか取り組めていないことも多いです・・・・。

③1日1時間でZ会の通信教育をこなす量

この平日の夜1時間に、Z会の通信教育の教材を、

  1. わくわくエブリスタディ
  2. ドリルZ
  3. 添削問題

の順に、1時間にこなせるだけこなしてしまいます。

④Z会の通信教育の1日の具体的な取り組み方

具体的には、私が双子を適当に相手をしながら、長男の隣に座り、その日に取り組む単元の問題を読み上げさせ、さらに、長男が問題が解くところ

もっしっかり見ています。

問題の意味が理解できて、解けそうな場合には、「①10より大きい数」の単元が終わるまで、長男が問題を読み、解き終わるまで横でみています。

問題の意味がわからないときは、その都度見て、私が、問題の意味や解き方を教えます。

このようにして、「さんすう」が一単元終われば、「こくご」を一単元、さらに1時間の中で時間があれば、また「さんすう」を一単元というように取り組みます。

この取り組み方で、1か月間に、テキストドリル「わくわくエブリスタディ」が終わり、「ドリルZ」が終わり、最後に、その月の学習内容の総まとめ問題である「添削問題」に取り組むことができ、「てんさく先生」に送ることができています。

2.Z会の通信教育:小学生コース(1年生)に3カ月取り組んだ実感

study_animal_zou

このようにして、我が家では、小学1年生の長男と3カ月間、Z会の通信教育に取り組んだのですが、3カ月取り組んで、ようやく軌道にのってきたような気がします。

そして、

3カ月間Z会の通信教育(小学1年生)に取り組んだ私の感想は、この4つです。

  1. 充実した学習教材が届くのが嬉しい。
  2. 子供に学習習慣が身についてきた。
  3. 子供が自宅学習の意味を理解し始めた。
  4. 「けいけん」学習は取り組む時間がない

①充実した学習教材が届くのが嬉しい

やはり1年間の学習内容の計画的なカリキュラムが決まっていて、その内容を網羅するために作られたテキスト(学習教材)が送られてくるので、こちらは何も考えずに、子供に取り組ませれば良いので楽です。

仮に自分で学習を進めさせようとすると、学校の教科書を参考にしたり、テキストを書店に探しにいったりしなければいけないので、そういう手間が無いのは非常に助かります。

②子供に学習週間が身についてきた

追われるように毎月毎月学習教材が送られてくるので、こちら(親)も毎日心が折れそうになりながらも学習時間を捻出します。

そして、3カ月間、毎晩夜8時からZ会の通信教育に取り組ませることにより自然と子供もその時間は勉強する時間だと思うようになってきます(あきらめがついてきます(笑))。

「継続は力なり。」とは言いますが、これからも頑張ってこの時間を守っていこうと思います。

③子供が自宅学習の意味を理解しはじめた

小学1年生になったばかりの頃は、「なんで勉強しないといけないの?」「もっと遊びやテレビに時間を使いたい!!」と言っていた長男でしたが、学校生活も約半年を過ぎて、小学校は勉強もするところなんだということが実感できてきたようです。

そして、その勉強がわかっていないとテストの時に「×」がついたり、授業中に手を挙げて発言できなかったりするんだということもわかってきました。

それと同時に、家で「やらされていた」Z会の通信教育のおかげで、授業がスムーズに理解できたり、テストで100点を取れたりすることに充実感を覚えてきたようです。

長男なりに自宅学習の意味を理解し始めたように思います。

④「けいけん」学習は取り組む時間ががない

「けいけん」というテキスト教材があり、親子又は家族で、「けいけん」を得られる体験をしてみましょうという内容なのですが、こちらは、全然取り組む時間がありません。

本来であれば、取り組む時間がなくても、せめて一緒に見て、読んであげれば良いのでしょうが、「さんすう」と「こくご」をやらせるだけで、今の私には精一杯です。

自宅学習は親も疲れすぎないために、「そこそこ」にしておくことも大切だと思います(という言い訳です・・・)。

3.「継続は力なり。」親子で自宅学習を今後もがんばります。

ouen_woman

正直、子供だけでなく、私も「保育園の頃は勉強のことを考えなくて良かったから、楽だったなぁ。」と勉強しなくて良かったころをなつかしんでしまいます・・・。

やはり、1日1時間、長男に自宅学習をさせる時間を確保することは、まだ小さい双子がいる我が家にとっては、とても大変なことです。

しかし、長男の貴重な時間も流れ続けています。

双子がもう少し大きくなってから・・・。双子が落ち着いてから・・・・・。

そう考えていると、どんどん時間が流れてしまいます。

「あの時やっていれば・・・」と後悔することがないように、できる範囲でではありますが、今後もがんばってZ会の通信教育に取り組ませていこうと思います。

・・・・実は、我が家は、1か月ごとにお月謝を払うよりも、1年間まとめて払う年払いの方が、1か月あたりの価格が400円ほど安いので、年払いしてしいました・・・・・。

こうなったら頑張るしかありません~。


★資料請求をして「Z会の学習教材」をもらいましょう~★

Z会の通信教育をはじめさせる前に、我が家は、Z会小学生コースの「おためし教材」を請求して公文式と比べました。

最初は「おためし教材」を取り寄せて、きちんと比較して、納得して入会するのが一番です。



Z会の資料請求はこちら(無料)

Z会の「おためし教材」はこちらから申し込みできます。

もちろん無料です。

お子さんのことを一番わかっているのは、ママやパパです。

ママやパパが学習教材をきちんとご自身の目で確かめ、

家庭で取り組ませたい内容か?

自分の子供に合っているか?

を見極めてください。