2018/01/22

自分に似合う色の服選び。パーソナルカラーがわかなくても平気!"白”を基準に服を選べば良い。

今回は、自分に似合う色の服がわからない・服の色選びで悩んでいる方向けの記事です。

失敗しない服の色の選び方をご提案します。

パーソナルカラーを知らなくてもOK

パーソナルカラーって?

服を選ぶ時に、その服の色が自分に似合うかどうか考えますよね。

だから、服を選ぶときに服の色で失敗しなくて済むように、自分に似合う色・パーソナルカラーを知っておきたいなと思われる方も多いと思います。

パーソナルカラーは、自分の肌、髪、瞳、頬、唇などの色から判断されます。

無料で調べられるサイトもありますし、有料で診断してもらうこともできるようです。

パーソナルカラーの服ってどうなの?

私も無料サイトで調べてみました。

この色が私のパーソナルカラーのようです。

・・・・半分以上が着たことの無い色ばかりです。

私が、普段パーソナルカラーの中で着ている服の色は、赤丸で囲んだ、黒、グレー、アイスグレー、紺。

これは洋服でよくある色・ベーシックカラーですよね。パーソナルカラーだから着ているとは言えません。

もしかしたら、着たことのないパーソナルカラーの服を着てみたら似合うのかもしれません。

しかし、黄色などは例え似合っているといわれても落ち着かなくて心理的に着られません。

売られている服の色は限られてる

そもそもお店で売っている洋服の色はかなり限定されています。

シルエットの素敵な白のニットを見つけたとして、「色違いはありますか?」と聞くと、だいたい黒・紺・グレー・カーキくらいしかなかったりしませんか?

ユニクロなどは割と同じデザインの服をたくさんの色で展開していたりしますが、1つの型の洋服に対して多くても5色くらいの展開のお店がほとんどだと思います。

いくら「パーソナルカラーはこの色です!!」と診断してもらっても、販売されている一般的な服の色と合致しなければパーソナルカラーの服を買うことはできません。

パーソナルカラーに拘ると大変

仮にパーソナルカラーの珍しい色の洋服を見つけたとしても、今度は、珍しい服とコーディネートする服の色を考えるのが大変です。

服の色が多岐に渡れば渡るほど、それに合わせて服の数も増えていきます。

参考記事:服を増やしたくないならいろんな色の服を買わない!!

とりあえず"白"のトップスを選んでみる

とりあえずトップス"白"を選ぶ理由

ひとまずトップス(上半身に身に着ける服)を選ぶときは、"白"を選んでみてください。

ひとまず選ぶトップスの色が白な理由は、3つあります。

  • 白は誰でも似合う色
  • 白は清潔感を与える
  • 白はコーディネートしやすい

白は誰でも似合う色

私は顔色が青白い(ド貧血)ので洗濯洗剤のCMに出てくるような青みががった白はあまり似合いません。

それでも、青みがかった白を選んだから、服の色選びに失敗したから、この服は着られない!!というほどの事態にはなりません。

白は、皆さん似合います。

白だと着太りするとか膨張して見えるとかはありますが、それは服のシルエットの問題です。

白に問題があるのではありません。

白は清潔感を与える

仕事用のシャツは、私服でも制服でも圧倒的に白を着ている人が多いですよね。

これは、やはり白が一番清潔感のある色だからです。

私は、現在アラフォーですが、年齢が上がってきて肌がくすんでくると、若い時よりも一層トップスを白にしたときの清潔感の効果を実感しています。

白はコーディネートしやすい

実は、服の色選びで失敗したと感じるときは、自分に似合う色を選べなかったということより、コーディネートが難し色の服を選んでしまったということの方が多いはずです。

パーソナルカラーだから!と意気込んで買った服が、自分の顔色には合うのかもしれませんが、他のアイテムと全然トーンが合わない・・という失敗に陥ってしまうのも他のアイテムとの色の相性を忘れているからです。

そういう点で、白は、どんな色とも相性が良いので、ボトムスやアウターの色を選ばない万能な色です。

他のアイテムとの相性を考えて色を選べばOK

白は、多くの人に似合い、清潔感があり、他のアイテムとコーディネートしやすいので、服選びにあまり時間をかけたくないなという方は、とりあえずトップス=白と決めておいていいと思います。

とはいっても、トップスが白ばかりでは面白くない・・・飽きる・・・という方もたくさんいらっしゃると思います。

また、白だと着太りするとか膨張して見える場合もあります。

そんなときは、デザインが気に入ったアイテムに白以外の色違いがあるならそちらを試着させてもらいましょう。

服の色選びでの失敗は、顔映りよりも他のアイテムとの相性で失敗した・・と思うことが圧倒的に多いです。

服の色選びで失敗した・・とならないためにも、試着している服が顔映りが良いかどうかでけでなく、手持ちの服の色に合うかどうかもしっかり見極めてください。

顔映りも手持ちの服の色との相性もOKであれば、買っても服の色選びを失敗した・・・とはなりません。