2018/01/22

まだ暑い9月。秋コーディネートは靴から始める!

9月は一般的に秋とされていますが、残暑が厳く、湿度も高く、まだまだ暑いですよね。

しかし、日差しは少しずつ秋の日差しに。

お日様の高さが低くなり、影が長く伸びるようになります。

そして、この秋の日差しになると、気温は夏と変わらなくても、夏にマッチしていたコーディネートに少しずつ違和感を感じるようになります。

そんな時は、気温が高くてもロングブーツ以外は案外平気なので靴を秋靴に変えてみてください。

今回は、まだまだ暑い9月に秋を意識したコーディネートするための靴をご紹介します。

 秋素材・秋色の靴

〇スエードの靴

(タップすると詳細情報に飛びます)

靴の素材がスエードで、かつ、色が茶・カーキ・グレーなどの秋に映える靴にすると、コーディネートはグッと秋っぽくなります。

スエードは馴染みやすい革なので履きやすい素材です。

最近は、春夏に明るい色のスエード素材のパンプスが売っているのをよくみかけます。

秋に取り入れるスエード素材の靴は、色を秋に映える色にしましょう。

〇ファーサンダル

一昨年くらいから目にするようになったファーサンダル。

これは、9月にもってこいのデザインです。ファーをあしらってるといっても履き心地はほぼサンダル。

暑い秋でも気軽に履けます。

ただ、このデザインは足元が冷える時期まで履いて履いて履き倒さないと、この時期以外履けません・・・。ソックス合わせも寒さの限界を割と早く迎えると思います。

ファーサンダルを履くなら、早い時期(夏のうち)に購入し、お盆明けからガンガンはいた方が良いと思います。

来年流行しているかどうかもわからないですしね・・・。

〇UGGのモカシン

UGGでもEMUでもどこのモカシンでも良いのですが、モカシンは素足が履くのが◎です。

素足で履くムートンはとても心地良く、9月の始めから足元がひんやりする時期まで気持ちよく履けます。

露出小の重めの印象の秋向け靴

夏と比較して露出の少ない重たい印象の靴も夏が終わった雰囲気を醸し出します。

フットカバーを履いて↑のように足首を出して履いても良いですし、ソックスと合わせてもかわいいです。

私は、真冬もあまりブーツを履かないのでこんな感じの靴を靴下2枚履きでよく履いてます。

ショートブーツ

ショート丈なら暑い日でも割と平気で履けるのでショートブーツを履くのもおすすめです。

パンツの足元、スカートから覗く足元を、ショートブーツにすれば秋を意識したコーディネートになります。

こんなサイドゴアはスッキリ履けそうですね。

安定感のあるヒールの太さですが、シャープなデザインのショートブーツですね。

2017 年秋に私が欲しい靴

私が今年(2017年)の秋に取り入れたい靴は、スリッポンです。

素材は、スエード、色は、黒。

上のイラストのようなスリッポンなら、夏のワードローブとも色が馴染み、自然と私の夏のワードローブを秋コーデにシフトさせてくれるはず。

シルバーのパンプスをよく合わせているこの夏のアイテムも、こんな↓黒のスリッポンを取り入れたら秋っぽくないですか?

ぜひ、自分の夏のコーディネートにも秋のコーディネートにも馴染む色の靴を選んで、夏服を少しずつ秋のコーディネートにシフトさせていきましょう。

私の春夏靴4足は、コチラ⇒春夏靴は、通勤用のパンプス2、ママコーデ用のスニーカー1、たまにビルケンで十分!!