2018/01/22

年末大掃除はいつから?自分に合ったスケジュールを立てて毎日コツコツ綺麗にする方法。

 

主婦の皆さん、「大掃除をしなければ・・。」というプレッシャー、憂鬱ですよね?

働いていたり、小さな子供がいると、なかなか掃除にまとまった時間もとれませんしね・・・。

それでも「やらなければ。」という強迫観念から年末に掃除をし始めようもんなら、「ここも!」「あそこも!」と気になる場所がどんどん増えてゆくのと反比例して時間がどんどん過ぎてゆき・・

結局、「来年こそは完璧な大掃除をしよう。」と思いながら新年を迎える。

あるあるですよね?

そこで、今回は、毎日コツコツ隙間時間を使って大掃除をする方法をご紹介します。

この方法なら小さなお子さんがいる方もワーママさんも取り組めます!

家の隅から隅までピッカピカにするのは難しいですが、無計画に始める大掃除よりずっと満足感が得られます。

ぜひ、今から取り組んでみてください。

1.掃除場所・物をリストアップ

①日頃から掃除したい場所や物をリストアップ

家中を綺麗にするのが理想ですが、全部をやり切るのは大変です。

まずは自分が日ごろ生活していて「あぁ汚れてるなぁ。」とか「綺麗にしたいなぁ。」と気になっている場所をリストアップしていきましょう。

リストアップは頭の中だけでなく必ず紙に書くなどしてください。

私は、エクセルシートにどんどん記入していきます。スマホのメモ機能なんかも良いと思います。

②優先順位を決めておく

リストアップしたら、限られた時間の中ですすめていくので優先順位を決めましょう。

家中を全部完璧に綺麗にしようとしたら挫折します。

ずっと気になっていた箇所やモノをいくつかでも綺麗にできればOKとしましょう。

2.綺麗にしたい場所を細分化

綺麗にしたい場所を挙げていくと、

  • キッチン
  • ベランダ
  • お風呂

などのように、広い範囲も挙がってきます。

ひとくちに"キッチン"といっても、

  • 冷蔵庫
  • 食器棚
  • シンク下
  • 床下など、

掃除する場所がたくさんあります。

このような広い範囲は、隙間時間でも少しずつ掃除を進められるように、掃除する箇所や作業を細かい項目に分けましょう。

3.リストアップした場所・物を3分別

リストアップした場所の細分化が済んだら、今度は、それらを

  1. 洗濯グループ
  2. 掃除グループ
  3. 整理グループ

この3つに分類します。

3つに分類することで、隙間時間で掃除できるか否かを判断できます。

1.洗濯グループ

洗濯グループは、洗濯すれば綺麗になるものです。

日ごろなかなか手が行き届かない、カーテンやクッションカバー。ソファーのカバーなんかも。

洗濯グループは、洗濯すれば綺麗になるので、汚れの程度によっては何度も洗濯機を回すことになりますが、一番簡単に綺麗にできます。

ちなみに、私は、過去に、汚れ倒したリビングのカーテンの汚れが落ちなくて4回洗濯機を回したことがあります・・・。ふふ。

2.掃除グループ

掃除グループは、汚れやホコリなどを取り除く掃除をすれば綺麗になる物や場所です。

窓のサッシに溜った汚れ、エアコンのフィルタに溜ってるであろうホコリ。

いつも気になりますよね。

お風呂なんかは、風呂釜はもちろん、お風呂の窓やシャンプーやリンスを置いている棚なんかも挙がると思います。

掃除グループの物は、汚れ・ホコリ・カビなどは、目的にあった掃除道具を使えばかなり綺麗になります。

黒ずみなどまで完全に落とそうとするとしんどくなるので、完璧を目指さないことも大切です。

掃除グループの関連記事:換気扇・レンジフード・五徳の油汚れやカウンターの大掃除の方法~オキシクリーン使用~とかかった時間。

3.整理グループ

整理グループは、中に入っている物、もしくは、上にのっている物を整理してから綺麗にする場所です。

クローゼット、収納棚、靴入れ、冷蔵庫、キッチンカウンター、食器棚など。

普段じっくりと見る時間がないものの、いろんな物が押し込まれているであろう場所です・・・。

整理グループは、

  1. 中の物(上の物)を全部出す。
  2. 不要なものを捨てる
  3. 掃除を捨てる
  4. 戻す

という作業をしなければいけないので掃除に時間がかかります。

例)冷蔵庫の大掃除の所要時間90分:冷蔵庫の大掃除の手順とかかった時間は?時間が無い人は不用品処理だけ翌日でも良い!

全部取り組もうとすると挫折します。

普段良く使う冷蔵庫や来客時に目立つキッチンカウンターや飾り棚だけを掃除するなど無理しないようにしましょう。

育児や仕事が忙しかったり、体調が優れない場合は、この掃除グループの掃除は今年は止めておくのも一つの手です。

今回取り組めなかったところは、2ケ月に1回や3ケ月に1回など、取り組む日を決めて掃除をするようにしても良いと思います。

4.優先順位の高い洗濯Gと掃除Gの小掃除実行

①遅くても12月1日から小掃除スタート!!

洗濯グループと掃除グループの掃除は、短い時間に片づけられます。

例えば、クッションカバーやソファーのカバーなどは、平日少し早く起きて洗濯機を回してしまえばあとは干すだけです。

エアコンのフィルタや窓のサッシの掃除も1か所であれば朝や晩に1時間時間を作れば綺麗に掃除できます。

12月に入ったら、小掃除のための時間を1日1時間ほど確保して、洗濯グループ又は掃除グループの優先順位の高い項目を順番にこなしていきましょう。

この方法で毎日コツコツ掃除をすれば、12月31日には、最高で31か所の掃除が済んでいます。

少しずつとはいえ、普段手入れしていない場所を31か所掃除するのは素晴らしいことですよね?

②整理Gの掃除はまとまった時間を確保

仕事や育児、介護などでなかなかまとまった掃除時間が取れない人は、整理グループの掃除に時間が取れそうな日を検討しておき、その日がきたら速やかに実行しましょう。

「時間がとれたら掃除をしよう~。」では、なかなかまとまって掃除をすることはできません。きちんと計画を立てておきましょう。

買い物リストと買わないリストも作成

■買い物リストの作成

掃除をしていると足りない日用品や欲しい道具などがどんどん出てきます。

それもいちいちスマホにメモ入力しておきましょう。

そうすれば年末の買い出しの時にわざわざリストを作成する必要がありません。

買い忘れも防げます。

■買わないリストの作成

掃除をしていると、必ず「これ結局使わなかったなぁ。」って物が出てきます。

私の場合、よくあるのがドレッシング。

おいしそうだなぁと買うものの、最後まで使うことはまずありません。ほとんど残り半分以上を捨てることになります。

だから、もうドレッシングは買わない方がいいんです。

自分で、醤油、ごま油、レモン汁で適当に作る味の方が好きなんです。

だからもう今後はドレッシングを買うな!!と自分に言い聞かせるために、買わないリストにドレッシングを載せます。

掃除の時に捨てるはめになって、「買う必要が無かったなぁ。」という物もリストにしましょう。

ムダな買い物を減らすのにとても効果的です!!