背中ニキビが無印良品の日焼け止めミルクにしたら治った。ベトベトしないし白くならないのも良い!

今年、日焼け止めを無印良品の日焼け止めミルクにしたら背中ニキビができなくなりました。

日焼け止めミルクは、敏感肌用とオーガニックタイプの両方を買ったのですが、どちらを使っても背中ニキビができません。

そこで、今回は、背中ニキビができなくなった無印良品の日焼け止めミルクをご紹介します。

ジェルタイプの日焼け止めが背中ニキビの原因だったと判明。無印の日焼け止めミルクにしたらなくなった。

毎年ウォータージェルタイプの日焼け止めを買っていた

昨年までは、身体用にNIVEAのウォータージェルの日焼け止めを使っていました。

ウォータージェルの日焼け止めの以下の5つの特徴をとても気に入っていたんです。

  • さっと濡れる
  • ベトつかない
  • 白くならない
  • 日焼け止め独特の匂いが無い
  • 値段が良心的

夏場はいつも背中ニキビに悩まされていた

一方、夏場は、背中にニキビができることが悩みでした。

ニキビケアについて、ネットで検索しても、化粧品カウンターの美容部員さんに相談しても、「ニキビが日焼けするとさらに悪化するのでしっかり日焼け止めで紫外線対策をしましょう。」といわれます。

そのため、夏になると、日中はせっせと背中ニキビに日焼け止めを塗り、夜は専用ローションで背中ニキビをケアする日々。

しかし、毎日毎日一生懸命背中ニキビをケアしているにもかかわらず、夏の間中、背中ニキビがよくなることはありませでした。

しかし、毎年、冬にふと気づくと、背中ニキビは無くなっているです。

やっぱり夏場は背中に沢山の汗をかくから背中ニキビができやすいんだなぁとぼんやり思う日々。

しかし、長年愛用しているものの、ウォータージェルタイプの日焼け止めを塗った時の背中のかわいた感じも気になっていました。

無印良品の日焼け止めミルクを買ってみた

そうこうしているうちに、今年になってお店ではじめて無印良品の日焼け止めミルクを目にしました。

ミルクタイプなら日焼け止めを塗った後に背中がパサついた感じにならないのでは?と思い、さらに敏感肌タイプなら背中ニキビへの負担も少ないよね!と惹かれ、買ってみました。

で、結果、無印良品の日焼け止めミルクを使ったこの夏は、例年以上の酷暑なのに、背中ニキビができません。

しかも、敏感肌用でなくオーガニックタイプの日焼け止めミルクでも背中ニキビができません。

私の背中ニキビの原因は、長年愛用していたウォータージェルタイプの日焼け止めが原因だったんですね・・。

無印良品の日焼け止めミルクは、NO背中ニキビで、よく伸びて、ベトベトしないし、白くならないから◎

背中ニキビができなくなった喜びから、無印良品の日焼け止めミルクにがっつり愛着を感じています。

無印良品の日焼け止めミルクに愛着を感じる理由はこの6つ。

  1. 背中ニキビができない。
  2. オーガニックタイプは香りが良い。
  3. ポンプ式容器が便利。
  4. 塗るときの伸びが良い。
  5. 染み込んだらベトベトしない。
  6. 白くならない。

1.背中ニキビができない。

さんざん熱弁をふるいましたが、ウォータージェルの日焼け止めから無印良品の日焼け止めミルクに代えたことで、背中ニキビとサヨナラできたことで悩みが一つ減りました。

多少背中が開いてる服も気にせず着られるようになって嬉しい限りです。

2.オーガニックタイプは香りが良い。

日焼け止めって結構独特の匂いがするものが多くないですか?

実は、無印の日焼け止めミルクも敏感肌用はあの独特の匂いがします。

しかし、オーガニックタイプの日焼け止めミルクはアロマの香りがするので、つける時ルンルン♪です。

3.ポンプ式容器が便利。

無印良品の日焼け止めミルクはポンプ式容器に入っているので、いつも適量を素早く出すことができます

日焼け止めの容器って、けっこう、下向けてブチュって出さないといけないものが多くないですか?

ブチュって出す日焼け止めは、出すぎたり、なかなか出てこなかったり、出たと思ったらドバっと出たりで、地味にストレスを感じることがあると思います。

その点、この無印良品の日焼け止めのポンプ式容器はそのストレスがありません!

4.塗るときの伸びが良い。

無印用品の日焼け止めミルクは、塗るときに非常によく伸びます。

スルスルスルーっと伸びてくれるので、ワンプッシュの量で両腕の日焼け止め塗りが速攻完了します。

5.染み込んだらベトベトしない。

無印良品の日焼け止めミルクは、塗った時にウォータージェルの日焼け止めのようにスッと肌に染み込むことはありません。

染み込むまでに少々時間がかかります。

しかし、染み込んだ後に肌はベタベタすることはなく、モッチリとしてくれます。

染み込むまでに時間がかかるため、出かける前に慌てて塗ると色々なものに日焼け止めがつきます。

なので、私は、毎朝、パジャマから服に着替える時に、日焼け止めを塗ってしまっています。

6.白くならない。

さらに、無印良品の日焼け止めミルクは、塗っても白くなりません。

黒い服を着た時などに日焼け止めが白くついてしまうと、目立つうえになかなか取れません。

しかし、その点、無印良品の日焼け止めミルクは、心配ありません。

※※※

まず、今、背中ニキビにお悩みの方、一度、日焼け止めを疑ってみても良いかもしれません。

1週間、背中に日焼け止めを塗らずにいて、背中ニキビがマシになったなら、日焼け止めを変えることを検討してみてください。

無印良品の日焼け止めミルクは、背中ニキビの悩みから私を解放してくれたのはもちろんですが、使うのが楽しみになる日焼け止めです(特に、オーガニックタイプの香り。)。

今の日焼け止めに不満がある方は、ぜひお試しください。