共働きの家事ストレスから自分を解放する!この3ステップを実践してみてください。

自分の体の限界や自分の望む家事レベルは自分以外わからない

毎日精一杯生きているけど家事が不十分でストレスを抱える日々

共働きしていると、家の荒れ具合、ありえない夕飯のクオリティを見て、げんなりする事も多いではないでしょうか?

さらに、栄養満点で綺麗なお料理写真がアップされた子育てブログ、お洒落で綺麗なお部屋での家族写真がアップされたインスタなどが心に重くのしかかることも少なくないでしょう。

でも、毎日、精一杯頑張ってるんですよね。なんとか日々をつないで、過ごしてるんです。決して頑張ってないわけじゃない、いや、むしろ頑張りまくってるはず。

周囲に相談して家事ストレスの解消法が見つかることはほぼゼロ

そこで、なんとかこの心のモヤモヤを解消しようと、周囲に相談してもスッキリ解決することはほぼゼロ。

「家の中が汚れててイヤだなぁー。」と旦那さんにボヤいても、「汚れてても死なないから大丈夫だよ。」と言ってくれれば良いほ。さらに、「ルンバ買う?」とか具体的な提案をしてくれればかなり優しい。

結構、「そうだねー。」と流されてしまったりしませんか?

友達や同僚に相談しても共感はしてくれてもモヤモヤがスッキリ解消するまではいかない。

なぜかというと、まずは、自分の望む家事レベルが自分にしかわからないというのがあります。

例えば、家の汚れについての悩みを聞いて、旦那さんがルンバを買ってきてくれたとします。

でも、ルンバって床に物が無いところしか綺麗にできません。

せっかく旦那さんがルンバを買ってきてくれても、自分の掃除に求めるレベルが高ければ、ルンバでは満足できません。

自分の望む家事レベルや自分のしんどさは自分以外わかない

しかも、この旦那さんの行動はかなり優しさ溢れる例で、下手したら、「もっと早く起きてやったら?」とか「このブログの方法で綺麗に片付けたら?」などともっともっと身を粉にして働く方法を提案されたりします。

