2018/01/22

身だしなみからお洒落のテクニックまで。何着てもダサいなぁと思う時は、この5つの項目を見直そう!!

ふと、あの人はいつも服をスッキリと着こなせてるのに、自分はなんだか服をお洒落にスッキリ着こなせないなぁと思う時ってありませんか?

そこで、今回は、「自分は何着てもダサい。」と思う時に見直して頂きたい5つの項目をご提案します。

1.洋服のシワ・ホコリ・毛玉をメンテナンス

ダサ見え防止には清潔感

シワ加工のシャツなどを除いて、基本的に服にはハリが無いとダサくみえます。

シャツはできるだけシワがなくパリッとしている方が清潔感を醸し出せます。

キレイめに着る必要のないお洒落スエットも、いや、お洒落スエットこそ、ホコリがついていたり、毛玉だらけだったりすると、ただの部屋着にしか見えません。

年齢を重ねるごとに、清潔感のある服を身に着けることが大切になってきます。

ダサく見えたくないなら、まずは清潔感。

シワ・ホコリ・毛玉防止にスプレー

手間暇かけるのは大変ですが、防御策として、

  • シワのつきやすい服にはしわ取りスプレー
  • ホコリのつきやすい服には防水スプレー
  • 毛玉のつきやすい服にはエレガード

を着る前に吹きかけておきましょう。

毛玉がつきやすい服に静電気防止用スプレー"エレガード"を吹きかけておくのはなぜか?静電気で毛玉ができやすいからです。

冬場のニットは、コートとニットとの間の静電気でも毛玉ができます。

また、最近のトレンドの袖にボリュームのあるニットは、ニットの袖とニットの胴回りが触れることでも静電気が起こります。

事前にLet’sスプレー。

■愛用のしわ取りスプレー

しわ取りスプレー

■愛用の防水スプレー

アメダス 防水スプレー

UGGやレインコート・レインハットにもかけてます。

UGGは水に弱いので必ず防水スプレーすることをおすすめします。

■愛用のエレガード

エレガード 

時には時間をかけてメンテナンス

毎日洋服をブラッシングするのは無理だと思いますが、コート、ストール、ニットなどは時間のあるときにブラッシングしましょう。

ブラッシングしておけば毛玉もできにくくなります。そして、長持ちします。

靴もブラッシングしたり磨いたりして綺麗な状態で身に着けるようにしましょう。

■愛用の洋服ブラシ

【ブラシの平野】 洋服ブラシ 手植え水雷型

とても高価ですが、私はカシミヤニットやストールはクリーニングに出さず、手洗いして干して、このブラシでメンテナンスしてます。

このブラシでニットをブラッシングすると光沢がよみがえってきてまた綺麗な状態になります。

毛玉取りは、そこで繊維を切ってしまうので、ニットがやせてきます。このブラシは、出っ張ってる毛玉を繊維の中にもう一度押し込むのでニットが痩せません。

高価ですが、それだけの価値はあります。

2.裾丈・袖丈に変化をつける

腕や足が全部衣類で覆われているよりも、肘から下や足首から素肌が見えている方が垢ぬけてみえます。

よく雑誌なんかでは、"抜け感"と表現されていますが、これがまさにそれです。

全身を鏡に映してみて、なんだかもっさりして見えるなぁと思う時は、長袖の袖を肘くらいまでたくし上げてみて下さい。

パンツの裾丈は、その服のデザイン、ヒールの高さ、自分の身長にきちんと合わせていればいるほどスッキリ見えます。反対に、中途半端な丈の長さにしているともっさりして見えます。

パンツがデニムなどのカジュアルなパンツで折り返しても問題のないパンツなら、裾をクルクルと巻いて足首を見せてみましょう。寒い時期なら靴下を見せてみてもOK。

裾をクルクルと巻けないようなパンツは、合わせる靴を履いて、自分で裾を内側に折り返してみてちょうど良い丈を考えてみましょう。一番スッキリ見える裾丈を確認したら、お直ししてもらいましょう。

3.インナーにこだわる

どんなに素敵な色・デザインのトップスを着ても、

  • 襟元からインナーが見えていること自体でダサくみえる。
  • 襟元から見えるインナーの色・デザインでダサくみえる。
  • インナーがトップスの中もたついてることでダサくみえる。

など、見えないからそこそこで良いやぁと思うインナーですが、失敗したらダメージは絶大。垢ぬけなくなってしまうんです。

トップスを買って、それに合うインナーが無ければ、インナーも買う!!と腹をくくるくらいインナーにこだわってもやりすぎではありません。

■襟ぐりの大きな服にはこのインナー

ContRante 深アキ襟ぐり あったかインナー7分袖

このインナーは、襟ぐりが大きく開いた服の中に着られます。七分丈なので、袖もニットから覗きません。

暖かいので、これを着れば、冬場でも襟ぐりの大きく開いたニットを着られます。

私は去年黒2枚買いましたが、まだ綺麗です。

4.髪を結んでみる。

全身を鏡に映して、なんかもっさりして見えるとき、髪を後ろで1つに結んだように手でつかんでみてください。

そうするとスッキリしませんか?

冬場などでつま先から首元まで衣服で覆われて、さらに、長い髪を下ろしていると、全体の雰囲気が重たくなってきます。

そうした時は、

  • 髪を結わえる
  • おでこを出す
  • 髪のシルエットをタイトにする

など、髪の毛をスッキリまとめることで、全体の雰囲気が垢ぬけます。

5.ピアス・イヤリングをつけてみる。

ダイヤ・スワロフスキー・コットンパールなどのクラシカルなピアス・イヤリングをすると、とても明るい印象になります。

美白化粧品なんかで肌のくすみを取ることも大切ですが、耳元にパールやダイヤのピアスをつけるだけで、顔全体が華やかになります。

たがか耳元ですが、つけるのとつけないのとでは全然違います。

パールの場合は、ピンクよりの色よりも白か黄色味がかった白がおすすめです。

なんだかパッとしないなぁという時に、眠らせているフォーマル用のピアス・イヤリングなんかを持ち出してきてぜひつけてみてください♪

radaのイヤリングは金具の加減が絶妙です。長時間つけていても痛くないし、かといって緩くて落としてしまうということもありません。

ただ、値段が高いので、状態が良ければ中古品でも良いと思いますし、セールで狙うのもおすすめです。

※※※

毎日満員電車に乗ってます。

一度にたくさんの人を見たときに「素敵だなぁ。」と思う人は、特別なお洒落をしているわけでなく、小さなことを積み重ねている印象です。

毎日服を選んで服を着ることは、時には面倒ではありますが、1つ1つのアイテムや作業に丁寧に取り組むことがお洒落への近道なのかなぁと思います。