子供服の買い過ぎや無駄遣い防止策:在庫管理表とセールでお得に来年用を買う!

子供服って、可愛くて見るとついつい欲しくなってしまいますよね。

1枚あたりの値段は大人の服と比べると買いやすい値段だったりしますし。

それゆえに、「子供の服は必要だから♪」「そんなに高いわけじゃないし~」とついつい買ってしまいがち。

ちょこちょこ子供服を買っていると、何を買ったかを把握しきれなくて、似たような服が家に沢山あったり、買い過ぎて出番を迎えないままサイズアウトする服が出てきたりします。

「いつか着るから♪」と買った服も、出番がなければムダです。

1枚あたりの値段は手の届きやすい子供服も沢山買うとトータルの金額は驚くべき額になっていることも・・・。

そこで、今回は、子供服の買い過ぎや無駄遣いを防止する方法とお得に買う方法をご紹介します。

子供服の在庫管理表を作る

子供服在庫管理表とは?

子供服は、お下がりをもらうことも多いですよね。また、お祝いで子供服を頂くこともあると思います。

まず、一体、家にどれくらいの子供服があり、どれくらいの子供服を買う必要があるのかを把握するために、在庫管理表をつくりましょう。

作り方は自由です。手書きの表でも良いですし、エクセルシートなどで作ってもOK.

私は、外出先でも見られるように、googleのスプレッドシートにこんな感じ↑で、作成しています。

子供ごとにタブを別にして管理

我が家の場合、3人子供がいるので、長男、双子1、双子2の服を、タブを別にして管理しています。

さらに、双子1と双子2は、自宅用の服と保育園用の服があるので、双子に関しては、自宅用と保育園用もタブを分けて管理しています。

各サイズの各アイテムの在庫数を入力

各タブでは、上↑の表のように、サイズ毎の洋服のアイテムを項目にしていきます。

次に、家にある子供服の在庫数=家にあるお下がりや新品の服の数を把握し、入力します。

子供服の在庫数を把握するにあたり、お下がりなどを色んな場所で保管している場合は、一度整理しておきましょう。

お下がりの整理方法は、コチラ→子供服のお下がりは、6つのステップで整理→収納!サイズ別・リスト化でスッキリ保管。

各アイテムの必要数を入力

在庫数の入力が済んだら、各アイテムの必要数を入力します。

ここは、そこまで突き詰めて考えず、ざっくりで良いです。

迷った場合は、「足りない!」と思った時に買い足せば良いので、少な目の数にしておきましょう。

夏場は汗をかいて着替えることが多いので、冬服よりも少し多めに用意しても良いと思います。

各アイテムの不足数を入力

各アイテム毎に、各アイテムの必要数から在庫数をひいた不足数を入力します。

この各アイテムの不足数が、買っても良い子供服の数です。

この不足数を補う子供服の買い物であれば、思う存分楽しんで買っても「買い過ぎた・・・」という事態にはなりません!

(次に書く予算の問題はありますが・・・。)

各アイテムの補充済みの数

子供服を買ったら、補充済みの数を入力しておきましょう。

これで、買ったことを忘れて、更に買うのを防止することができます。

また、新たにお下がりをもらった場合にも、補充済みの数として入力しましょう。

子供服の年間予算を立ておく

子供服の価格は、ピンキリ!

必要枚数分だからといって、高いブランドの子供服で揃えていたら、総額は凄い金額に膨れ上がります。

1年間で子供服にいくらまで使って良いのかを決めておきましょう。

1年間の子供服予算を決めて、その中で、必要枚数の子供服を買うようにすれば、買い過ぎも無駄遣いが防止できます!

ちなみに、株式会社BANDAIが0~2 歳、3~5 歳、6~8 歳、9~12 歳のそれぞれ 250 人の男女(全体人数 2,000 人)の保護者にアンケートをとった結果、1年間の子供服に使う金額の平均は1人当たり約40,000円だったそうです。

年間予算をいくらにしたらわからないといった場合は、この数値を参考にしてみてください。

セールで来年用の子供服を買う

子供服はバーゲンを活用

更に、子供服は、短い間しか着られないので、予算を下回る買い物ができるのであれば、それに越したことはないですよね。

売り出しから低価格な子供服もブランド物の子供服も、セールが始まるとシーズン初めの価格の30オフ➡50オフと値下がりしていきます。

子供服に使うお金を抑えるためにも、セールを活用しない手はありません。

ネットの最終セールは激安

百貨店やモール店頭での子供服のセールは、一定期間がすぎると撤収され、次シーズンの新作が並びます。

しかし、その後も、ネットでは、子供服が百貨店やモールよりさらに最終値引きされて販売されていることが多いです。

2月の中旬あたりから、定価の60%オフで販売されたり、更に、合計金額が一定額を超えると1000円値引きされたりと、叩き売り状態の子供服ブランドも多数あります。

そのため、我が家は、ネットの最終セールで来年用の子供服を買っています。

ファミリーセールサイト

シーズンごとのセール以外のタイミングで子供服を買う時には、ファミリーセールサイトもおすすめです。

私も今までチョコチョコお買い物をしていますが、欲しい物が見つかれば、かなりお得です。

関連記事

ベビーやこどもに可愛い服を!憧れのビームスの子供服がGLADDでアウトレット価格でした!

幼児・子供の長靴の選び方は?サイズは大きめよりジャスト!ソールもチェック!!2歳双子の特別に安い長靴も公開。

キャリー品セールサイト

百貨店などで販売されているRAGMARTなどのブランド子供服の前年度以前の商品(キャリー品)を激安で販売しているサイトもあります。

私は、この↓ベビー&子供服ピカデリーサーカスというお店お買い物しています。

 

関連記事:子供の秋冬物の準備:RAG MARTの子供服をセール価格よりもっと安く買いました!

ベビー服や子供服はもちろん、水着やレインコート・レインブーツ・傘なども揃うのでとても便利です。

※※※

どんなに激安でも必要数以上の枚数を買ってしまっては、無駄遣いになります。

決めた予算内で必要数の子供服を買うように、在庫管理表を使ってがんばりましょう!!