いや、でも自分は体力的に限界でもっと時間や体力を使って家の掃除をするのはイヤなんだと思っても、自分の体のつらさは自分しかわかりません。

結局、自分が望む家事レベルや自分の体力の限界については、自分以外わかないので、自分が本当に満足できる家事ストレスの解消方法は自分で見つけるしかないんです。

そこで、今回は、自分が本当に満足できる家事ストレスを3ステップで解消する方法をご紹介します。

共働きの家事ストレスの真の解消方法をみつける3ステップ

共働きの家事ストレスの真の解消方法を見つける3ステップ

  1. 自分がどの家事がつらいかを考える。
  2. つらい家事をしなくて良い方法を探す。
  3. 脱つらい家事の方法の現実的な取り入れ方を考える。

ステップ1:自分がどの家事がつらいかを考える。

一口に家事といっても沢山あります。

その沢山の家事の中で自分が一番ストレスを感じる家事が何かを考えてみましょう。

これ、結構人によって違います。

スーパーでの買い物が苦痛な人。片付けが苦痛な人。洗濯物を干すのが苦手な人。料理が苦手な人。

自分が一番無くしたい家事を考えてみてください。

ステップ2:自分がつらい家事をしなくていい方法を探す。

自分がつらい家事を自分がなんとかしないとと思うことほどツライ事はないので、自分がその家事をしなくていい方法を探してみましょう。

■片付けが苦痛な人が片付けしなくて良い方法

家事代行サービスの「カジタク」では、プロの整理収納サービスがあります。

このサービスを使えば、片付けから解放されます。

ただ、片付けを簡単にするためには、絶対物が少ない方がいいです。物が沢山ある!という方は不用品の処分を先にしておきましょう。

服やベビー用品をお金に替えつつ処分できる方法はコチラ

■洗濯が苦痛な人が洗濯をしなくて良い方法

洗濯物を干す作業・洗濯物を畳む作業、いずれも【CaSy】の家事代行サービスでやってくれます。

それ以外にも洗濯物を畳むといった作業であれば、地域のシルバーサービスでもやってくれるところは多いはず。

ただ、シルバーサービスだと不在時に作業してくるところを探すのは至難の業。

その点【CaSy】の家事代行サービスなら、不在時でもOKです。

■料理が苦痛な人が料理をしなくて良い方法

【CaSy】の料理代行サービスの3時間パックを使用すれば、軽く1週間分の作り置きおかずを作ってもらえます。

平日の仕事がある日でも家族皆が栄養満点の夕飯を食べらることが何よりも喜びで我が家も利用しています。

CaSyの料理代行サービスの初回利用で作ってもらった10品や感想などの記事

CaSyの料理代行を利用した感想!出来上がった料理や申し込み・当日までの流れもご紹介。

■掃除が苦痛な人が掃除をしなくて良い方法

◎毎日の掃除

日々の掃除が苦痛で、それを誰かにやってもらいたい!という場合は、【CaSy】の家事代行サービスがおすすめです。

実際に、共働きをしている友達が【CaSy】の家事代行サービスを利用して週1で掃除をしてもらっています。

これを利用してから家が汚い苦痛から解放されて精神的に楽になったとFacebookに書いていたのですが、他の共働き主婦の友達は皆興味深々でした。

◎大掃除

日々の掃除だけでも大変なのに、大掃除までできるはずがないでしょう!と言いたい方も多いはず。

我が家は、今年、おそうじ本舗さんに浴室の大掃除とベランダの大掃除をお願いしました。

おそうじ本舗さんに浴室とベランダの掃除をしてもらった時の記事

家全体を大掃除してもらうとまではいかなくても、数か所をやってもらうだけでもかなり肩の荷が下ります。

さらに、私は、大掃除は12月末に全部やろうとせず、11月に物を捨てて、12月に少しずつ掃除をすすめていきます。

この方法だと捨てたい物を年内にきちんと処分し、そのあと余裕をもって掃除をすすめられます。

ステップ3:つらい家事から解放してくれるサービスを生活に取り入れる具体的な方法を考える。

■ストレスやイライラと決別するために家事代行サービスを利用する方向でお金のやりくりを考えましょう。

今の世の中だと、ほとんどの家事を引き受けてくれるサービスがあります。

ただ、家事代行サービスの一番のネックはお金ですよね。取り入れたいけどお金がかかりすぎるというとこだと思います。

でも、本当に自分が家の惨状をみてストレスが溜まったり、体力的に限界で子供にイライラが止まらなかったりするのなら、家事代行サービスに使うお金の捻出方法や使い方を考えてみてください。

例えば、お掃除代行サービスを利用したい。金銭的に2週間に一度くらいなら利用できそう。そしたら、2週間に一度はお掃除代行サービスを利用しつつ、他の日はルンバを利用する。

大掃除だって、年の瀬まで精一杯働いてるのに自分がやるなんて無理。そしたら、気になる箇所の大掃除だけでもプロに頼むことにして、その予算を捻出する方法を考えましょう。

■我が家はお料理代行サービスを週1利用しても食費が変わらないようにルールを決めました

我が家の場合は、お料理代行サービスを週1回利用しています。サービスを受けるにあたり、お料理代行サービスを使っても食費が今までと変わらないようにするルールを決めました。

我が家がお料理代行サービスを家計に負担なく週1利用するために決めたルールはこちら

家事代行は贅沢じゃない!CaSyの料理代行利用しても5人家族の月の食費を8万円に!

自分の家事ストレスをわかるのは自分だけ。だから、自分で自分を家事ストレスから解放してあげましょう。

お金の捻出方法や予算管理さえしっかりすれば、すがすがしい気持ちで家事代行サービスを利用することができますよ!