大掃除で上手に断捨離をするコツは、11月から粗大ゴミ→服の順に処分すること!

大掃除の時に家中の不要なものを断捨離するぞ!とお考えの方も多いはず。

そこで、今年は、スッキリと年末を迎えられるように、大掃除で上手に断捨離をするコツをご紹介します!

コツ1:大掃除で断捨離をするのではなく、大掃除の前に断捨離をする!断捨離は11月にスタート!

まず、そもそも大掃除と断捨離を同時にするのは難しいです。

大掃除は掃除なので、物が少ない状態でやったほうが捗ります。

一方、断捨離では、捨てる作業があるので、捨てる場所やリサイクルショップが通常営業している時期にやらないと終われません。

不要なものを守備よく捨てて、スムーズに年末に大掃除に入れるように、断捨離は11月にスタートさせましょう。

コツ2:大掃除前の断捨離は粗大ゴミからスタート!

大掃除前の断捨離は、まず、粗大ゴミ捨てから始めましょう。

粗大ゴミは、捨てるまでに時間がかかりますよね。

理由は、捨てたい!と思ってから、粗大ゴミセンターに電話して、粗大ゴミ処理券を購入して、指定された日時に粗大ゴミを捨てないといけないから。

なので、年末の大掃除の時に粗大ゴミを捨てよう!と思っても無理なんです。

しかし、11月のはじめに粗大ゴミ捨てに着手すれば、11月の末ごろには家から姿を消しているはず。

粗大ゴミは文字通り大きいため、場所をとります。

場所をとる粗大ゴミを捨てられれば、早々に空間的なスッキリ感が得られます。

さらに、捨てよう捨てようと思っていた粗大ゴミを年内に捨てられた!という達成感で気持ちもスッキリ。

これぞ大掃除の断捨離という感じですよね。

粗大ゴミリスト

捨てる物 捨てる数
ベビー布団
ベビーカー
三輪車
ベビーシート
扇風機

まずはこんな↑感じで、粗大ゴミリストを作成します。

でも、リストは完璧を目指さなくていいです。とりあえず思いつくだけメモできたら、粗大ゴミの集荷を申し込みましょう。

コツ3:大掃除前の断捨離は粗大ゴミの後は服!

大掃除前の断捨離、粗大ごみを捨てる手配が終わったら、次は服の処分。

完全に衣替えが終わっていて涼しい11月は服の処分をするにも最適な時期です。

(あまり暑いとやる気がしません・・・・)

①子供の服を処分

■子供の服は処分の判断が簡単なので選別がすぐ済む

お子さんがいらっしゃる方は、お子さんの物から処分しましょう。

理由は、お子さんの服を処分する基準は、サイズアウトしてるか否かなので、簡単に捨てるものと捨てないものに分けられますよね。

捨てる数は大人と比べて膨大だとは思いますが、選別は早く済むので大人より先にやってしまいましょう。

私はこんな感じでもらってくれる人用の紙袋とゴミ袋を用意して、サイズアウトしたものを仕分けていきます。

■もったいなくて捨てられない場合はフリマアプリで売ってみる

なお、サイズアウトしたお子さんの服が結構綺麗だったりすると捨てるのを躊躇するかもしれません。

基本的に、子供服の宅配買取は、ファミリアやラルフローレンの新品などでないとほぼ値段がつきません。

ブランド子供服中古宅配買取査定価格10点で200円。これが15社比較で1番のトレファクスタイルのリアル結果!

捨てるのはもったいないから売りたい場合は、フリマアプリが最適です。

フリマアプリでの子供服の売り方。3ステップで3月上旬(9月上旬)までに春夏物(秋冬物)を全出品しておこう!

ただ、フリマアプリはすぐ売れるわけではないので、売ろうと思って置いているとなかなかスッキリしません。

なので、期間を決めてフリマアプリに出品し、売れない場合は、もらってもらうか捨てるかしましょう。

②大人の服を処分

子供さんの服の処分が終わったら、次は大人の服の処分です。

大物、例えばコートなどを捨てるか捨てないか考えだすと迷って時間がどんどん過ぎてしまうので、まずは、くたびれている下着や靴下など、簡単に"捨て"を判断できるものから処分していきましょう。

服の断捨離にいたずらに時間をかけると他のことが終わらないので、時間を決めて行いましょう。

着なくなった服を売りたいときは、こちらの記事を参考にしてください!

大人服の処分が終わったら、クローゼットに掃除機をかけて下さい。

結構、ほこりが溜まっていると思います。

コツ4:大掃除前の断捨離:粗大ゴミ→服の後は、各収納

家の収納場所の数を数えて断捨離スケジュールを立てる

大掃除前の断捨離、粗大ごみ処理の手配→服の処分が終わったら、収納を1つ1つ断捨離していきます。

ただ、家の中の収納箇所って結構沢山あります。

スムーズに断捨離を進めるためにも、まず、家の中の収納箇所の数を把握しましょう。

  • 靴箱
  • 洗面所(洗面台の下やタオルの収納)・お風呂場・トイレ
  • 冷蔵庫の中・台所収納
  • 各部屋の収納

だいたいこんな感じかなぁと思います。

合計何か所の収納場所があるかわかりましたか?

家中の収納箇所の数がわかったら、11月中に全部の収納箇所の断捨離が終わるようにスケジュールしてみてください。

(結構、ハードスケジュールになりますよね・・・・)

家の収納場所は、全出し→捨てる→拭く→収納。

各収納場所の掃除方法ですが、基本的に物は全部出してしまいましょう。そしてその中から不要な物は処分。

くたびれているお風呂場のボディタオルや掃除用具なんかもこれを機に新しいものに変えるのもいいですよね。

で、収納の中の物を全部出している間に収納スペースを拭いてしまいましょう。

収納にあった物の選別が終わったら、拭いた収納スペースに物を戻して完了。

また、あ洗剤やトイレットペーパーなどの日用品で不足品があれば、この時にチェックして注文してしまいましょう。

そうすれば年末のレジが激コミの中、消耗品を買いに行く手間が省けます!

コツ5:大掃除前の断捨離のフィナーレは、ベランダやお庭

大掃除前の断捨離、粗大ごみ処分の手配→服処分→各収納の不用品処分が終われば、いよいよフィナーレです。

ベランダやお庭にも意外と不要なものがあると思います。

プランターや壊れた洗濯バサミ、セミの抜け殻など・・・・。

これを機に一掃しておきましょう!

※※※

粗大ごみを捨てるにしても、着なくなった服を宅配買取に出すにしても、年末ギリギリだと思うようにことが進みません。

ゴミだって年末ギリギリだと出せなくなります。

収納グッズの買い足しやストックの補充の買い物も年末になればなるほど店が込み合います。

こうやって11月に大掃除前の断捨離をすることで、きちんと年内に不要な物を処分できるので、11月の大断捨離おすすめです!