2018/01/22

シンプルワードローブ!?秋アウター2着のご紹介と買った服にすぐ飽きないコツ(服選びとメンテナンス方法)もご紹介。

最低10℃以下最高約20℃の晩秋コーディネート

冬が近づいてくると最低気温が10度以下で朝晩の冷え込みが強くなるものの、日中は20℃くらいまで気温が上がり割と暖かいという日が出てきます。

こんな冬の入り口に差し掛かった寒暖差のある秋の日、シンプルワードローブを目指す私のコーディネートは、9月初旬から着ている"基本の秋冬にアイテム"にアウターとインナーをプラスするだけで完成。

基本の秋冬はコチラ→【レディース】少ない服で着回し!秋の服装:トップス6ボトムス4計10着:21コーディネートで過ごしてます!

そこで今回は、

  • シンプルワードローブを構築する秋アウター
  • 秋アウター選びのこだわり
  • メンテナンス方法

をご紹介します。

私の秋アウター

私が愛用している秋アウターは、トレンチコートとナイロンジャンパー。この2着のみ。

①愛用のトレンチコート

◎トレンチコートはシンプルワードローブの必須アイテム◎

現在着用しているのは着丈長めのトレンチコート。

トレンチコートの素敵なところは、カジュアルなコーディネートにもきちんとコーディネートにもはまるところ。

通勤にも普段にもOKなので、秋中大活躍。

こんな懐の深いトレンチコートはまさにシンプルワードローブの構築に欠かせないアイテムです。

◎このトレンチコートを選んだ理由◎

  • 色味が欲しかった濃いベージュ。
  • カッチリ・キッチリと作り上げられたデザイン。
  • 縫製が美しい。
  • 生地がしっかりしていて風を通しにくく保温性に優れている

この4点が気に入ってこのトレンチコートを選びました。

②愛用のナイロンジャンパー

◎ナイロンジャンパーを選んだ理由◎

基本的に毎日自転車に乗るので、雨の日もレインポンチョを着て自転車に乗っています。

愛用レインポンチョ・レインハットはコチラ→梅雨や雨の日。保育園の送り迎えと通勤を乗り切る8つの便利グッズをご紹介

どの季節でもレインポンチョの内側にスッキリ着られるアウターが必要なんです。

その点、このナイロンジャンパーは、レインポンチョの中にスッキリ着ることができます。

さらに、このナイロンジャンパーは、雨の日にレインポンチョの内側に着られることに加え、

  • 張りのある生地
  • 襟元&フードが立ち上がるデザイン
  • Aラインシルエット

といったデザインできちんとした格好にも合わせられるので、通勤時にも着られます。

さらに、こちらも生地が高密度で風を通さないので保温性に優れています。

雨の日の通勤に快適に着られる点が気に入って、このナイロンジャンパーを選びました。

私が秋アウターに求めるこだわり

■風を通しにくいこと

私の秋アウターは今のところこの2着。

ロングカーディガンにも惹かれてるのですが、どうしてもトレンチやナイロンジャンパーに比べると風を通しやすいのでは?と思い二の足を踏んでいます。

目が詰まっている生地のアウターは風を通しにくく、中にそんなに着こまなくても寒さを感じなくて済みます。

逆に、見た目は暖かそうでも、どんどん風を通すような生地だと、冷たい風が体温を奪っていきカラダが冷えてしまいます。

また、生地の目が詰まったアウターは、気温が上がってきたらボタンやチャックを開けさえすれば、熱が籠らないので快適に過ごせます。

秋のアウターを選ぶときは、デザインももちろんですが、風を通しにくい生地を使っているかどうかを必ず確認しています。

◎風を通しにいアウターを選ぶ方法◎

秋アウターを選ぶときは、手に取ったアウターの生地裏に手をおき、息をそっと息をふきかけてみて、その息をどれくらい感じるかでそのアウターの防寒性を測っても良いと思います。

また、ショップの店員さんがお店の商品1点1点に詳しいようなお店でしたら、店員さんにも訪ねてみましょう。

ロングカーディガン・ニットコートを選ぶときも目の詰まり具合や裏地の有無をよく見てくださいね。

■春にも着られる素材感であること

昨今、日本は、春と秋が短く、あっという間に夏になったり冬になったります。

結果として、薄手のアウターを全然着ずにシーズンが終わっていまうこともあります。

だからできるだけ春と秋でアウターを併用したい。

いくら薄手でも取り外しできない部分にファーやボアなどあったかデザインの物を着るとどうしてもダサくなります。

春と秋の両方の季節に活用するために、秋アウターを買うときには、常に春に着られるかどうかも念頭に置いて選んでいます。

■秋の長雨にも困らないアイテム

秋アウターを揃える中で、1着は必ず雨の日に着られるアウターを用意します。

"秋の長雨"なんていう言葉もあるように、秋は雨の日が割と多いです。

雨の日にも自分が納得できる服装ができるように、必ず雨の日OKなアウターを準備しておきます。

トレンチコートとナイロンジャンパーのメンテナンス方法

①トレンチコートのメンテナンス

■シーズン初めに防水スプレー

トレンチコートは着始める前に防水スプレーをふきかけておきます。

こうすることで汚れにくくなるので。

■着用した日はしわ取りスプレー

トレンチコートを着た日は、ハンガーにかけたあと裾の方にしわ取りスプレーをかけて1日の疲れ(シワ)を取ります。

現在、着丈長めのアウターが増えています。着丈が長い分、裾の方には座ったりしてシワがよりやすいです。

シワの多いコートを身に着けていては、スッキリとした着こなしはできません。

着用した日は裾のシワだけでも取っておくとずっと綺麗な状態が保てるのでおすすめです。

■襟元はスカーフかストール

トレンチの襟や襟元は結構お化粧がつきやすいです。お化粧はつくと落とすのが大変。

また、首元は自分の油で黄ばみやすくもあります。

首元にはスカーフやストールを巻いて、極力自分の皮膚が直接トレンチコートに触れる時間を短くしましょう。

②ナイロンジャンパーのメンテナンス方法◎

■シーズン初めに防水スプレー

ナイロンジャンパーにもシーズン初めに防水スプレーをかけます。

そうすれば小雨ぐらいの雨ははじいてくれます。

※※※

今回紹介させて頂いた私の秋アウターは2着。

2着だけでとても満足しているのは、自分が秋アウターに求める条件をすべて満たしているからです。

"服を買っても買っても満足できない・・・。""買った服にすぐに飽きてしまう・・・"という悩みを抱えている方は、買い物をする前に自分がそのアイテムに何を求めるかを明確にして、その欲求が満たされるアイテムを探してください。

さらに、自分が買ったアイテムをメンテナンスすることで、そのアイテムへの愛着は倍増します♪

そうすれば、買った服にすぐ飽きるということもなくなります。

関連記事:自分が本当に素敵だと思う服を選べば、買ったらすぐにその洋服に飽きることは無くなる!