ジョンストンズ(johnstons)ストールを1年中使うブログ管理人が素晴らしさを語る。高いけど。

毎年毎年、秋冬になるとセレクトショップの店頭に並ぶジョンストンズ(johnstons)のストール。

ファッション雑誌や芸能人の方のインスタにも載ることが多く、とても素敵みたいだけど、とりあえず高い!

ジョンストンズのストールを買ってみたいけど、その値段の高さに手を出せない人も多いはず。

そこで、ジョンストンズのストールを1年中使うブログ管理人がその素晴らしさを語ります。

ジョンストンズのストールを買おうか迷っている方、ぜひ、参考になさってください。

ジョンストンズのストールが素晴らしい5つの理由

とりあえず、ジョンストンズのストールが素晴らしいと思う5つの理由を挙げてみます。

ジョンストンズのストールが素晴らしい5つの理由

  1. 1年中使える。
  2. 何年使っても毛玉ができない。
  3. お家で簡単メンテナンスができる。
  4. 発色が綺麗。
  5. 中古品としても価値がある。

反対にジョンストンズのストールの困るところも挙げておきます。

ジョンストンズのストールの難点

  • 値段が高い
  • 持ち歩くとかさばる。
  • 巻いた時に襟にぶつかり窮屈。

ジョンストンズのストールは値段が高いので、ハードルが高いです。

でも、ジョンストンズのストールには、その価値がありますし、また、安く買う方法もあります。

ここからは、ジョンストンズのストールが素晴らしい理由5つを掘り下げてみていきつつ、ジョンストンズの難点を解消する方法をご紹介していきます。

①ジョンストンズのストールは1年中使える

ジョンストンズのストールは分厚いので真冬な印象があるかもしれませんが、私は1年中使っています。

ジョンストンズのストールの春:春コーデで大活躍

3月は、まだ気温は低いものの、日差しは春の日差しになってきます。

そうすると、途端にムートンブーツもダウンコートも野暮ったくみえてしまうんですよね。

だから、早くトレンチコートなどの春コートを着たいと思うものの、いかんせん寒い!

そんな3月のまだ寒い日には、春コートと一緒にジョンストンのストールが大活躍してくれます。

ジョンストンズのストール自体もヌクヌクな感じで冬全開のアイテム。

でも、こんな風↓に白のジョンストンズを合わせれば、ダウンコートより断然春っぽくないですか?

そして、足元も、ソックスを2枚履きしつつ、こんな風に↑ムートンブーツからスニーカーに変えれば、かなり春コーデですよね!

