2018/01/22

生理痛がひどい・月経過多の人は夏でも毛糸のパンツコーディネートを!!

夏、とても暑くて汗をダラダラかいているのに、お腹の下の方を触るとひんやりしていることがあります。

これ、自分は暑いと感じていても、実は、お腹は冷えているんです。

下腹部が冷えていると、子宮の働きが悪くなり、生理痛、あるいは、月経過多が促進されます。女性は、下腹部を1年中冷やさないようにしないといけません。

私もひどい貧血になるほどの月経過多なので、夏でも"毛糸のパンツ"を履いてます。

私の月経過多の原因は、子宮腺筋症。詳しくは、こちらの記事で⇒貧血の原因は、子宮腺筋症とチョコレート嚢腫。婦人科の病院選び、診察内容、診断結果、診療費の記録。

え!?夏に??正気??と思いますよね。

しかし、夏に毛糸のパンツを履いても、快適に過ごせるコーディネートがあるんです。

月経痛や月経過多で苦しんでいる方、ぜひ、この記事を参考に、夏の特に生理中、下腹部を冷やさないコーディネートをしてくださいね。

夏の毛糸パンツコーディネート

毛糸のパンツは温かく、下腹部をしっかり冷えから守ってくれます。

ただ、毛糸のパンツは厚手のものが多数。毛糸のパンツの上にスカートやズボンをはくと、ヒップあたりのシルエットがおかしくなってしまいます。これが毛糸のパンツの難点ですよね。

また、薄手の毛糸のパンツでも、夏場は、この上にタイトなパンツやスカートを合わせると蒸れてしまう。これも困りますよね。

①ワンピース+毛糸のパンツ

夏場は、毛糸のパンツを履いて、こんなコクーンシルエットなどのゆったりめのワンピースを着る。

Aラインのワンピースやコクーンシルエットのワンピースだとお尻のラインを拾わないので、毛糸パンツをしのばせてもワンピースのラインがおかしくなりません。

さらに、ワンピースだとよく空気が通り、脚は涼しいので、毛糸のパンツを履いていても意外と暑苦しくなりません。

ワンピースはできるだけ涼しい素材のものを選んでくださいね。

夏場に涼しい素材については、こちらの記事⇒夏に涼しい服装は?素材、シルエット選びが鍵!

②ロングスカート+毛糸のパンツ

ワンピースよりヒップのラインを拾いやすいですが、フレアのロングスカートも毛糸のパンツを履いていてもそこまでヒップのラインがおかしくなりません。

またスカートの中にはよく空気が通るので、蒸れにくく快適にすごせます。

③就寝中も毛糸のパンツ

夏場は寝ているときエアコンをつけるので体が冷えます。

寝るときも毛糸のパンツを忘れずに。

私もパジャマにしているこの↓無印良品の七分丈パンツの中に履いて寝ています。

無印良品の七分丈パンツは、コチラ⇒夏の部屋着。ユニクロの”エアリズム”より無印良品の”レーヨンコットン”の方が断然涼しい。

毛糸のパンツをガードルに

私もそうですが、ワンピースやフレアのロングスカートでは仕事に行けないよ!という方には、ガードルがおすすめ。

上の写真のコクーンシルエットのワンピース以外、夏のボトムズはすべてパンツなので、生理中の仕事の日は、双子出産後から約3年たっているのに未だ現役のこの↑ワコールのガードル(シェイプアップマミー)をまだ履き続けています。

私の夏のボトムス6着はこちら⇒夏のママコーデと通勤服は計14着で完成!!コーディネート37通りもご紹介。

このガードルは、

  • おへそを超える位置までお腹を覆ってくれるので冷えません。
  • 普段履いている全てのボトムスの中に履けます。
  • 美しいヒップラインもつくれます。

良いことづくめです。

このワコールのガードル(シェイプアップマミー)もそうですが、クオリティの高いガードルだと通気性がとても良いので、真夏でも蒸れません。

生理中の腰痛のサポートにも良いですし、シェイプアップマミー高価でしたが、それだけの価値は十分にありました!

夏場も冷えに注意して快適な生理週間を!

生理痛や月経過多がひどいと、生理中、憂鬱ですよね。

いや、生理前から腹痛や頭痛でつらいですね。

私のように子宮腺筋症やチョコレート嚢腫などの婦人科系の疾患がある方はもちろん、生理中につらい症状がある方は、夏場でも冷えないようにしないといけません。

毛糸のパンツ+楽ちんワンピースコーデ、生理中、なんとも言えず心地良く、快適です。

ぜひためしてみてくださいね。

また、服装で冷えを防止するのも大切ですが、夏場、ついつい口にしてしまう冷たい飲み物も体を冷やすので、暑くてもできるだけ常温のものを飲むようにして、冷えからカラダを守ってください。