2018/01/22

買った服がもったいなくて着られない!数を減らす・汚れOKな服・生かすことに価値をおけば着られます。

買ったばかりの綺麗なキラキラした服が汚れるのが嫌で、買った服がもったいなくてなかなか着られないという気持ちになるのはわかります。

しかし、綺麗な状態で置いておいても、時間が経つにつれて服(靴やバッグも)は素材もデザインも古くなってしまいます。

実は、もったいなくて買った服をなかなか着られない><と思うご本人も、そういうことはわかっていて、だからこそ「本当は着た方がいいんだけどなぁ。」と悩むんですよね。

そこで、今回は、「買った服がもったいなくて着られない・・・。けど、本当は着た方良いよなぁ。」とお悩みの方が、その癖を治す方法をご提案します。

もったいなくて着られないを止める3つの行動

「買った服がもったいなくて着られない・・・。」とう状態を打破するために大切なポイントは3つの行動は、こちら。

  1. 環境に合った惜しくない服を選ぶ。
  2. 活かすことに価値を置く。
  3. 服の数を減らすこと。

1.環境に合った惜しくない服を選ぶ

例えば、小さなお子さんがいて、毎日公園に連れていかないといけなかったり、食べ物を飛ばされたりする生活の中で、高価なホワイトデニムを買っても、汚されるかも・・・と思うともったいなくて着られません。

子育て中でも時には少し値段の張った素敵な服や靴・バッグが欲しくなるという気持ちはわかります。

しかし、あまりにも汚れる・汚される可能性が高い状況で、頑張って買った服を着られるマインドの持ち主はそうそういません。

汚れる・汚されるリスクの高い環境にあるなら、汚されても惜しくない服を選びましょう。または、デニムなどのように多少汚れても平気な服を選びましょう。

少し値段の張った素敵なものが欲しいときは、服ではなく、財布などの汚されるリスクが低いものを選ぶと良いですよ。

2.活かすことに価値をおく。

お店で売っているほとんどの服も、数か月後にはセールにかかり、値段が安くなります。それは、その服が旬の時期をすぎ、少し価値が下がったことを表しています。

買った服も同じように、新品の状態のままでも、買った時から時間が経てば経つほど、素材やデザインの新鮮さは失われていきます。さらに、機能的には劣化していく場合もあります。

しかし、その一方で、学校や仕事、育児のときに、買った服を着ることで気持ちが明るくなったり、気持ちに張りが生じるのであれば、その服は自分にとって非常に価値があると思いませんか?

買った服は、買った時の状態で綺麗に置いておくことよりも、それを着て生活に生かすことに価値があるという考えに考え方をシフトしましょう。

3.服の数を減らすこと

もったいなくて着られない服があるのは、その服が大切だということもありますが、そもそもその服を着なくても他に着る服がある状態なんだと思います。

例えば、私の秋冬は、パンツが4本しかないので、「もったいない・・」。なんて考える暇もなく、必要に駆られて乾いているパンツをとりあえずで着なければならない状態になるときがあります。

【レディース】少ない服で着回し!秋の服装:トップス6ボトムス4計10着:21コーディネートで過ごしてます!

強制的に、そのもったいなくて着られない服が日々のコーディネートのスタメンになるように、2軍、3軍の服の数を減らすというのも「買った服がもったいなくて着られない」癖を治すにはかなり有効です。

夏服に特化した服の減らし方のコツですが、他の季節にも応用できます。→夏服を減らすコツは、気温30度超えの日に、着て快適・生活にマッチしたもの「気分のあがるもの」だけを残す

さらに、今後は、必要で仕方のないときに服を買うようにすると、「もったいなくて着られない。」と言ってられないので、良いと思います。

※※※

「着るのがもったいない。」と思えるほど大切な服こそ、ぜひ沢山着て日々の活力にしてください。

擦り切れるほど着たら、またその時に、きっと素敵な服に出会えますよ。