春は、こんな風にジョンストンズのストールを活用しています。

ジョンストンズのストールの夏:夏は冷房オフィスで大活躍

ジョンストンズを夏に使うなんてありえない・・・。そうお思いだと思います。

しかし、私は、ジョンストンズのストールを、夏、オフィスで毎日活用しています。

いや、冷房寒くても、わざわざジョンストンズじゃなくても他の羽織り着ればいいでしょ!?とお思いかもしれません。

でも、ジョンストンズのストール、冷房の中もでとても使い勝手がいいんです。

〇ジョンストンズのストールはPC仕事の邪魔にならない

私は、1日中、PCを使っているので、袖が邪魔なんです。常に腕まくり状態。

だから、ジョンストンズのストールを肩からかけるスタイルは袖がゴロンゴロンせず楽ちんなんです。

〇ジョンストンズのストールはジャケットより肩こりしない

しかも、ジョンストンズのストールはとても軽いので、ジャケットを羽織るより断然肩がこりません。

すぐに脱げるのもいいですよね。

〇ジョンストンズのストールの暖かさは心地よい

ジョンストンズのストールはカシミヤ100%のものとそうでないものがありますが、カシミヤ100%の暖かさは格別です。

冷房の中で、不思議と暑すぎず、とても心地よい暖かさに包まれます。

ジョンストンズのストールの秋:秋コーデで大活躍

秋は、ジョンストンズのストールの季節本番ですよね。

風が冷たく感じたら、ジャケットの代わりに羽織っても良いですし、さらに季節が進めばアウターと合わせて使えばいいですよね。

ジョンストンズのストールを巻くと、秋コーデにしっとりと季節感が出ますよね。

ジョンストンズのストールの冬:冬コーデで活躍

冬も引き続きジョンストンズのストールの季節本番。

ただ、ジョンストンズのストールは分厚いので、秋冬こそ活躍させたいのに、アウターの襟とぶつかってなんだか窮屈・・と感じることがありますよね。

これは、アウターが分厚くなればなるほど顕著ですよね。

ジョンストンズのストールは、ノーカラーコートに合わせると、分厚さが気にならずスッキリ使えます。

分厚いストールでもスッキリしたコーディネートが完成します。

※画像クリックで詳細に飛びます。

UNITED ARROWS <JOHNSTONSカシミヤ ストール

こんな明るいグレーだと、秋から春までのコーデに活躍させられますね。

2.ジョンストンズのストールは何年使っても毛玉ができない。

 

このジョンストンズのストールは、中古で買った物を6~7年使った物ですが、全く毛玉ができませんでした。

1年中使っていましたし、各段に丁寧に扱っていたわけでもありません。

バッグに入れたり、机の引き出しに入れたり、結構雑に扱っていました。

それでも、ジョンストンズのストールは、毛玉ができないどころが綺麗な光沢を保ったままでした。

3.ジョンストンズのストールはお家で簡単メンテナンスができる。

ジョンストンズのストールは1度もクリーニングに出したことがありません。

1年に一度、洗濯機のドライモードで洗濯し、乾かした後、ブラシをするだけです。

ジョンストンズのストールのメンテナンスに使ってるブラシはコチラ

カシミヤのお手入れ方法紹介:毛玉取り・平野の手植え羽子板型洋服ブラシ・アイロンでクリーニング不要!!

それでも、全然毛玉ができず、光沢を保ったままのジョンストンズのストールは素晴らしいです。

4.ジョンストンズのストールは発色が綺麗。

ジョンストーンズのストールはとても発色が綺麗です。

暗くなりがちな秋冬コーデの指し色にもなりますし、元気も出ます。

ただ、ストールは顔の近くにくるので、できれば一度巻いてみて、顔映りを確認した方がいいですよ。

私は、青系のジョンストンズのストールが可愛い♪と飛びついて巻いたのですが、めちゃくちゃ似合いませんでした・・。

※画像クリックで詳細に飛びます。

【DRESSTERIOR別注】JOHNSTONSカシミヤストール

これだけの多色使いで下品にならずダサくもならず上品で綺麗なのはジョンストンズならではですね。

⑤ジョンストンズのストールは中古品でも価値がある

このジョンストンズのストールを最近手放しました。

古着買取業者の"ブランドゥール"というお店で買い取ってもらったのですが、買取価格は8000円でした(キャンペーンコートを使えば8800円。)

このジョンストンズのストールは、リユースショップで1万円で6~7万円で買ったのに、それが8000円で売れたことには驚きでした。

ジョンストンズのストールを買取してもらった時の記事はこちら

逆に言えば、ジョンストンズのカシミヤストールは、ある程度の年数が経ってもその品質が保てるので、リユースショップ(古着屋さん)で安く手に入れるのも全然アリです。

そうすれば、ジョンストンズの値段が高い!という悩みから解放されます。

リユースショップで買う時は、できれば並行輸入品でないほうがいいです。お店の人に確認してから買いましょう。

※※※

今回は、ジョンストンズのカシミヤストールの素晴らしさを語ってみました。

高価なものですが、その品質はとても良いので、興味のある方はぜひリユースショップでも探してみて下さい。

さらに、1年中使っても全然痛まないので、買ったからにはどんどん活用しましょう。