夏にコーデを快適でおしゃれにキメる方法は、涼しい服装にアクセサリーを盛ればOK!

日本の夏、本当に暑くなりましたね。

こんなに暑いと体調を健康に保つだけでも精一杯です。

お洒落のために暑さを我慢するなんて無理です。

そこで、今回は、夏の暑い日にコーデを快適に、それでいてお洒落にきめる方法をご紹介します。

STEP1:涼しい服装を決める

まずは、暑い日に着る涼しい服装を決めましょう。

袖付きワンピース1枚とかワイドパンツに麻のトップスとか・・。

とにかく涼しい素材でできていて、さらに、体と服の間に風の通るシルエットの服だと、まだ涼しく着られます。

夏の涼しい服装については、詳しくはこちら→夏に涼しい服装は?素材、シルエット選びが鍵!

私の場合は、この綿100の薄い生地でオーバーサイズのトップスに

この綿100のサイドパンツを合わせたりしています。

STEP2:涼しい足元を決める

足元はサンダルや素足にパンプスが涼しいです。

私の場合は、仕事以外の時は、ビルケン。

職場はなんとなくサンダルNGなので、素足にパンプスを履いてます。

夏のパンプスは、春夏しか履けない白パンプスを楽しんでいます。

STEP3:アクセサリーを盛る

こんな風に夏のコーディネートは、涼しさ重視なので、いたってシンプルです。

しかし、なんとか暑い夏でもおしゃれを楽しむために、涼しさ重視のシンプルコーデにアクセサリーを盛りつけます。

①夏コーデには帽子か日傘をプラス

夏のコーデをお洒落にきめるには、まずは帽子。夏のシンプルコーデに帽子を合わせるだけでお洒落感はかなりアップします。

頭に降り注ぐ日の光を遮断すれば、かなり涼しくなるので、帽子はお洒落と暑さ軽減のための一石二鳥アイテムです。

梅雨が明けてカンカン照りの日差しが出てきたら、ストローハット(麦わら帽子)がおすすめ。

夏にしかかぶれないストローハット。8月のお盆までは存分に楽しんで夏ならではのコーデを満喫しましょう。

■中折れハット

ストローハットにも形はいろいろありますが、私は中折れハット↓をよくかぶっています。

もう5年はかぶっていると思います。

中折れハットは、ママコーデをはじめ、ナチュラルな服装に映えます。

■エレガントな形のストローハット

ただ、この中折れハットは折りたためないのがネック。

また、女性らしいエレガントな雰囲気の服装には合いません。

そんなときには、この↑帽子をかぶっています。

■帽子がNGな時は日傘をプラス!!

通勤の時やヘアスタイルをキープしたいときは、帽子をプラスするのは難しいですよね。

そんな帽子がNGの時には、夏のシンプルコーデに日傘をプラスしましょう。

私の服装は基本的に遊びの少ないスタイルです。

私の真夏のワードローブはこちら→夏のママコーデと通勤服は計14着で完成!!コーディネート37通りもご紹介。

そのため、日傘は、縞々模様を愛用し、コーディネートのアクセントにしています。

■帽子も日傘も良いものを選びましょう。

帽子も日傘も値段がピンキリ。雑貨屋さんで売っているものもあれば専門店で売っているものもあります。

ストローハットなどは一度買えば長い期間かぶれるので、雑貨屋さんなどで手ごろな値段で買うより、帽子屋さんや百貨店の帽子売り場できちんと試着して買うようにしましょう。

<Athena New York(アシーナ ニューヨーク)> CAMILA TAN BODY

日傘も雑貨屋さやセレクトショップ・百貨店など様々な場所でピンキリの値段で売っています。

しかし、日傘も、機能性を重視して、少々高価でも、遮光99.9%&晴雨兼用を買うのをおすすめします。

まず、UVカット99.9%の日傘とおすでないものとでは、涼しさが全然違います。

さらに、晴雨兼用だと夏場は何も考えずにこの傘を持っていれば、ゲリラ豪雨の時にも対応できます。

②夏コーデにはピアスかイヤリングをプラス

夏コーデをお洒落にきめるには、帽子(日傘)にさらにピアスかイヤリングをプラスしましょう。

パールなどのピアス又はイヤリングは、顔回りが明るくなるので、一番のおすすめ。

コットンパールイヤリング 14mm

一生懸命シミを隠すためのメイクをするより、耳元にアクセサリーをつけたほうが肌が自然に綺麗に見えます。

中でも、コットンパールはとても軽いですし、シンプルなものはリーズナブルな値段で売られています。

ハンドメイド商品にもたくさん素敵なものがあります。

お気に入りのものを見つけて、夏コーデに取り入れていきましょう。

ジャラジャラした大振りのピアス又はイヤリングも、華やかに見えますし、小顔効果があるのでおすすめです。


ボリュームビジューピアス

リーズナブルでオモチャっぽい感じのものでも十分なので、ぜひ取り入れてみて下さい。

③ブレスレットやネックレスもプラス

帽子とイヤリング又はピアスをコーディネートにのせるのは、子供が小さいママでも簡単にできるので、毎日のお洒落に取り入れてみてください。

帽子やイヤリング・ピアスのほかに、ブレスレットやネックレスをプラスしても、さらに華やかさは増しますよ!

ただ、ブレスレットやネックレスは、お子さんが小さいうちは、邪魔になったりもするので、取り入れられるときに取り入れましょう。

私も子供が小さいので、たまに一人で出かけるときに、ブレスレットをつけてます。

STEP4:ポイントになるバッグをもつ

涼しさ重視のシンプルコーデに帽子とアクセサリーを盛った後、物足りなければポイントになるバッグをもちます。

サミールナスリPVC 2way Tote バッグ Lee

お盆くらいまでは、かごバッグやPVC素材のバッグ(プールバッグみたいなバッグ)が夏らしくておすすめです。

※※※

日本の夏、本当に暑いですし、体調管理は一番大切です。

でも、このSTEP1~STEP4の方法で夏コーデを完成させれば、なんとかお洒落もできます。

体調管理をしつつ夏のお洒落を楽しみましょう!