2018/04/15

失敗しない春服の選び方:2018年に春物を買うまでを大公開

2018年春は、パンツを2本とニット1着(上の写真の)買い足しました。

気温が不安定な春の服選びって難しいですね。

気を付けて選ばないと、結局着る機会の無いまま夏になってしまった・・・なんてこともおこります。

そこで、今回は、3月から春コーデを堪能できる春服の選び方を、実際に買ったパンツ2本とニット1着を例に挙げてご紹介します。

STEP1:ワードローブから欲しい春アイテムを考える

 

とりあえず持っている春服を全部出してみる

春服を買うにあたっては、まず、自分の春服を全て出してみましょう。

こんな感じで、全部出します。

この時に、くたびれている服や全然着ていない服は処分してしまいましょう。

おすすめの服を売る方法はコチラ

着ない服を短期間で処分した方が良い理由と処分方法:要らない服の枚数別におすすめ買取・売り先もご紹介

私も、去年の秋まで着ていた、Vネックの白ニットを処分しました。

手持ちのアイテムを見ながら欲しい春アイテムを決める

自分の春ワードローブをみながら、足りないアイテム、もしくは、トレンドを意識して買いたいアイテムを考えてみてください。

■春アウターを並べて考えてみる

春アウターは、計4着。

2018awのセールでノーカラーコートを、ヤフオク!でライダースジャケットも買ったので、これで満足。

ノーカラーコートとライダース買った時の記事

結論、2018年春は、アウターを買う必要無し!

■春トップスを並べて考えてみる

春服として着られるトップスは、秋服とほとんど同じで、この6着。

結論、白のVネックニットを処分したので、2018年春は、新しい白ニットが欲しい!

■春ボトムスを並べて考えてみる

春のボトムスは、この3着。

どのボトムスも暗めのトーンなので、明るい色のパンツが欲しい。

そして、トレンドを意識してワイドシルエットのパンツが欲しい。

結論、2018年春は、明るい色のワイドパンツが欲しい!

■ワードローブを見て欲しいと思った春服まとめ

自分の手持ちの服を見直した結果、

  • 白のニット
  • ワイドシルエットのパンツ2本

を買うことに。

パンツの本数が少なく、しかも、どれも暗めのトーンなので、ワイドパンツは明るいトーンを含めて2本買おうかぁという画策が生まれたのです・・・。

※※※

春服を選ぶ時に、STEP1を実行することで、

  • 自分の手持ちの服と合わない服を買ってしまう失敗
  • 似たような服を買ってしまう失敗

を防ぐことができます!

STEP2:欲しい春アイテムの色・素材・シルエットを具体的にイメージする

欲しい春アイテムの色・素材・シルエットを具体的にイメージしてみましょう。

これから買うアイテムをどんな場面(職場とかパーティーとか公園とか)で着るのかも想像してみてください。

■白ニットを具体的に想像してみる

白ニットを買う!というからには、ニットの色味は決まっています。

しかし、ニットのシルエットや生地の厚みについてまで、イメージが及んでいません。

そこで、ニットのシルエットや生地の厚みもイメージします。

シルエットは、トレンドのオーバーサイズを希望。

生地は、初春に着ることに重きをおいて厚地の綿生地。

このように具体的に白ニットのシルエットや生地イメージすることで、ただ白ニットではなく、

  • オーバーサイズデザイン
  • 厚地

のニットを探すことがきまりました。

■ワイドシルエットのパンツを具体的に想像してみる

ワイドパンツ!を買うというからには、パンツのシルエットは決まっています。

しかし、パンツの色や生地の厚みにいては、決めていません。

色は、春アウター・春トップスとの相性をみて考えなければなりません。

春アウターターと春トップスの色=ベージュ、黒、白、ネイビーとの相性の良い色を探すのが◎

ワイドパンツは、仕事にも普段にも着たいので、綺麗目なシルエットだけど、洗濯できるものが◎

このように具体的にワイドパンツの色や履く場面を想像することで、ただワイドパンツではなく、

  • ワイドシルエット
  • ベージュ、黒、白、ネイビーとの相性がよく明るい色
  • ベージュ、黒、白、ネイビーとの相性がよく暗めの色
  • 綺麗めに着られる
  • コットン100素材

