2018/01/22

春夏靴は、通勤用のパンプス2、ママコーデ用のスニーカー1、たまにビルケンで十分!!

皆さん、靴はどれくらいお持ちですか?

私は、5月から8月までの春夏のシーズンを4足で過ごしています。

今回は、私が春夏に愛用しているその4足の靴を紹介します。

服もそうですが、靴もたくさんあればあるほどコーディネートに悩みますし、履いていない靴に対してなんとなく罪悪感を感じます。

これ以上、服や靴を増やしたくないという方は、最小限に靴を絞ってみてください。

そうすればコーディネートに悩むことや靴の収納に頭を悩ますことから解放されますよ!

①チャンキーヒールのパンプス

2016年くらいからチャンキーヒールの靴が出回ってきました。

安定していて歩きやすいチャンキーヒールの流行は大歓迎です。

このパンプルは、ヒールの高さ3.5センチでさらにチャンキーヒールなのでストレスレス。

ぺたんこ靴より歩きやすいです。

ただ、この靴、実は、ネットで見て、黒×赤だと思って購入したのですが、濃いブラウン×赤の靴でした。

ブラウンがだいぶ濃いので私の夏服とコーディネートできていますが、色味はよく確認しないとと思いました・・。

私の夏服14着はコチラ→夏のママコーデと通勤服は計14着で完成!!コーディネート37通りもご紹介。

②シルバーのペタンコパンプス

このパンプスは、ヒール1センチなのでとても楽ちんに履けます。

シルバーの靴は、割と暗いトーンの服に合わせやすいです。

私の手持ちの服は、黒、グレー、紺、白、ベージュと地味ですが、シルバーのパンプスを履くことで少し華やかになります。

シルバーのパンプスは、黒のパンプスの次におススメです!

〇私のパンプス選びの注意点

中で足が動かないパンプスを探す

パンプスを選ぶときは試着をすると思いますが、夕方(足が浮腫んでいる状態)試着して大きいものは買いません。

よく「中敷きを入れて調整されますか?」と聞かれますが、インソール(中敷き)選びも面倒ですし、インソールを入ると高さが出るので、その靴はあきらめます。

革の靴であれば、履いているうちに多少馴染むので、指が当たって痛いのはダメですが、ぴったりすぎて窮屈かも?というくらいのサイズ感のものがベストです。

エナメルレザーは浮腫んでる状態で探す

私のチャンキーヒールの靴のようなピカピカに加工されたレザーをエナメルレザー又はパテントレザーと言います。

私はエナメルレザーが好きでよく履くのですが、エナメルレザーのパンプスを選ぶときには注意が必要です。

エナメル加工されたレザーは伸びにくいです。そのため、履き口が浮腫んだ足に食い込んで痛くなったりします。

夜になると足が浮腫む方は、特に、要注意。出勤時は良くても帰宅時には靴の履き口が足に食い込んで痛くて痛くてたまらなかったりします。

どうしてもエナメルレザーの靴を履きたい場合には、浮腫んだ状態で履き口が痛くない靴を選んで、朝はインソールを入れた状態で出掛けましょう。

珍しい色はメンテナンスにお金がかかる

パンプスの先端、特に、ポインテッドトゥのパンプスの先端は、どうしても革がめくれて色が剥げてきます。

その時に、黒や茶色といった無難な色だと程度にもよりますがミスターミニッツなどの修理屋さんにお願いしてもそのお店で対応してもらえます。

それがシルバーやゴールドといった珍しい色になると、修理屋さんがさらに特殊なお店に加工を依頼するので期間も費用もかかります。

さらに、先端部だけの加工というのは難しいので全体の色が加工されるので、多少の色味の変化への覚悟も必要。

珍しい色の靴を購入するときは、これらの点に要注意。

私の場合は、今のところそこまで先端が剥げていないので修理に出さずに粘れるところまで粘るつもりです。

このパンプスは2年目ですが、来年もそのまま履きます。

ヒールが高いときは履き口がVカットが◎

ヒールが高い靴は、足の前側に負担がかかります。

その時に、履き口が↓の靴のようにVカットになっている方が足がパンプスの中で留まりやすいので、歩きやすく疲れにくいです(個人差はあると思います)。

パンプスを選ぶときは、履き口の堅さや形状も履き心地に大きく関係してくるので、気に留めて試着してみてください。

履き口がVカットの8cmヒール

③スニーカー(STAN SMITH)

addidasのSTAN SMITH(スタンスミス)。これで3代目です。

スタンスミスは夏場だけでなく1年中履いています。冬場に濃紺のPコートと合わせて着るのも好きなので。

ここ数年スニーカーが流行していて、きれいめな服にスニーカーを合わせても❝お洒落❞とみなされて嬉しい限りです。

スニーカーは履いていて足に負担もかかりませんし、小さい子供と出かけるには最適です。

沢山のスニーカーが各ブランドから販売されていますが、私は、ずっとなんにでも合わせやすいスタンスミスを愛用しています。

〇スタンスミスのメンテナンス

小さい子供(2歳児双子)がいるのでスタンスミスを履いて砂場にもいったりするので、この白い靴がどんどん汚れていきます。

できるだけ白さを保つためにたどり着いたスタンスミスのメンテナンス方法は、硬く絞った雑巾に中性洗剤をつけて拭くことです。

これは、メーカーは全く奨励していない方法ですが、一番簡単で綺麗になります。

④ビルケンストック(アリゾナ)

ビルケンストックのサンダルは歩きやすいので大好きです。

双子の産休中は夏場こればかり履いていたので、今年で3年目ですが、かなり使用感にあふれています。

基本的に近所でしか履かないのでこれで良し。

春夏4足で十分コーディネートできる!!

これは1枚のトップスにあわせる6枚のボトムズを合わせる私のコーディネート写真ですが、これに4足の春夏靴できちんとコーディネートできています。

ちなみに、夏ですが可愛いデザインのサンダルを買うことはありません。

オフィスでサンダルは履きませんし、満員電車で足を踏まれてもイヤなので、通勤にサンダルは不要。

さらに、砂が入るのでサンダルでは公園には行けません。

習い事の送り迎えやスーパーへの買い物くらいならビルケン1足あれば十分。

可愛いデザインのサンダルを買っても出番が無いのは目に見えています。

アラフォーになってなんだか足の見た目も老いてきていますしね・・・。

こんな風に夏でも可愛いサンダルを「買わない」という選択肢もありだと思います。

自分の生活にマッチした靴を考えて、そして履き心地の良いものを選んでください。

この記事を参考に絞り込んだ夏服に合う靴をぜひ!!⇒夏服を減らすコツは、気温30度超えの日に、着て快適・生活にマッチしたもの「気分のあがるもの」だけを残す