2018/12/07

家事代行カジー(CaSy)の料理の作り置きメニューの決め方と3度目利用の8品を公開

家事代行業者"CaSy"で料理代行をお願いし始めて今日で3回目の利用。

CaSyの家事代行(料理)を利用した過去2回の記事はコチラ

皆さん、家事代行の料理のメニューや出来栄えってどんなだろう?って気になりますよね。

実際に作ってもらったメニューを沢山見た方がイメージは広がると思うので、今回も、前回、前々回に引き続き、作って頂いたメニューを公開します。

そして、さらに、今回は、CaSyのキャストさんとの作り置きメニューの決め方(やり取り)もご紹介します。

CaSyなどの家事代行で料理を作ってもらいたいなぁとお考えの方、ぜひ参考になさってください。

【CaSy】のお料理代行利用登録

家事代行料理の作り置きメニューの決め方(やり取り)

基本的に、キャストさんは、こちら側の要望を上手にくみ取って、作り置きおかずを作って下さいます。

なので、こちら側がリクエストを上手に伝えれば伝えるほど、大満足の作り置きメニューが出来上がるというわけです。

また、食材の買い出しに行ける日が限られているなら、それを逃して自分の負担を増やさないためにも、その点も含めてメニューを決めていくのがベストです。

我が家では、自分の負担が少なくて済み、かつ、大満足のメニューを作ってもらうために以下の手順を踏んでいます。

家事代行さんに大満足のメニューを作ってもらう手順

【初回】

我が家の"食"に対する大前提を伝える。

【毎回】

  1. 食材買い出し日・使ってほしい食材・リクエストメニューを伝える。
  2. 提案メニューの選択や微調整をする。
  3. 買い物リストをもらって買い出しにいく。

各手順について注意点付きで説明していきますね。

※キャストさんとのやり取りはCaSyのマイページの専用チャットを使います※

【料理代行の初回】我が家の"食"に対する大前提を伝える

家事代行でお料理をお願いする場合、できるだけ早い時点で"食"の大前提を伝えておきましょう。

家族の食物アレルギーの有無や食事制限をはじめ、味付けについても伝えておくと良いです。

また、出来上がりの量もしっかりリクエストしておきましょう。

特に、おかずを沢山食べるお家では、「ボリューミィーにお願いします。」と伝えましょう。

おかずが足りないということほど悲しいことは無いので・・・。

ちなみに、我が家の"食"に対するリクエストはこの4点。

  • 子供のうち2人に卵アレルギーがあるので、卵はNG。
  • 5人家族で沢山食べるので、すべてのおかずをボリューミィーに作って欲しい。
  • できるだけ1品に野菜もお肉も入っていて、栄養満点のおかずが良い。
  • 子供も食べるので辛味はNG.

作り置きメニューで絶対に守ってほしい大前提をしっかり伝えておくことで、「こんなおかず食べないよ~。」とか「量が足りなくてビミョー・・・」とか「これで1品かぁ・・」などといった不満を感じなくて済みます。

【料理代行の毎回の流れ】①食材買い出し日・使ってほしい食材・リクエストメニューを伝える。

ここからは、大満足の作り置きおかずを作ってもらうための毎回の手順です。

まずは、できるでけ早い段階で、

  • 食材の買い出し日
  • 使って欲しい食材
  • リクエストメニュー

を伝えます。

■食材の買い出し日を伝える理由

家事代行で料理を作ってもらう場合、買い出しは大量になります。

私が利用しているCaSyでは料理代行も別料理金でやってもらえますが、私は買い出しは自分で行っています。

大量の食材を買い出しできる日って限られていませんか?

私の場合、食材の大量の買い出しをできる日は週1回だけなので、その日を伝えて、その日までに買い物リストをもらうようにしています。

また、我が家は食材に使う費用を決めることで、家事代行を利用しても5人家族の食費を月8万円に収めるようにています。

家事代行は贅沢じゃない!CaSyの料理代行利用しても5人家族の月の食費を8万円に!

