【失敗しない】使えるストールの色の選び方@冬【2ステップで大満足】

冬場のコーディネートにストールが欠かせませんよね。

ストールは、防寒面でも大活躍ですが、コーディネートのポイントにもなるアイテム。

買うからには、沢山のコーディネートで活用できるストールが良いなぁと思いますよね。

だからこそ、ストールの色選びで頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、冬場に使えるストールの色の選び方をご紹介します。

ストールの色選びにお迷いの方、ご参考になさってくださいね。

使えるストールの色の選び方@冬は2ステップ

使える色のストールをお探しの方は、まず、ストールを選ぶにあたり、色で失敗したくないんですよね。

そして、さらには、できるだけ着まわせる(ストールだから巻き回せる?)ストールを手に入れたいのだと思います。

そのためには、この↓2ステップを踏んでストールを選ぶのが有効です。

冬場に使えるストールの色の選び方は、2ステップ

  1. 自分のワードローブから使える色を割り出す。
  2. 使える色で手持ちコートにベストマッチするストールを買う。

たった2ステップですが、この2ステップを踏むとストール選びに失敗しない理由を説明してきますね。

ステップ1:自分のワードローブから使える色を割り出す

ステップ1を実行することで、着回しの効く可能性大の自分にとっての"使える色"を割り出すことができます。

"使える色"とは自分のワードローブで活躍してくれる色

"使える色"というのは、掘り下げると、自分に合う色→自分のコーディネートに合う色→自分のワードローブの中で活躍してくれる色ですよね。

なので、万人にあてはまる"使える色"というのはなくて、"使える色"は人それぞれ違うはずです。

そのため、自分にとっての"使えるストールの色"を割り出す必要があり、そのために有効なのは、ワードローブの色別整理です。

自分のワードローブから自分の使える色を割り出す!

具体的には、下の表のように、メインカラーとサブカラーを決めて、手持ち服・靴・バッグを全て色別に整理します。

そして、自分の色別整理したワードローブから持っていないサブカラー又はメインカラーのストールを割り出します。

※※※

この上の表では、オレンジの色で書いているのが足りないアイテムです。

つまり、今、私のワードローブでは、黒のストールや赤の薄いストールがたりません。

なので、今、自分にとってストールの使える色は、黒または赤ということになります。

自分のワードローブを軸にした使える色は沢山のコーディネートにハマる

自分のワードローブに足りないメインカラー又はサブカラーのストールを選べば、そのストールはご自身の沢山のコーディネートにハマります。

つまり、着回しの効く使える色のストールを選べた!という結果を得られますよね。

ワードローブの色別整理の詳細は、小林直子さんの著書に書かれています。詳細は下記2記事をご覧ください。

服の選び方がわからない人の教科書"わたし史上最高のおしゃれになる"。この本で得た5つの効果をご紹介。

服の無駄買いをなくす方法:ワードローブの色別整理から揃えるアイテムをハッキリさせる。

ステップ2:使える色で手持ちコートにベストマッチするストールを買う。

ステップ2を実行することで、色だけでなく大満足の使えるストールを手にすることができます。

使える色のストール=大満足ストールとならない事もある

ワードローブの色別整理で割り出した自分にとっての使える色のストールは、"失敗"という印象にはなりません。

しかし、時に、使える色のストールを選んだはずなのに、その買い物が"大成功"ともいかないこともあります。

例えば、コートとストールの色は合っているけど、コートがチェスターコートで襟ぐりが大きく、買ったストールではボリュームが足りなくて寒い・・・とか。

コートとストールの色は合っているけど、コートとストールの素材の感じが合っていない・・・とか。

こういう経験って無いですか?

これは、使える色のストールを選んでも、色以外の部分で不満を感じ、結果的にそのストールに満足感を得られなくなってしまうからです。

大満足のストールの選び方:使える色&手持ちコートに最高にマッチするストールを選ぶ

そこで、大満足のストールを手にしたいなら、使える色&お手持ちのコート1枚最高にマッチするストールを選ぶのがおすすめです。

具体的には、実際にコートを着て出かけて、そのコートに合う惚れ惚れするような使える色のストールを選べばいいんです。

手持ちのコートに最高にマッチするストールを選べば、そのコートと選んだストールとのコーディネートは最高なはず。

色合いもボリュームも素材感もベストマッチ。着ていて最高に気分が良いです。

一方で、このストールは自分のワードローブから割り出した使える色のストールなので、ほかの手持ちのアウターにも使えますよね。

ボリュームや素材の問題で、全部の手持ちアウターには合わないかもしれません。

でも、自信を持って合わせられるアウターが1着あるというのは、中途半端に合うアウターが10着あるよりそのストールへの思い入れは強くなります。

しかも、そのストールが半数の手持ちアウターに使えるとなれば、着回しも効くと実感でき、非常に満足度の高いお買い物になります。

※※※

服やバッグ・靴・ストールなどを買う時は、どうしてもできるだけ多くの手持ちのアイテムに合うものを選ぼうって考えてしまいますよね。

使いまわせるものを買った方が経済的だしお洒落上級者にも見えるから。

でも、その一方で、このコートにはこのバッグがとても映える!というコーディネートをした時には、とても自信をもっていられますし、気持ちも抜群に良いです。

なので、自分のワードローブは常に意識して、足りない色や足したい色を考えつつも、全部のアイテムになんとなく合うものを選ぶより、自分のこのアイテムには間違いなくコレが合う!というのを選ぶのが一番失敗しない方法かなぁと思います。

皆さんもぜひ一度考えてお買い物をしてみて下さい。

ストールの関連記事

ジョンストンズのカシミヤストールがセールに!!2018年ユナイテッドアローズ別注です。

秋ストールいつからまく?薄地なら気温20℃くらいからOK!色や素材の選び方と試着ポイントも解説。

ジョンストンズ(johnstons)ストールを1年中使うブログ管理人が素晴らしさを語る。高いけど。