夏服を失敗しない買い方は簡単!毎日着たいと思える服を選ぶだけ。理由と2018SSで買った服を紹介します。

せっかく買った服を、「失敗した・・・。」と思う瞬間って嫌ですよね。

実は、夏服は、買い物を失敗しない方法を実践するのが一番簡単!

夏服の買い物を失敗しないコツは、自分が毎日着たい!と思える服を買うこと。ただそれだけです。

そこで、今回は、毎日着たい服を選べば夏服の買い物に失敗しない理由とその実例をご紹介しますね。

毎日着たいと思って買った2018SSトレンドの夏服

 

最近、私が毎日でも着たい!と思って買った夏服がこちら。

写真だと何コレ?という感じですが、紺地にドットのジャンプスーツ(オールインワン)です。

この夏服のお買い物、毎日着たいかどうかだけを判断基準に選んだのですが大成功のお買い物でした。

果たして、なぜ、夏服は毎日着たいを思う服を買えば、買い物に失敗しないのでしょうか?

理由1:夏服の毎日着たい=コーデが楽ちん

今回買ったこのジャンプスーツは、ノースリーブなので、羽織を合わせればコーディネートは完成。

夏服は、少ないアイテムでコーディネートが完成しますよね。

毎日でも着たいと思える夏服は、きっと自分の中ですでにコーディネートが思い浮かんでいるはず。

買ったのに合わせる服が無い!なんてことは起こりません。

万が一、実際考えていたアイテムとの相性がイマイチだっとしても、あと1アイテムだったら買い足すことだってできます。

しかし、冬場は、相性を考えなければいけないアイテムが沢山あり、コーディネートも緻密に考えないといけないですし、買い足しも大変ですよね。

理由2:毎日着たい夏服=自分の環境を考えている

今回買ったドットのジャンプスーツは、テロテロ素材なので着ていて楽ちんです。

また、パンツなので、動きやすく、毎日自転車に乗る私には最適。

更に、汚れも目立たない色・柄なので、多少、子供に汚されても大丈夫です。

毎日でも着たいと思う夏服を買えば、知らず知らずのうちに自分の環境に合った服を選べているんです。

これは、冬服にでも当てはまりますね。

理由3:毎日着たい夏服=自分の気持ちを反映している

今回買ったジャンプスーツは、自分が着てみたいと思っていたトレンドのドット柄です。

更に、女性らしい服を着たいなぁと思っていた気持ちも反映しています。

毎日でも着たい服を買うということは、今、自分が着ることで喜びを得られるような色・柄・デザインを選ぶことになります。

服には、自分の気持ちが大きく映し出されます。

「この服、なんか違うなぁ。」と思う時は、その服が自分の気持ちや体調にあっていないということです。

逆に、着るのが楽しみ服は、自分の気持ちに合っている、さらには、自分の気持ちを上昇させるパワーをもっています。

理由4:毎日着たい夏服=取り扱いが簡単

夏場は、汗をかくので、着たら必ず洗濯したいですよね。

このドット柄のジャンプスーツは、ポリエステルとレーヨン素材なので、簡単に洗濯できますし、すぐ乾きます。

しかも、アイロンだって必要ありません。

夏服で毎日着たいと思える服は、きっと家で洗濯できて、アイロンが嫌ならアイロンの必要無い取り扱いの簡単な服を選んでいるはずです。

理由5:毎日着たい夏服=着心地良い(涼しい)

このドット柄のジャンプスーツはポリエステル素材ですが、とても薄く涼しいです。

さらに、裏地はレーヨンなので汗を吸ってくれます。

さらに、ウエストは絞ってありますが、トップス部分もパンツ部分も風を通すシルエットなのでとても涼しいです。

夏服で毎日着たいと思える服は、きっと涼しく着心地が良い服を選んでいるはずです。

涼しい服装についての記事はコチラ⇒夏に涼しい服装は?素材、シルエット選びが鍵!

※※※

以上5つの理由から、毎日着たいと思える夏服を選べば、自ずとお買い物に失敗しません。

頭の中で、「コレ毎日着られる?」「こんな日もあんな日も着られるかな?」「毎日着たいほど素敵なデザインかな?」と考えながらお買い物してみてください。

着まわしや何にでも合うではなく自分の気持ちを優先すれば買い物の失敗は減る

雑誌の着回し特集は同じように再現しにくい

ファッション雑誌などでは、よくマストハブアイテム(持っておくべきアイテム・買っておくべきアイテム)を挙げて、そのアイテムを使った沢山のコーディネートを掲載していますよね。

それを見ると、自分もそのマストハブアイテムさえ買いさえすれば、手持ちのアイテムを活かして、沢山のコーディネートができる!と思ってしまいがち。

しかし、雑誌のコーディネート特集は、星の数ほどある服の中から、そのマストハブアイテムにバッチリ合わせられるものが厳選されているんです。

一方、自分のクローゼットの服は、買った年も買ったブランドもバラバラな服。そのマストハブアイテムを活かすために集められたものではありません。

だから、実際にそのマストハブアイテムを買って合わせてみても、「なんかしっくりこない・・・」ということが起こります。

着まわしを意識して買ったアイテムの失敗の落胆は大きい

しかし、そもそもそんなに着回しする必要ってあるんでしょうか?

きっと、着まわし=お洒落上級者のイメージが強いので、チャレンジしたくなるんですよね。

また、着回しができるアイテムを買う=お買い物上手=自分のお買い物を肯定できるという気持ちもあるんだと思います。

確かに、買ったアイテムを活かしきれれば、お買い物の満足度は高いですよね。

しかし、実際には、買った服と手持ちの服を合わせるのは難しいものなんです。

その理由については、こちらの記事に詳しく書いています⇒手持ちの服に合わせる服の買い物で失敗する理由と対策。手放すことも選択肢に!

このアイテムさえあればコーディネートの幅が広がる!と意気込んで買ったアイテムが、実際合わせてみると手持ちの服と全然合わないとなると、期待してた分落胆は大きいです。

違和感の残るコーデをするより毎日同じ服でも最高のコーデをしよう!

そもそも毎日会う人(家族や会社の人)でも、自分の恰好がどれくらい着まわしコーディネートをしているかなんて見ていないと思います。

私も実際に、会社の人の恰好を明確に覚えていません。

覚えてる日は、真っ赤なニットを着ていた日くらいです。それでも、それにどんなボトムスやインナーを合わせていたかまでは覚えていません。

だから、マストハブアイテムを無理やり手持ちのアイテムに合わせて、毎日、一生懸命コーディネートしていても、それは誰も見ていないのです。

しかも、自分では、なんかしっくりこないなと思ってコーディネートしているわけですから、自分の服装に対する満足度も低い。

それなら、毎日同じ服でも、自分が心から満足できる服を着た方が自分の心は満たされます。

お洒落は、自分の気分を映しだすものであり、自分の心をサポートしてくれるものです。

その場の雰囲気にさえ合っていれば、あとは、お洒落上級者だと思われたいとか、他人の目を意識するのではなく、自分自身のココロを満足させれる服を着てください。

着まわし至上主義を捨てて、今自分が毎日でも着たいを思う服を買えば、案外買い物の失敗は減るはずですよ。

買い物の失敗を減らすための他の記事もどうぞ!