■使って欲しい食材を伝える理由

我が家の場合、ふるさと納税で頂いた豚肉が大量にあったり、子供達がお芋堀りにいって大量にサツマイモがある時などがあります。

また、「きのこが沢山食べたいなぁ。」「菜の花の料理もいいなぁ。」など、気分的に使ってほしい食材があるときもあります。

使ってほしい食材があるときは、事前に伝えておいたほうがスムーズに献立が決まるので、これもできるだけ早く伝えます。

■リクエストメニューを伝える理由

リクエストメニューを伝える理由は、「食べたい物を作って欲しい」というシンプルな理由もありますが、調理の段取りなどで他のメニューとの金がいがあるので、できるだけ早く伝えておきましょう。

【料理代行の毎回の流れ】②提案メニューの選択や微調整をする。

食材買い出し日・使って欲しい食材・リクエストメニューなどを伝えたら、キャストさんは作り置きおかずのメニューを提案してくれます。

そのメニューの中から好みのものを選んだり、代えて欲しい所があればそれを伝えましょう。

【料理代行の毎回の流れ】③買い物リストをもらって買い出しに行く。

作り置きメニューが決まると、キャストさんは必要な食材をリストにしてくれます。

そのリストのうち家に無いものは買いにいきましょう。

毎回同じキャストさんにお願いしていると、残っている野菜などを教えてくれたりもします。

※※※

我が家は今のところこの手順で大満足の作り置きメニューを作ってもらっていますが、お互い慣れてくればくるほど、やり取りはラクになってきます。

家事代行Casyの料理の作り置き3度目利用の8品メニュー大公開

では、今回で3度目になりますが、CaSyの料理代行で作ってもらった作り置きメニュー8品を大公開します。

CaSyの料理代行さんの1品目:肉団子スープ

ほんのり生姜の効いた優しい味のスープ。

我が家担当のキャストさんは、薄味料理が本当に上手です。

鶏肉の肉団子もふんわり。

朝からで食べられます。

CaSyの料理代行さんの2品目:サンマの炊き込みごはん

サンマときのこの炊き込みご飯。

こちらもサンマの塩気をほのかに感じるうま味のある炊き込みご飯で、おいしかったです。

4合炊いて頂いたので、5人家族でも好きなだけおかわりでき、満足いくまで食べられます。

季節の炊き込みご飯は、食事が楽しみになりますよね。

CaSyの料理代行さんの3品目:お豆腐と豚肉の炒め物

豆腐と豚肉の炒め物。出汁が効いてます。

我が家は豚肉た大量にあったので提案して頂いたメニュー。

これまで子供達はあまりお豆腐が好きでなかったのですが、前回の豚汁に引き続き、このメニューで、「最近、お豆腐もおいしいと思てきた。」といっていました。

キャベツも人参も沢山入っているので栄養満点です。

CaSyの料理代行さんの4品目:鶏肉の野菜巻き

鶏肉の野菜巻き。いんげんと人参が巻いてあって見た目もとても綺麗。

私がお弁当にも持っていけるように、なんと鶏もも肉4枚分作って下さいました。

もう巻くだけでも大変です・・。

鶏肉は柔らかくジューシーで、とても美味しかったです。

CaSyの料理代行さんの5品目:回鍋肉

回鍋肉です。

冷蔵庫に残っていたキャベツと沢山ある豚肉を使って作って下さいました。

おネギとキャベツのシャキシャキ感がたまりませんでした。

キャベツも子供が食べやすいように細かく切って下さっていたので、子供たちもパクパク食べました。

あつあつのご飯にかけて食べてもおいしかった!

CaSyの料理代行さんの6品目:カレー

え!?料理代行をわざわざ頼んでカレー!?という感じかもしれませんが、子供達はとにかくカレーが好きなのでお願いしました。

で、特にそんなに期待していなかったですが、さすがプロ。

隠し味?が効いているのかちょっと爽やかでただ単にルーを使ったカレーとは違いました。

CaSyの料理代行さんの7品目:煮豚

なんと豚肩ロースのブロック4本を煮豚にして下さいました。

煮豚の周囲はカリカリしていて、内側はジューシー。

油が下にひいてあるキャベツに染み込んでいて、あっさりと食べやすかったです。

煮豚だと子供達も簡単に噛み切れるので、食べやすくて良かったです。

CaSyの料理代行さんの8品目:煮込みハンバーグ

な、なんと合いびき肉約1.5キロを使って作って下さった煮込みハンバーグ。

この煮込みハンバーグが、めちゃくちゃ美味しかった!!

中がすっごくすっごくふんわりしていて、口当たりがしっとりしていました。

また食べたい!

CaSyの料理代行の定期利用3回目の感想

今回で、CaSyの家事代行で料理を利用して3回目。

キャストさんとのやり取りもスムーズになってきました。

作って頂いたお料理はどれもいつもながら美味しかったです。

しかも、今回は、カレーをドリアに、煮豚をチャーハンにリメイクして食べられるように、リメイクしやすいメニューも提案してくださり、いつも以上に楽に1週間を過ごせました。

【CaSy】のお料理代行利用登録