白パンプスの汚れの落とし方!靴の衣替えで夏靴をお手入れして片付けました。

私はいつも9月から秋のお洒落を意識したいので、8月いっぱいで半ば強制的にサンダルなどの夏靴を履くのを止める靴の衣替えをします。

■秋服のお洒落記事■

秋服いつから?8月後半から素材(スエード・コードュロイ)や色(茶色・ボルドー・カーキ)を取り入れよう!

まだ暑い9月。秋コーディネートは靴から始める!

靴の衣替えの時には、靴をお手入れしてから片付けます。

今回も私の夏靴である白パンプスをお手入れして片付けました。

そこで、今回は、白パンプスの汚れの落とし方をご紹介します。

完璧とまではいきませんがお手入れすると白パンプスの汚れも落ちていきますので、写真と一緒にご覧ください。

白パンプスの汚れを落とすために使った物

■白パンプスのメンテナンスのために使った3つ道具■

  1. レザーの汚れ落とし("M.モゥブレイ"のステインリムーバー)
  2. 靴磨き用クロス("M.モゥブレイ"のポリッシングコットン)
  3. 靴用栄養クリーム("M.モゥブレイ"のシュークリームジャー )

今回は、この3つ道具を使って、白パンプスを、汚れ落として仕上げに栄養クリームを塗ってメンテナンスしました。

本来、革靴のメンテナンスにはブラシを使うことが多いのですが、今回の私の白パンプスはメンズの革靴のようなどっしりとした革でなく、薄い革なのでブラシは使っていません。

では、1つ1つの道具をご紹介しますね。

①パンプス(レザー)の汚れ落とし

まず、白パンプスについた汚れを落とすために、"M.モゥブレイ"のステインリムーバーを使いました。

M.モゥブレイ ステインリムーバー 300ml

私は300mlを使っていますが、もっと大きい容量のものもあります。頻繁にシューケアをされる方はそちらがおすすめです。

こちらのリムーバーは水性ソフトタイプです。パンプスの革が柔らかめで薄いのでソフトなリムーバーを選びました。

②靴磨き用クロス

M.モゥブレィ ポリッシングコットン

こちらは、本来、仕上げ用のクロスです。

しかし、私は、リムーバーも後でご紹介する栄養クリームもこちらを使って塗っています。

M.モゥブレイからリムーバー専用のクロスが販売されているのですが、これは糸くずが出たりと使い勝手が悪いんです。

このポリッシングコットンは、非常に柔らかくソフトに革にタッチできるので、パンプスのメンテナンスにはこれを使っています。

③靴用栄養クリーム

靴磨き クリーム M.モゥブレィ シュークリームジャー カラー:ニュートラル

汚れを落とした後には、この"M.モゥブレイ"のシュークリームジャーカラーを使っています。

これは、靴の栄養剤で、靴が長持ちするように使います。

私が使っているのは、"ニュートラル"カラーで色がつきません。

このクリームは様々なカラーが販売されていて、色を補正したいときには、靴に合った色を選んでください。

"ニュートラルカラー"は、補色機能はありませんが、どの色の革靴(革バッグとかも)にも使えるので、1つあると便利です。

白パンプス:汚れを落とす前の状態

まずは、白パンプスのメンテナンスをする前の状態をご覧ください。

このように右足のつま先と側面に結構汚れがついています。

つま先の汚れを拡大するとこんな感じです。

ポインテッドトゥのパンプスは、つま先がとても汚れやすいですよね。

白パンプス:汚れを落とした後(ステインリムーバー使用後)

まずは、クロスにステインリムーバーを染み込ませて優しく磨きました。

レディースのパンプスで足馴染みの良いパンプスは革が繊細なものが多いです。あまりにも強い力で磨くと革がよれたりします!注意してくださいね。

白パンプスをステインリムーバーで磨く前と磨いた後を比べてみました。

劇的に綺麗になった!というわけにはいきませんでしたが、濃い汚れほどよく落ちています。特に、ポインテッドトゥの濃い汚れがかなり落ちました。

白パンプス:栄養クリームを塗った後

ステインリムーバーで汚れを取った後は、栄養クリームを塗りました。

汚れ落としをした後、栄養クリームを塗る前と塗った後を比べてみました。

どうでしょう?写真で見比べてもそんなに変わらないですかね。

今回は色が付かないクリームを使っているので、さらに白くなるということもありませんしね。

それでも、栄養クリームを塗ると、汚れ落としをしただけよりも艶が出て全体的に艶やかになり綺麗に見えますよ。

※※※

しっかり白パンプスをお手入れしたので、来年の春まで片付けておきます。

白パンプスのメンテナンスで完璧に真っ白に仕上げたい場合には、ホワイトの色がつくクリームを使ったほうが効果を感じられるかもしれません。

しかし、リスクもあります。

このパンプスのような少し黄味がかったアイボリーともいえる白は、ホワイトのクリームを使うと色が変わっていますことがあります。

靴の革の色とクリームの色合わせは難しいので、チャレンジする場合は、目立たない場所に少し塗って伸ばしてみて下さい。

靴のメンテナンス繋がりで、こちらの記事もどうぞ!

ポインテッドトゥのパンプスのつま先剥がれとヒールの傷を自分で修理する方法。使ったマニュキアや修理後の状態も公開。