パンプスを長く大切に履きたい!裏張りやヒールの傷の修理のタイミングや方法には要注意です。

高価なパンプスを買って、メンテナンスしつつ何年も愛用する。

年齢を重ねてくると、物との丁寧な付き合い方に憧れ、それを実践したいと思い始めますよね。

パンプスを長く大切に履くためには、裏張りをした方が良いと聞きます。また、定期的なメンテナンスも必要だと聞きます。

そのため、高価なパンプスは購入したらすぐに裏張りし、傷がついたらこまめに修理に出すのが良いのでしょうか?

私の経験上、効果なパンプスでもすぐには裏張りしない方がいいし、傷の修理は自分でもできます。

そこで、今回は、長く大切に履きたいパンプスでお金を無駄にしない裏張りと傷の修理のタイミングや方法をご紹介します。

パンプスの裏張りのベストタイミングは1~2回履いた後

■パンプスの裏張りって何?

高価なパンプスを購入する時、パンプスを長く大切に履くために、"裏張り"をおすすめされることがあると思います。

それにしても、そもそもパンプスの裏張りって何なんでしょう?

裏張りというのは、パンプスだけでなく革靴一般になされる処理で、

  • 靴のつま先剥がれの防止
  • 滑りにくい状態にすること
  • 靴の底の減りすぎ防止

を目的にして行われます。

具体的には、靴の裏のヒール部分と前底(前半分)にラバー(ゴム素材の板のようなもの)を貼ります。

■パンプスの裏張りの値段

裏張りの値段はお店によって違いますし、お店の中でも2段階くらい異なるグレードが用意されていることが多いです。

私はよくミスターミニッツで裏張りをしてもらいますが、ヒールと前底とを同時に処理してもらって5000円前後支払っています。

(ヒールの大きさや形状で若干値段が変わります。)

■パンプスの裏張りは1~2回履いてからがベスト!

●パンプスは半日以上履かないと〇か×がわからない。

買った靴を大切に履きたい!という思いや購入時のショップの方からのおすすめで、パンプス購入と同時に裏張りをする方も多いと思います。

しかし!パンプスが自分の足に合うか合わないかは、実際に半日以上パンプスを履いてみないとわかりません。

試着をきちんと済ませて買っても、実際に履いているうちに足がむくんでつらくなったり、歩いてみると指が痛くなる・・・。あるあるですよね(こんなアルアル要らないですが・・・)。

そもそもパンプス自体が歩くのに適した形でないので、ほかの靴に比べて、圧倒的に「やっぱり痛くて履けない。」と泣く泣く手放すことになることが多いと思います。

1~2回履いただけで手放すことになるリスクのあるパンプスに最初から裏張りをするのは、かなりの賭けです。

●パンプスの裏張り時に底が削れていてても問題ない。

でも、結構、皆さん、購入と同時にパンプスに裏張りされる方が多いようで、フリマアプリで高価なパンプスを見ているとかなりの確率で裏張り済です。

譲っていただく側は裏張りまで済んでいるパンプスを譲っていただけてありがたい限りですが、出品側は数千円の裏張り代も無駄になったということでかなりの痛手ですよね。

そもそもパンプスの裏張りは前底を少し削ってラバーを貼るので、1~2回歩いて底が少し削れても全然問題ありません。

※※※

パンプス代に加えて裏張り代まで無駄になった・・・と落ち込まなくて済むように、最低でもパンプスを1~2回(半日以上)履いて、足に合うことを確認してから裏張りするのがベストです。

ヒールの傷の修理は高額だから、こまめなセルフリペアで乗り切るのもおすすめ

パンプスで一番傷がつきやすいのがヒール。ヒールが高ければ高いほど傷がつきやすいですよね。

ヒールの傷も大きくなってくると目立つので気になりますよね。

■ヒールの傷修理はヒール部分の革の巻き直し

ヒールの傷の修理を靴の修理屋さんにお願いすると、ヒール部分の革を巻き直します。

今巻いてある革を剥がして、同じような質の革を巻き直すんです。

そのため、ヒール部分に珍しいカラーの革が巻かれている場合には修理が難しいといわれることもあります。

■ヒールの傷の修理=ヒールの巻き直しの値段は?

私がミスターミニッツにヒールの修理をお願いしたときは、ヒールの巻き直し代におよそ5000円かかりました。

なかなかのお代ではありますが、巻いてあるものを剥がして巻き直してくれるので仕方無いかなぁと思います。

■ヒールはすぐに傷がつく。セルフリペアもおすすめです。

ヒールの傷を修理してもらうと、パンプスが生き返ったような気になり、とても気持ちがいいです。

ただ、パンプスのヒールって、本当にすぐに傷つきますよね。1回履いただけでも傷つきます。

ヒールに傷がつく度に靴屋さんに修理に出したのでは、お金がいくらあっても足りません。

かといって、ヒールの傷をそのままに履いているのも気分がなんとなく萎えます。

そこで、おすすめなのが、自分自身でヒールの傷を修理することです。

もちろん自分で修理したヒールの傷は、靴屋さんほど綺麗にはなりません。

しかし、どこかで脱いだ時や歩いて履いている分には、全然気にならない程度には修理できます。

自分で傷を修理するときのポイントは、まだ傷が小さいうちにこまめにやること!

こまめに自分でパンプスのヒール傷を修理して履けば、4~5年は自信をもってそのパンプスを履くことができるのでおすすめです。

※パンプスのヒールのセルフリペアの参考記事※

ペリーコパンプスの買取査定額はブランドゥールが圧倒的に高かった。ブランドコレクトとメルカリNOWと比較。

オマケ:ポインテッドトゥのセルフリペアも◎。最終的には染め替えも良いかも。

 

ヒールの傷の修理ができれば、すぐにはがれるポインテッドトゥも自分で修理できます。

ただ、ポインテッドトゥの剥がれの範囲が大きかったりすると難しいかもしれません。

また、パンプスの色が珍しい色だと合う色のマニュキアが売っていないかもしれないですね。

それでもその靴がとても足に合うなら、靴全体の色を染め変える"リカラー(染め替え)"をしてみてもいいかもしれません。

※革靴の染め替えの参考記事※

ミスターミニッツで革靴の染め替えをした!気になる料金や仕上がりは?

※※※

高価なパンプスを買うのは賭けですよね。

足に合わなければ手放すしかないので、ショックは最小限で済むように、裏張りのタイミングは慎重に決めるのがベターです。

また、足に合わない靴はつらくても手放すしかないので、早めに手放してお金に代えてしまいましょう。

※革靴やパンプスの買取の参考記事※

ペリーコパンプスの買取査定額はブランドゥールが圧倒的に高かった。ブランドコレクトとメルカリNOWと比較。

ブランド靴の買取相場。"ペリーコ""チャーチ"の古着買取アプリ査定結果も公開。

しかし、見事に高価なパンプスが足に合った時には、徹底的に愛でてて大切にしましょう。