のパンツを探すことがきまりました。

※※※

春服を選ぶ時に、STEP2を実行することで、

自分が理想とする春服が明確になり、買い物で本当に欲しい服を手に入れることができます。

STEP3:"3月から着る!"を意識して買い物をする

春服はいつから?3月から着るけど、防寒対策は必須

どんなに寒くても、日差しが春になると、人は春を感じます。

2月の下旬ごろから、太陽の周期的な動きで、日差しは春の日差しに変わるんです。

春の日差しが差し込むと、途端に、つい昨日まで着ていたダウン素材、ウール素材、ムートン素材の物が野暮ったく見えてきます。

ただ、日差しは春でも、3月ってまだまだ寒いです。

だから、私は、3月から春服でお洒落をしますが、防寒対策もバッチリします。

春服を買う時は常に防寒対策可能かどうかを考える

防寒対策の具体策は、

  • トップスの下にあったかインナー
  • ボトムスの下にあったかインナー
  • 靴下を履く

などです。

だから、あったかインナーを着こめない形のトップスはNG.

あったかインナーを履けない、短めのパンツはNG.

あったかインナーを履くと静電気でひっつくウール混又はナイロンのものはNG

素足にパンプスコーディネートしかできないようなパンツもNG。

春服を買う時には、常に3月に防寒対策をして着る事を意識して買い物をして下さい。

私の春コーデの実例記事はコチラ→防寒対策ばっちりでお洒落な春通勤コーデ(気温最低5℃最高14℃)と1日過ごした感想

※※※

春服を選ぶ時に、STEP3を実行することで、

春物として買ったのに、結局、寒すぎて着られなかったといった失敗をなくすことができます。

さらに、3月から春服コーデを堪能することができるので、存分に春のお洒落を堪能できます。

私の買った春物はバッチリ防寒対策できるのか検証

今回私が買った春用の白ニットとワイドパンツ2本。

白ニットは、あったかインナーをいくらでも仕込めます。

それでも寒いときは、ストールを巻けばOK.

ワイドパンツ2本は、あったかインナーを履けますし、コットン100素材なので、静電気も起こりません。

更に、このワイドパンツは、この靴+靴下との色や形の相性もばっちり。

ニットもパンツも、インナーを調節して、足元も暖かく固めれば、3月のまだまだ寒い日でも十分に春コーディネートを楽しむことができます。

STEP4:今までの買い物の失敗から得た教訓を総動員して最終ジャッジ

STEP3までをクリアしても、まだ買ってはいけません。

最後に、今までの買い物の失敗の教訓を活かして、あらゆることを検討しましょう。

私が今回検討したのは、

  • 家で洗えるアイテムか?
  • ワイドパンツがワイドすぎないか?
  • 白パンツは下着が透けないか?
  • オーバーサイズトップスはアウターが着られるか?

などです。

検討した結果、全ての項目をクリアしていれば、買ってもOKです。

※※※

春服を選ぶ時に、STEP4を実行することで、

また同じ失敗をした・・・と落ち込むのを防止することができます。

春服の買い物市場で感じたこと(ただの雑感)

今回、このようにSTEP1~STEP4を実行して、満足のいく春服を買えました。

ただ、春服をいくつかのショップで見て、"多くのメーカーが着る時期の短い服の販売を控えている。"と感じました。

実は、厚地の綿ニットが全然売ってなかったんです。

厚地の綿ニットは、3月から"春のお洒落をするぞ!"と無駄に意気込んでいる私には、とても重宝するアイテムです。

(初秋にも着られるし、真冬もあったかインナーのタートルとか着れば着られるし。)

しかし、厚地の綿ニットは、5月にはもう暑いと感じるようになってきます。

そのうえ、最近の日本は、春から一瞬で夏になります。

きっと、今の日本で、地厚のニットを買う人は少ないんだと思います。

買う人が少ないアイテムを売るのは、メーカー側にもハイリスクです。

だから、3月なのに、店頭に並ぶ春物は、初夏からしか着られないような物ばかりといった印象でした。

こうした事情から、ショップにいても理想の春服が見つからない!といった状況に陥るかもしれません。根気よく探しましょう!

春コーデ参考記事:春だけど寒い日におすすめ!!30代・40代の大人向けパーカー✖春アウターコーデのポイントや下に着る服の注意点をご紹介。