ミスターミニッツで革靴の染め替えをした!気になる料金や仕上がりは?

この度、買ったばかりの革靴の染め替え(靴の色を違う色に変えること)をしました。

そこで、今回は、靴の染め替え・リカラーについてお話します。

革靴を染め替えしたきっかけ

色がNGでもデザインが好きで手放せない靴

靴の染替えをしたのは、黒っぽい靴を買ったはずが、お日様の光のもとで見ると全然違う色で履きこなせる気がしなかったから。

画像で見るとこんな↑感じで、黒味が強いように見えるのですが、外で見るとかなりシルバー色が強く、足元がギラッギラ。

私はシルバーの靴を履きこなせる技量を持ち合わせていません><

セール品だったので、返品は不可。

フリマアプリで売ることも考えましたが、靴のデザイン・フォルムは素晴らしく手放したくない気持ちでいっぱい。

「この靴が普通の黒だったらなぁ。」と悶々としていました。

靴の色が黒になれば履けると気付きミスターミニッツにGO

そして、ある時、ふと「この革靴を黒に変えられないかなぁ。」と思ったんです。

ネットで調べてみると、どうやら革靴の色を変える"染め替え"という技術があるということがわかり、近所の靴の修理屋さん"ミスターミニッツ"に相談に行きました。

相談の結果、一度工場に送ってみて、染め替えできるかどうかを判断するとのこと。

とりあえず、この革靴を染め替えできるかどうかを判断して頂くことにしました。

革靴の染め替えのリスク・値段・かかる期間

革靴染め替えのリスク値段・期間の説明

後日、工場から連絡があり、黒への染め替えは可能とのこと。

ただし、履いているうちに、色が剥がれるリスクがあると言われました。

そして、革靴の染め替えにかかる値段は12000円!

染め替えにかかる日数は5~6週間

お金をかけてもリスクを鑑みても履きたい靴なので染め替え決定

色剥がれについては、また修理すれば直せる(お金かかるけど)ということでした。

12000円という値段には正直かなり躊躇しましたが、それでもこの靴を履きたいという気持ちが勝り、結局、染め替えをお願いしました。

染め替えした革靴の状態とその後

無事に染め替えが終わり手元に届いた靴はこちら。

元の色と比較すると、こんな感じです。

靴の状態は、もう5回以上長時間履いていますが、今のところ何も問題はありません。

パンプスを無難な色に染め替えするのもいいかも

自分でできないパンプスのつま先の剥がれ

今回、革靴の染め替えをして、靴が新しい色になるのも良いものだなぁと思いました。

そこで思い出したのがこの↓パンプスのつま先剥がれの修理。

このパンプスは、もう2年履いていますし、ポインテッドトゥ(先のとがった)なので、先端の色が剥がれてしまっています。

色が黒など無難な色であれば、靴のつま先の修理を専用のマニュキアを使って自分でできるのですが、シルバーのような珍しい色のマニュキアは売っていません。

修理屋さんに相談したらカラーリングを提案された

そこで、靴の修理屋さんに、こんなシルバーなどの珍しい色のパンプスの先端の色剥がれはどうして修理すれば良いのか尋ねたことがありました。

すると、「珍しい色の靴は先端だけのカラーリングは難しく、全体を染め替えするしかない!」といわれました。

現在、このパンプスのつま先の色落ち具合は、まだそこまで目立ちません。

しかし、ポインテッドトゥのパンプスの先の色剥がれは宿命ともいえます。

今後どんどん先剥がれがひどくなったら、とても歩きやすくデザインも気に入っている靴なので、靴専用のマニュキアで自分で先端の修理ができる、黒などの無難な色に染め替えをしてもらうのもいいなぁと思いました。

※※※

今回生まれて初めて革靴の染め替えにチャレンジしました。

12000円はかなり痛い出費でした。

が、黒に染め替えしたことで、デザイン良し、履き心地良し、他の服との相性良し!な靴になったので、沢山履きます。