2018/01/22

子供服のお下がりは、6つのステップで整理→収納!サイズ別・リスト化でスッキリ保管。

子供はすぐ大きくなりますし、特に保育園なんかに通っていようもんならとにかく沢山の枚数が必要なので、"お下がり"ってありがたいですよね。

でも、お下がりを頂く度にいろんな場所に仕舞ったり、頂いたものをきちんと把握していないと、適切なタイミングでお下がりを活用できず、結局買ってしまった・・なんてことも起こります。

そこで、今回は、子供服のお下がりをスッキリ保管する方法をご提案します!

これで必要以上のお下がりをため込むこともなくなりますし、必要なときに必要なお下がりを取り出すことができますよ。

ステップ1:お下がりを全部床に出してみる

まずは、子供服のお下がりを全部床に出してみましょう。

我が家でお下がりを床に出していったときはこんな感じになりました・・・。

きっと皆さんも結構な数があると思います

ステップ2:状態をみて分別

次に、段ポール又はゴミ袋を用意して、お下がりの状態を1着1着みていきます。

  • プリント部分のインクがバキバキになってポロポロ取れてくるもの。
  • チャックが上がらなくなっているもの。
  • 破れているけど、多分補修してまで着せないもの。

衣類は保管しているだけでも傷んでいきます。

これは着せないなという洋服は、用意した段ボール又はビニール袋にどんどん入れていき、処分しましょう。

ステップ3:アイテム×サイズ別に分ける

お下がりの分別作業が終わったら、畳みながら、アイテム×サイズ別に分けましょう。

これは、サイズ100のTシャツです。1枚1枚畳んで全部まとめて紐で縛ってサイズを書いた札をつけてます。

サイズ100×パンツ、サイズ100×ワンピース・・・とアイテムごとにすべて整理しましょう。

ステップ4:決めた数以上のアイテムを手放す

アイテム×サイズ別にお下がりを分別したら、アイテム×サイズ毎に、決めた数以上ある洋服を手放しましょう。

例えば、我が家の場合、1人の子供に対して、サイズ100の半袖Tシャツが48枚もありました・・・。

保育園にも通っていますが、さすがに48枚もいりません。

家用に7枚・保育園用に7枚の計14枚を我が家の100サイズの半袖Tシャツの必要枚数と決めて、34枚は欲しいと言ってくれる人にもらってもらったりして手放しました。

必要以上のお下がりを溜め込まないように、アイテム×サイズ別に必要枚数を決めておきましょう。

ステップ5:アイテム×サイズ別に保管枚数を記録

必要枚数以上あるお下がりを手放したら、今あるお下がりをアイテム×サイズ毎にリストにしておきましょう。

我が家では、こんな風にエクセルシートで管理しています。

管理方法は、別にエクセルシートでなくても、ノートに記録しておいてもOK。

家にある子供服のリスト化のメリットは、2点。

  1. どのサイズのどのアイテムの子供服が家にあるのか把握できる。
  2. 足りないアイテム×サイズの子供服がすぐにわかる。

家にある子供服をきちんと把握できていれば、必要なときにすぐに取り出して使えます。

足りない子供服がわかっていれば、シーズン前やセールのときに揃えておくこともできますし、無駄買い防止にもなります。

ステップ6:アイテム×サイズ別に保管

アイテム×サイズ別にお下がりをリスト化できたら、次はお下がりを保管します。

①次シーズン着る洋服の保管方法

我が家では、必要な時期に必要なお下がり(新品も)を取り出せるように、次のサイズの子供服は洋服ダンスに入れておきます。

詳しくはコチラ⇒子供服を簡単に整理整頓できる収納方法:ポイントは子供別・目的別・アイテム別・ジャストサイズ!!

②次シーズン以外の洋服の保管方法

次のシーズンに着る洋服以外のお下がりも、できるだけ

  • 子供の洋服ダンスの近くで
  • 一か所にまとめて

保管することをおすすめします。

◎我が家の収納方法◎

我が家の場合ですが、子供服関連の物はすべて1つのクローゼットにまとめています。

上の絵の真ん中の図が我が家のクローゼットの様子です。

クローゼットの扉を開けて左右に収納スペースを設けています。

Aエリアには、長男の今シーズンの服を収納しているチェストと3人の子供のお下がり&新品服を保管する衣装ケースを3段積んでいます。

一方、Bエリアには、双子それぞれの今シーズンの服を収納しているチェスト、つっぱり棒には子供3人のアウターをつるし、天井近くの棚に、3段の衣装ケースに入りきらなかったサイズの大きいお下がりをこんな↑風に衣装ケースに入れて保管しています。

保管場所が一か所であれば、色んな場所を探す手間も省けますし、必要になったときにすぐ取り出せます。

できるだけ1か所に集めるようにしてみてください。、

※※※

一度きちんとお下がりを整理して保管しておけば必要な時期にお下がりを活用することができます。

また、お下がりだけでなく、買ってある子供服もこのお下がりのリストに加えておけば、家にある子供服を全部把握することができます。

こうすることで、似たようなものを買ってしまったり、必要以上の数を買ってしまって結局あまり着なかったり・・というムダなお買い物も防止できます。

子供服のお下がりがたくさんある方、お下がりを色んな場所に仕舞っている方、家にあるのと似たような子供服を買ってしまうことが多い方、ぜひ一度お試しください。